ドモホルンリンクルの泡の集中パックの効果とは?正しい使い方もご紹介

ドモホルンリンクルの泡の集中パックの効果とは?正しい使い方もご紹介

ドモホルンリンクルといえば、大人の女性のためのスキンケアグッズが有名です。 そのなかでも、泡の集中パックは、少し高級で特別な日の前日に使いたい注目アイテム! 今回は、ドモホルンリンクルの泡の集中パックがどのような商品なのかをご紹介します。
ドモホルンリンクルといえば、大人の女性のためのスキンケアグッズが有名です。
そのなかでも、泡の集中パックは、少し高級で特別な日の前日に使いたい注目アイテム!
今回は、ドモホルンリンクルの泡の集中パックがどのような商品なのかをご紹介します。

泡の集中パックの役割と魅力

まずは、泡の集中パックがどのような商品なのかを把握しましょう。

ドモホルンリンクルのスキンケア商品のなかでも、泡の集中パックの魅力についても併せてご紹介します。
泡の集中パックがどんなものなのか気になっている人必見です。

泡の集中パックとは

ドモホルンリンクルのスキンケアグッズは、それぞれに異なる役割を担っています。

泡の集中パックは、お肌に蓄積したダメージを取り除くために開発されたスキンケアグッズです。
使用方法は特に難しくなく、初めての人でも気持ちよく使えます。

泡の集中パックの役割

泡の集中パックは、肌のダメージをケアして、保湿を行う役割を担っています。
ダメージと保湿を同時に行うことにより、肌全体をふっくらと仕上げ、明るい状態がキープできるようにサポートを行っているのです。

泡の集中パックの魅力

泡の集中パックの魅力は、忙しい現代女性の肌の状態を心地よくケアしてくれる点です。
肌ストレスを心地よくケアし、ビタミンやアミノ酸などの成分を肌に届けて肌を柔らかでふっくらとした状態に導いてくれます。

泡の集中パックを使うメリット

泡の集中パックを使うと、どのようなメリットが得られるのでしょうか。
この商品だからこそ得られやすい効果を把握して、使用を開始しましょう。
どんなメリットがあるか知りたい人も、見逃せない情報ばかりです。

こだわり抜いた成分を楽しめる

泡の集中パックは、産地にこだわった原料を採用した、安全性が高い商品です。
長白紅参やグアバ葉エキスなど、肌によいとされる成分をふんだんに盛り込んでいます。

こだわりぬいた成分で作られているからこそ、使い心地もよく、何度も使いたいと自然に思えるのです。

泡だから目元と口元ギリギリまでパックできる

泡の集中パックは、泡がへたりにくいのが特徴です。
へたりにくいからこそ、目元と口元のギリギリまで泡のパックができるので、効果を実感しやすいといえます。

目元と口元は皮膚が薄く、小さなシワができやすいので、ケアに手間取っている場合は泡の集中パックの使用がおすすめ!

年齢を重ねた肌のケアにもおすすめ

泡の集中パックは、20代の若い働き世代の女性から、60代の年齢を重ねた女性まで幅広い年齢層からの支持を得ています。

きめが細かく、まるでホイップクリームのような泡なので、どの年代の人も簡単に使用できます。
泡が細かいのでしっかり肌に吸着し、心地よさを感じるケアは自宅で堪能できますよ。

泡の集中パックの使い方

ドモホルンリンクルが開発した泡の集中パックの使い方は、とっても簡単!
今まで特別なケアをしてこなかった人でも、戸惑わずに使用できますよ。
泡の集中パックの使い方と、使い方のコツをご紹介します。

顔と手を乾かして容器をよく振り、顔にパックする

まず、顔と手を乾いた状態にしましょう。手や顔が濡れていると、せっかくの泡が滑り落ちやすくなります。
容器をしっかりと10回前後振って泡を作り、容器を立てた状態のままキープ。
手の平に、容器内の泡を取り出します。

一方向にゆっくりと塗り、泡をつぶさないように注意

泡をつぶさないためにも、何度も塗り直すのは厳禁!
思い切って一方向にゆっくりと塗り、顔全体にまんべんなく泡を広げます。

5分ほど泡をつけたままにして蒸らして、肌を集中ケア。
肌の疲労状態がピークのときは、10分ほど蒸らすのがおすすめです。

水かぬるま湯で洗い流す

蒸らし終えたら、水かぬるま湯で泡を洗い流しましょう。
20回ほど顔に水をかけて、しっかりと洗い流してください。

泡が残ってしまうと、毛穴が詰まる可能性があります。
肌のマイナートラブルを防ぐためにも、洗い終わったら鏡でチェックして洗い残しがないかをたしかめてください。

泡の集中パックを使ってしっかりと肌ケアしよう

毎日をあわただしく過ごしていると、つい肌のケアを怠ってしまうこともあると思います。
ケアを怠ってしまったり疲労が蓄積している肌を労わりたいときに、泡の集中パックがおすすめ♡

リラックスタイムのときに使用して、心と肌を癒しましょう。
TOP