タスマガジン|副業を頑張る人のお金の情報マガジン

肌の黒ずみは何が原因?詳しい仕組みや落とし方を紹介!

肌の黒ずみは何が原因?詳しい仕組みや落とし方を紹介!

肌が黒くなることを「肌の黒ずみ」と呼ぶことがありますが、詳しい原因を知っていますか?実は黒ずみには、色々な生活習慣が大きく関わっているのです!今回は黒ずみの詳しい原因や対策法などを紹介します♪

肌が黒くなることを「肌の黒ずみ」と呼ぶことがありますが、詳しい原因を知っていますか?実は黒ずみには、色々な生活習慣が大きく関わっているのです!今回は黒ずみの詳しい原因や対策法などを紹介します♪

肌の黒ずみには種類がある

「肌の黒ずみ」と言っても、実は種類があるんです!どちらも肌が汚く見えてしまう現象なので、何としても避けたいですよね(>_<)ここでは黒ずみの種類や原因などについて、分かりやすくご紹介します。自分の肌に当てはめながら考えてみましょう。

色素沈着

黒ずみが起こりやすい原因として最も多いのが、色素沈着です。色素沈着とは、肌を刺激することによって起こるトラブルのことを言います。例えばシェービングによって肌に負担を与えてしまっていると、少しずつ黒ずみが起こる場合があるのです!

また、タオルで肌を強く擦ることでも、摩擦によって黒ずみが進行していきます。自分が知らない間に色素沈着は起こってしまうものなので、生活習慣には注意が必要です。気が付いたときには肌が真っ黒になっているというケースは少なくありません(>_<)

毛穴汚れ

イチゴ鼻という言葉を耳にしたことはありませんか?これは、鼻の毛穴が黒くなり、まるでイチゴのような見た目になってしまうことを言います。鼻は顔の中心にあるため非常に目立ちやすく、コンプレックスにしている女性は多いのです!

イチゴ鼻は毛穴汚れによって引き起こされます。毛穴に詰まった角栓が排出されず、酸化することで黒くなってしまうのです。角栓や毛穴の凹凸があるので、メイクをしてもキレイにカバーできません。毎朝のお手入れに苦労している女性も多いのではないでしょうか?

黒ずみやすい部位はどこ?

体の中でも、比較的黒ずみが見られやすい部位があります。色素沈着や毛穴汚れなどが目立ちやすい場所になるので、特に注意が必要ですね!具体的な部位を複数挙げていきますので、自分は問題ないかチェックしてみてください。

脇の黒ずみは非常に多く見られるトラブルです!脇のムダ毛ケアは、他のパーツよりも頻繁にシェービングをする必要があるため、摩擦による色素沈着が起こりやすくなっています。だからといってシェービングをしないわけにもいかず、困ってしまう人は少なくないでしょう。

また、脱毛クリームを使っている場合でも、黒ずみが起こる場合があります。これはクリームによる刺激で肌を傷めてしまい、徐々に黒ずみが進行しているというケースです。肌に合っているクリームであれば、黒ずみの心配はありません!

角栓による毛穴づまりは、鼻に起こることがほとんどです。イチゴ鼻という言葉が一般化しているように、鼻の黒ずみは非常に多く見られるトラブルとなっています。元々鼻は他の部位よりも毛穴が大きく、目立ちやすいという特徴があるのです。

毛穴が大きいと、その分角栓や皮脂なども詰まりやすくなります。洗顔をしても角栓汚れが取れず、お手入れが苦痛になっている人は多いですよね(>_<)だからと言って過度に摩擦をすると、黒ずみが悪化してしまうので、過度に刺激を与えないように気を付けなければなりません!

ビキニライン

普段からあまり気にする部位ではありませんが、ビキニラインも黒ずみやすい部位なのです!下着による締め付けや摩擦は、自分が想像している以上に肌への負担となります。しかも下着は日中常に着用しているものなので、長時間負担を与えてしまう結果となるのです!

自分の体に合った下着であれば、通常はビキニラインが黒ずむことはありません。サイズが小さく感じるようになったときは、こまめに買い替えることをおすすめします。もったいないからと言って無理に着用していると、ビキニラインがキレイではなくなってしまいますよ(>_<)

黒ずみはどうすれば改善する?

肌の黒ずみは、二度と治らないものではありません!対策次第では改善させることができます。現在では様々な改善策が分かっているので、日常生活で実践することも可能なのです(^^)一つだけでも試してみてください!

ピーリング

まずはドラッグストアやコスメショップなどで取り扱われている、ピーリングクリームを使ってみましょう♪ピーリングをすると、古い肌の角層が取り除かれていき、新しい肌を再生させることができます。定期的にピーリングをすることで、黒ずみの原因になっている角質を取り除けるんです♪

ただし、ピーリングを毎日行うと、健康な肌まで傷つけてしまいます!使用頻度はピーリングクリームの詳細に従ってください。一般的には週に2~3回が良いと言われているので、それ以上は行わないようにしましょう!

