プチプラコスメとデパコスの違いって?選ぶべきポイントは価格よりも肌に合うか

プチプラコスメとデパコスの違いって?選ぶべきポイントは価格よりも肌に合うか

高級感が感じられるデパコスと、安くても優秀なアイテムが増えたプチプラコスメには、いったいどのような違いがあるのでしょうか。2つのコスメの違いを知り、上手に使い分けましょう。

高級感が感じられるデパコスと、安くても優秀なアイテムが増えたプチプラコスメには、いったいどのような違いがあるのでしょうか。2つのコスメの違いを知り、上手に使い分けましょう。

研究開発費に違いがある


デパコスといわれるプレステージブランドのコスメが高い理由の1つが、常に新しい美容成分を求め専門家や研究施設を使い、新規成分の開発や研究を行っているからです。例えば2018年~2019年にかけてシワを改善させる効果をうたう美容液が、国内コスメトップブランド4社で一斉に発売され、続くように傘下のブランドでも販売が始まりました。

各メーカーのプレステージブランドでは1万円~3万円とかなり高価な価格帯で販売されたシワ改善美容液ですが、下位ブランドでは抑えられた価格で販売されています。これはプレステージブランドでは新規開発・研究に時間をかけることで、それだけコストがかかってしまうという事情があるためです。

一方で傘下の下位ブランドでは、プレステージブランドが行った研究・開発結果をもとに商品開発が行えるので、プレステージブランドに比べ多額の研究・開発費を掛けずに済むためコストが下げられるのです。

さらにプチプラコスメの開発では、すでに効果が分かっている成分を使い商品開発が行えます。自社で多額のコストをかけることなく商品開発が行えることで、より低価格で品質がよいコスメが作れます。

新技術が必ずしも優れているとは限らない


デパコスに多く見られる新美容成分ですが、必ずしも優れた成分であるとは限りません。2008年に開発された認可された美白成分により白斑被害が起こった問題を記憶している方もいるでしょう。新技術は発売前に試験を繰り返し安全性が担保されていたとしても、問題が起こることがあります。

つまり、プレステージブランドの新成分は未知のリスクが存在する可能性があり、必ずしも優れているとは限りません。

一方プチプラコスメに使われる成分の多くはすでに効果が確認されている成分が主なものです。すでに未知のリスクがないものが多いため、場合によっては安全に使える成分だけで開発されているコスメとも言えます。

ブランドイメージを大切にするデパコスはパッケージや広告コストがかかる


デパコスの多くはパッケージデザインにこだわりを持ち、新成分を周知するための広告宣伝にも力を入れます。つまり、それだけコスメ本体にかかる費用にプラスした費用が必要となります。一方でプチプラコスメの多くはシンプルなパッケージでとくに広告宣伝に力を入れているものは少ないでしょう。

新しいものはどうしても宣伝広告に費用を掛けなければ周知されず、販売を伸ばすことができません。またデパコスを購入するユーザーに満足度を与えるためには、ブランドの価値を高める必要もあります。パッケージデザインなどに費用をかけるのはこの満足度を高めるためにも必要です。プレステージブランドが自己満足のためにパッケージに費用をかけているわけではないのです。

またデパコスは自社直営の店舗でのみ取り扱うなど流通コストや販売コストがかかってしまうケースがあります。わざわざ直営店に足を運んでくれるユーザーをターゲットにするため、より宣伝広告に力を入れる必要があります。一方でプチプラコスメは身近なドラックストアやバラエティショップなどでも販売されるため、ユーザーの目に触れる機会が多く、流通や販売に掛けるコストが下げられます。

デパコスは製造数を減らすことで希少価値を高め、ユーザーの満足度を高めることもあります。大量生産・大量販売をしないことで、薄利多売で儲けを出すプチプラコスメとは異なる販売戦略を持つために価格が高くなることもあります。

美容成分の豊富さや成分の質の高さはデパコスが勝る


費用が掛けられるデパコスは、それだけ多くの美容成分を配合し、質の高い原材料を使うことが可能です。この点はプチプラコスメがどうしても叶わない点といえます。

例えば、スキンケアアイテムに含まれる保湿成分には色々な種類がありますが、ヒト肝細胞場用エキスやヒト型セラミドなどは比較的高価な成分なので、デパコスには当たり前のように含まれていても、プチプラコスメではコストが高く配合が難しい場合があります。

ただ含まれる成分が多い分、ユーザーの肌質や体質に合わずトラブルが起こる可能性も高まります。一方でシンプルな処方になりやすいプチプラコスメは肌トラブルが起こるリスクは低めです。もちろん、価格を下げるために粗悪な材料を使っている場合を除きます。

値段ではなく自分の肌に合っているものを選ぶのがベスト


デパコスとプチプラコスメにはどちらにも良い点と悪い点があります。どちらが上という訳ではありません。高いデパコスでも肌に合わないものはありますし、プチプラコスメでも長く使うことで期待以上の効果が現れるものもあります。値段やステイタスで選ぶのではなく、自分の肌に合っているかを基準に選ぶのがベストな選択といえるでしょう。
TOP