化粧品の消費期限とは?守った方がいい理由とアイテム別の消費期限について

化粧品の消費期限とは?守った方がいい理由とアイテム別の消費期限について

化粧品を使っているときにふと気になるのが消費期限ですよね。 食品のように消費期限はあるのでしょうか。 今回は、化粧品でもアイテムによって消費期限が変わってくるのかについてまとめてみました。 顔に直接付けるものだから、消費期限には気を付けたいものですよね。 また、どうしてもたまってしまう試供品についても消費期限と上手な利用方法について紹介しています。
化粧品を使っているときにふと気になるのが消費期限ですよね。
食品のように消費期限はあるのでしょうか。

今回は、化粧品でもアイテムによって消費期限が変わってくるのかについてまとめてみました。
顔に直接付けるものだから、消費期限には気を付けたいものですよね。

また、どうしてもたまってしまう試供品についても消費期限と上手な利用方法について紹介しています。

化粧品の消費期限

化粧品にも消費期限があります。
化粧品メーカーによっては、製造年月日を記載しているメーカーもありますよね。

しかし、多くのメーカーは特に記載がないため、私たちはあまり化粧品の消費期限について深く考える機会がなかったように思われます。

未開封の消費期限

友達からプレゼントでもらったとか、海外に行ったときに買ってきたというような化粧品を大事にしまい込んではいませんか?
高そうな化粧品は使うのがもったいないと思って、そのままになってしまうことがあります。
このような未開封の化粧品であっても消費期限はあり、3年間といわれています。

もし、いつ頃購入(プレゼントされた)のか分からなくなった場合、メーカーのお客様相談室などに電話してみましょう。
品番が分かれば製造年月日を教えてもらえます!

どうして消費期限の記載がないの?

そもそも、何故化粧品の多くは消費期限の記載がないのでしょうか……。
その理由は、医薬品医療機器等法にあります。製造から3年を超えている化粧品で、品質が安定しているアイテムは使用期限の表示義務はないのです。

とはいえ、使う側からすると消費期限の記載はして欲しいところですよね。
メーカー側のコストや商品管理に手間が掛かるからなのでしょうか、ほとんどのメーカーが自主的に消費期限を記載するという話を聞きませんが、意外と瓶の底面などに記載されているメーカーもあるようです。
気にしていないと分からないことですよね。

開封した化粧品の消費期限

開封した化粧品の消費期限は、アイテムによって少し違うもの。
化粧品といっても、直接肌に付けるものから、ポイントメイクで使うものまでさまざまなアイテムがあります。
それぞれのアイテム別に紹介します。

スキンケア商品

直接肌に付ける化粧品のなかで毎日使うスキンケア商品。
一度開封したら、半年以内に使い切った方がいいとはいわれていますが、半年とはいわずできるだけ早く使い切った方がいいでしょう。

化粧水や乳液、美容液に含まれる油脂は開封することにより酸化してしまう性質があります。
酸化したこれらのスキンケア商品は、「過酸化脂質」となって、肌トラブルを起こす原因になるのです。

食べ物でたとえると、揚げたての天ぷらはサクッとしていますが、揚げて時間が経つと油がじっとりしてあまりおいしく感じられませんよね。
見た目の変化も感じられます。
この変化も酸化によるもの。空気に触れると確実に劣化していくのです。

半年という期間は同じものを使っていれば無理なく使い終わる期間でしょう。
しかし、いくつもの商品を同時進行で使っていると、半年経っても使い終わらないということはありますよね。

もし、いくつもの商品を肌の調子によってその日その日で使い分けるという人は、開封日はしっかり記録しておくようにしましょう。

日焼け止め

1年前の夏に使っていた日焼け止め、少ししか使わなかったから取っておいた、ということありそうですよね。
このように使いかけの日焼け止めを使うのはダメ。開封して半年くらいで使い切るのが望ましいといわれているのは、それらの商品の効果が落ちてしまうからもひとつの理由です。

効果の落ちた日焼け止め、考えただけで怖いですよね。
日焼け止めを塗ったと思っていても、実際の効果はないのですから。

日焼け止めに関しては、劣化によりちょっと気になるにおいがすることもあります。
なんか気になるにおいがするという場合、絶対に使わないようにしてください。
直接肌に塗るものなので、肌への負担が大きすぎます。

ファンデーション

パウダーファンデーションは1年以内に使い切り、リキッドタイプは半年以内に使い切るようにしましょう。
ファンデーションも毎日のように使っているとだいたい2~3ヶ月で使い切るような内容量になっています。

開封することで空気に触れ、雑菌が繁殖しやすくなるのはスキンケア商品と同じです。
季節によってファンデーションを変える人は残った分は取っておかずに廃棄しましょう。
雑菌の繁殖したファンデーションを肌に塗ってしまうと肌トラブルの元です……。

ファンデーションがあまり減らない人や、毎日は使わない人は小さめのタイプを選ぶようにするといいですよね。
それぞれの生活スタイルによっても使う量は変わってくるものです。
自分に合った商品選びをしてください♪

口紅

マスク生活が日常になってから、口紅が売れなくなったと報道されていました。
また、在宅勤務やオンライン講義などの導入で口紅をする機会は極端に減っています。
多くの人が使いかけの口紅を数本抱えていることでしょう。

口紅の消費期限は、開封した場合は1年以内とされています。
口紅そのものが、食事をするときにどうしても体内に入りやすいので注意が必要です。

また、グロスは1年はもちません。
グロスは特に雑菌が繁殖しやすいため、すぐに買ったときと比べて粘度が増し、においがすることもあります。
それらの原因は雑菌によるものなので、もったいないのですが破棄してください。

私もグロスの粘度が増して嫌なにおいがしたということあります……。
あれは雑菌のせいだったんですね、なんか嫌だなと思いつつ何度か使ってしまったことがあります。

マスカラ

マスカラの消費期限は3ヶ月です。
使いきれないという人も多そうな期間ですが、しばらく使っていないとにおいがしたり、マスカラそのものが固まってしまうことがあります。
経験した人多いのではないでしょうか?