クレンジングオイル

鼻の黒ずみには洗顔料ではなく、クレンジングオイルで解消しましょう!角栓をオイルの力で浮かせて、毛穴から取り除きやすくします。黒ずんだ毛穴そのものが取り除けるので、即効性がある方法ですよ!

オイルは洗顔料よりも皮脂に強いため、毛穴の汚れを取る力が強いのです(^^)皮脂が無くなれば角栓を支えるものが無くなり、毛穴から出しやすくなります。クレンジングオイルは必ず洗顔前の乾いた状態で使いましょう!肌がぬれているとクレンジングが乳化して、効果が無くなってしまいます(>_<)

レーザー治療や薬

色素沈着が酷い場合は、自己流のお手入れで解消させることが難しいのです。その場合は専門のクリニックへ行ってみてください。現在では医療技術が発達しているので、比較的真っ黒な状態でも白く導いてくれます。

中でもレーザー治療は安全性が高く、黒ずみに効果的です。黒ずみの原因となるメラニン色素を壊すことによって、白い肌が手に入ります。悪化してしまった黒ずみに効果的な方法なので、どうしても改善できない場合はクリニックを検討してみましょう(^^)

黒ずみの予防法はある?

黒ずみを防ぐためには、最初から予防対策をしておくことが一番です!クリニックに頼らずにいられるよう、日頃からしっかり対策をしましょう。結果的に肌の負担を抑えることにつながるので、美肌効果も実感できますよ♪

摩擦をしないように心掛ける

色素沈着が起こるのは、肌への摩擦が原因だとご紹介しました。まずは肌への摩擦をできる限り減らすことを心掛けてみてください♡例えばお風呂上りにはタオルでゴシゴシ擦らずに、水滴をおさえるようにしてみてください。負担がほとんどなくなり、黒ずみにくくなります♪

また、洗顔後に顔を擦るのもNGです!さっぱりした後はタオルで摩擦してしまいがちですが、こちらもぽんぽんと水滴をおさえる程度に留めてください。摩擦を少なくするだけで、肌が黒ずみにくくなっていきますよ(^^)

メイクは必ずその日に落とす

仕事や育児で疲れてしまうと、メイクを落とさずに眠ってしまいますよね……。しかし、メイクを落としておかないと、毛穴汚れが蓄積しやすくなってしまいます!毛穴汚れは簡単にたまるものなので、すぐに酸化してイチゴ鼻になるんです(:_;)面倒でも必ずメイクは落としましょう!

クレンジングは最初に紹介したように、オイルを使うのがおすすめです!オイルタイプは比較的濃いメイクでも簡単に落とせるので、スピーディーにオフできちゃいますよ♪早くメイクオフがしたいなら、ぜひ使ってみてくださいね(^^)

運動をしてターンオーバーを促進

肌の生まれ変わりである「ターンオーバー」のペースが乱れていると、黒ずみの原因であるメラニンがどんどん蓄積されてしまいます。ペースを乱さないためには、運動習慣を付けてターンオーバーを促進させましょう!肌が正常に生まれ変われば、メラニン色素が蓄積されにくくなりますよ♪

軽い運動でも問題ないので、体力不足な人でもすぐに実践できます!例えばヨガは新陳代謝が高まり、美肌効果もあるトレーニングです♪気持ちよく汗をかけるので、リフレッシュ効果も期待できますね(´ω`)

自己処理を過度に行わない

ムダ毛が気になるからと言って、毎日のように自己処理を行っていると、簡単に色素沈着が起こってしまいます。シェービングの頻度はできる限り少なくしましょう。どうしても気になるときは、古いシェーバーを使わず、新しい刃に付け替えて負担を減らしてみてください。

また、思い切って脱毛サロンに通ってみるのもおすすめです。脱毛をしてしまえばムダ毛を処理する必要が無くなり、常にツルツルの肌を維持できるようになります!肌への負担を結果的に減らすことができるので、黒ずみ対策にぴったりですよ(^^)

保湿ケアをしっかりと行う

肌の潤いが足りていないと、様々なトラブルが起こります。黒ずみは直接的には関係ありませんが、潤い不足によるターンオーバーの乱れには、影響を受けてしまうのです!肌の生まれ変わりを乱さないために、十分な潤いをチャージしましょう。

保湿ができているとバリア機能が整い、肌荒れしにくい肌質になります。肌荒れも黒ずみの悪化になる原因なので、やはり保湿はとても大切なステップと言えますね!朝晩は必ず丁寧にスキンケアを行って、水分と油分を肌へたっぷり与えましょう(´ω`)しっとりプルプルの肌になれますよ♪

肌の黒ずみには色々な対策法がある!

摩擦や毛穴汚れなど、黒ずみの様々な原因が分かりましたね!身体のパーツによって黒ずみが目立ちやすい部分がありますが、いずれも簡単に対策することができます。

黒ずみが目立つとおしゃれやメイクを楽しめなくなってしまいます。まずは簡単にできる落とし方を実践して、白い肌を目指してみてください♪

TOP