皮膜式アイプチとはなに?自然な二重になるための使い方や種類などを紹介

皮膜式アイプチとはなに?自然な二重になるための使い方や種類などを紹介

アイプチは、目を二重にすることができるコスメアイテムです。 一重の人だけでなく、バランスの悪い二重の人や安定しにくい人にとっても、きれいな二重にすることができます。 アイプチには種類があり、どれを選ぶのがよいのか迷いませんか。 そんな人におすすめの、アイプチの種類や使い方などを紹介します。
アイプチは、目を二重にすることができるコスメアイテムです。
一重の人だけでなく、バランスの悪い二重の人や安定しにくい人にとっても、きれいな二重にすることができます。

アイプチには種類があり、どれを選ぶのがよいのか迷いませんか?
そんな人におすすめの、アイプチの種類や使い方などを紹介しますよ~♪

アイプチの選び方

アイプチには、大きくわけて3種類のタイプがあります。
液状のりタイプの接着式、まぶたを折り込んで作る皮膜式、シールを貼るテープ式です。

それぞれの特徴や、どんな人に向いているのかなどをみていきましょう。

まぶたが厚い人は接着タイプ

中々二重線がつきにくい人やまぶたが厚い人は、接着タイプがおすすめ!
接着タイプは、まぶたに液状ののりをくっつける形で二重を造ります。

そのため、確実に二重になることがポイントです。
まぶたが重たい人は、メイク前にアイプチをする方がちゃんと密着しますよ!

二重のクセがつきやすい人は皮膜式タイプ

比較的二重になりやすいまぶたや奥二重の人は、折り込みタイプの皮膜式がおすすめです。
皮膜式は、まぶたに膜を張り持ち上げて二重を造ります。

まぶたをくっつけないので、自然な二重に見えることがメリットです。
二重になりやすいけど安定しない人は、皮膜式のアイプチを選ぶといいかも!

まぶたが薄くて柔らかい人はテープ式

テープ式のアイプチは、アイテープとも呼ばれるシールを貼って二重にするアイテム。
乾かしたり調整したらいなどが必要ないため、はじめて二重にしたい人が選ぶのにも適しています。

まぶたの皮膚が薄くて柔らかい人は、接着式や皮膜式だとうまくいかないことがありますが、テープ式の場合は相性がヨシ♡
手軽で接着感がなく、自然な目の開閉ができることがメリットとなります。

皮膜式の使い方やメリット

皮膜式のアイプチは、どんなメリットがあるのでしょうか。
最近では皮膜式を選ぶ人が増えていますが、どうやって使えば自然な二重になるのか知りたいですよね。

接着式やテープ式と比べて、どんな利点があるのかさっそくcheck♡

皮膜式アイプチのメリット

皮膜式のアイプチは、なんと言ってもバレにくいことが最大のメリット。
まぶたを張り合わせないため、目をつむったときでも自然な二重に見えます♡

接着式だとうまく塗れていないと、不自然な二重になってしまうこともあり、アイプチがバレてしまうことも。
皮膜式は、膜を貼ってかぶせるだけなので、本物の二重のように見せることができますよ!

皮膜式アイプチの使い方

皮膜式アイプチは、まずアイメイクをしてから使います。
アイプチをしてからだと、アイメイクが乗らないので必ず最初にやっておきましょう。

プッシャーで二重のラインを決めて、二重を折り込む場所に液を塗ります。
塗った液が乾いたら、できあがりです。

自然な二重を作る方法

皮膜式アイプチを使うときは、厚塗りにならないことが大事です。
まぶたや目頭などに厚く塗ってしまうと、不自然な仕上がりになってしまうかも!

特にまぶたが分厚い人は、1回で二重にならないことも…。
その場合は、二重になるまで十分に塗る必要があるので、どうしても厚くなってしまう場合はラメシャドーを二重幅に塗っておくといいですよ!

アイプチの注意点

きれいな二重を作れるアイプチは、便利なアイテムです。
しかし、正しく使うためには注意点もあります。

皮膜式などのアイプチを使う場合の注意点とは、どんなことがあるのかみていきましょう!

皮膜式は乾燥性が早い

皮膜式は、管理に気を使うようにしましょう。
なぜなら、乾燥性の早さが’特徴なので、蓋を開けっ放しにすれば蓋が閉まらなくなることに。

使い終わったら、しっかりと蓋を閉めて持ち運びの際は横にしないようにするなど管理をしっかりしましょう。

まつげのキワから塗る

一重まぶたの人が注意しなければいけないポイントは、必ずアイプチの液をまつげのキワから塗るようにすることです。
まつげとの間が空いてしまっていると、二重になったとしてもすぐに一重に戻ってしまいます。

まつげに液がくっつかないように気をつけながら、まつげのキワからしっかり塗るようにしましょう。

優しくオフしてあげる

アイプチを落とすときは、優しくクレンジング剤を使って落とすようにしましょう。
間違ってもゴシゴシと強くこすったり、力に任せてはがしたりするようなことは避けて!

まぶたに摩擦を起こしてしまうと、まぶたが伸びてしまいどんどん二重になりづらくなってしまいます。
クレンジングだけで落ちない場合は、ポイントリムーバーを使うようにしましょうね!

自分に合うアイプチをみつけて素敵な二重を手に入れよう

自分に合うアイプチをみつけて、自然な二重を手に入れればメイクも楽しく♪
正しい使い方や、アイプチの種類を理解していれば自分にぴったりのアイプチをみつけることができます。

憧れの自然な二重になって、素敵な毎日を過ごしましょう!
TOP