固まったマスカラを乳液などでのばす話も聞きますが、これもしない方がよさそう。
にじんだり、メイクが崩れたりすることもあります。

アイシャドウ

アイシャドウはたくさんの色味をそろえて、ファッションで使い分けしたくなりますよね。
たくさんの種類を持っているという人が大半ではないでしょうか。

そんなアイシャドウ、実は3ヶ月の消費が望ましいとか。
ちょっと短すぎると思ってしまいますが、1年くらいは大丈夫との意見もあります。

アイシャドウの場合はチップを使うため、チップを清潔にしておけば1年くらい大丈夫という意見も多いです。
雑菌が繁殖して肌トラブルや目に影響がないようにしてください。

試供品の消費期限

化粧品関係の試供品って気が付いたら結構たまってしまいますよね。
化粧品を購入したときにもらったり、ときには街角で配っていたりすることもあります。
もらったときは、「やった!」と思ってしまうものの、その後使わないということが意外と多いんですよね。

一般的に試供品の消費期限は最大でも1年以内といわれています。
といっても、試供品がいつもらったものなのか分からなくなることって多いですよね。
ではどうしたらいいのでしょうか?

試供品の消費期限が短い理由

同じ化粧品であっても、試供品はどうして消費期限が短いのでしょうか。
その理由は、包装の方法が違っているからです。
試供品のそもそもの目的は、すぐに試してもらうためであることから、簡易包装となっています。
一般的な化粧品のように瓶などに入っていないため、商品の劣化が起きてしまいます……。

できれば1週間以内に使おう!

試供品はすぐに使って欲しい!という企業側の考えのもとで配られています。
すぐに使ってもらって購入してもらいたいため、新商品であることがほとんどです。

使ってみたい商品だからこそ、すぐに使うのはもったいないと考えてしまう人もいるかと思いますが、2~3日には使うようにしたいですね!

マメな人は製造年月日を書いておく

せっかくもらったので確実に使いたいと考える人は、試供品にマジックペンでもらった日を書いておくといいでしょう。
試供品がたくさんになってしまう人は、もらった月別でジップロックに入れて保管するのもおすすめです。

ちょくちょく外泊や旅行、出張に出かける人は試供品をトラベルセット代わりにしてみてもいいでしょう。試供品であれば荷物も少なくて済みますよ。
お友達と旅行のときには、いくつか持っていってみるとお友達にも喜ばれるかもしれません。

使用期限を過ぎた化粧品を使うとどうなる?

使用期限を過ぎた化粧品をもったいないと思って使ってしまったことはありませんか?
高級な化粧品は期限が切れてしまっても、使わないともったいないと思ってしまうかもしれません。しかし、その行為はNGです。

無駄に化粧品を買い込まないことが大切!

女性は化粧品が大好き!なので、新しい商品や人気の芸能人やモデルが使っていると聞くとどうしても欲しくなってしまいますよね。
その気持ち、女子同士では共有できるものですが、お肌には決してよくないこと。

私の知り合いにも、自称コスメオタクの人がいて、彼女の家にはすごい数の化粧品があります。
新しい商品はとにかく試してみたいとか。

せっかく買ったのに、あまり使われることなくしまい込まれた化粧品ってなんだか可哀想ですよね……。
購入するときはよく考えてからにしましょう!

まずは試供品でチャレンジする

もし、新しい商品を試してみたいとき、まずは試供品があればそれを使ってみてからにしましょう。
試供品がない場合は、テスターなどでもいいでしょう。
肌に合うかどうかをパッチテストしてみると、肌に合わないものを購入してしまうリスクを回避できます。

もしくは、気になる商品を購入している友達がいればちょっと使わせてもらうのもいいですよね。

あちこち手を広げない

あれもこれも欲しくなっても、ひとりの人が使う化粧品の量はだいたい決まっています。
あまり手を広げすぎると無駄になってしまう可能性が高いです。

特に、あまり出掛けないというような時期は化粧品の減りもゆるやかなので、使う頻度を考えて買うようにしましょう。

きれいになりたければ化粧品の消費期限は守りましょう!

きれいになるために化粧品を使っているのに、その化粧品の使用期限が過ぎたものの場合、効果がないだけではなく、肌トラブルの原因になってしまうことがあります。
せっかく買ったものだともったいない気持ちにもなりますが、肌のことを考えたら、未開封で3年、開封済みであれば半年以上の化粧品は廃棄した方がよさそうです。

一度肌トラブルに陥ってしまうと、元のような肌には戻るのに時間が掛かってしまいます。
場合によっては、皮膚科に通わなければならないこともあるでしょう。
きれいなるために大事なことは、まず肌トラブルを起こさないことに尽きます♪
TOP