キャンメイクから、おすすめのペンシル型アイライナーについてご紹介します

キャンメイクから、おすすめのペンシル型アイライナーについてご紹介します

目元の印象を決めるアイメイクのなかでも、軸となるのがアイライナーだといえます。 アイラインの太さや質感、入れ方などで目の印象・顔全体の印象ががらりと変わってきます。 キャンメイクといえば、プチプラで使い勝手のよいコスメブランドとして有名ですよね。 今回は、そんなキャンメイクから出ているペンシルアイライナーをご紹介します!
目元の印象を決めるアイメイクのなかでも、軸となるのがアイライナーだといえます。
アイラインの太さや質感、入れ方などで目の印象・顔全体の印象ががらりと変わってきます。

キャンメイクといえば、プチプラで使い勝手のよいコスメブランドとして有名ですよね。
今回は、そんなキャンメイクから出ているペンシルアイライナーをご紹介します!

アイライナーペンシル

定番のアイライナーペンシルは、使い勝手の良い繰り出し式のアイライナーです。
価格も440円と、かなりリーズナブルになっています。

カラーは3種類

カラーはマットタイプのブラックとブラウン、パールベージュの3種類です。
マットタイプはラインの描きやすい2mm幅、パールベージュは涙袋メイクに適した3mm幅となっています。

アイライナーペンシルの使い方

どちらのタイプも、2mmほど繰り出して使います。
芯を出しすぎると折れてしまいやすいのでNG。

マットタイプ(ブラック、ブラウン)はまつげのすきまを埋めるように使います。
細いラインで、濃い目に入れるときれいに仕上がります。
太く描きすぎてしまうと悪目立ちするので注意してください。

パールタイプは幅が太めで芯もやわらかめです。
下まぶた、涙袋のハイライトとして使うとよいでしょう。
笑った時に持ち上がる下まぶたのふくらみに合わせるとうまくいくそうです。

クリーミータッチライナー

ウォータープルーフタイプの、ジェルアイライナーです。
各色715円となっています。

カラーは6種類

クリーミータッチライナーはカラーバリエーションが豊富なのが特徴です。
定番のブラック・ブラウン系のほか、ガーネットバーガンディやフォギープラムなどバリエーション豊かなカラーが揃っています。

普段使いのほか、おでかけやパーティーシーンの目元に華やかさをプラスしてくれるので、いくつかカラーをそろえておくのもおすすめです。

幅は1.5mmの極細ですが、ジェル特有のくっきりとした発色で描きやすく、乾いてしまうと肌にしっかり密着してウォータープルーフになるため長持ちします。

クリーミータッチライナーの使い方

芯がとてもやわらかく、また繰り出してしまった分の芯を戻すことができないため、芯を繰り出しすぎないようにしましょう。
繰り出す長さは1mm程度でじゅうぶんです。

まつげのすきまを埋めるように使うと、わざとらしくなく目元をパッチリさせることができます♪
目じりを長めに引いて切れ長に仕上げたり、下まぶた中央にほんの少しのせることで黒目を大きく見せたりするのも極細芯なので簡単です!
目元にほんのりとニュアンスを加えてくれるカラーが魅力です。

ニュアンスライナー

鉛筆のような形のペンシルライナーです。
こちらも440円と、リーズナブルになっています。

カラーは2種類

カラーはブラックとダークブラウンの2種類です。
普段使いやオフィスシーンなど、ナチュラルメイクに使いやすいカラーラインナップとなっています。
こちらは専用のシャープナーを使って芯を削るタイプですので、幅もある程度好みに調整することができます。

ニュアンスライナーの使い方

まつげを埋めるように描くことで、自然に目を大きく見せてくれます。
芯がやわらかいのでスルスル描けてにじみもありません。
手早く描けて自然に仕上がるので、毎日のメイクにぴったりといえそうです♪

なりたい目元に合わせて、上手にアイライナーを使い分けよう

キャンメイクのペンシルアイライナーを3種類ご紹介しました。
それぞれに特色があることがわかったと思います。
どのアイライナーも使いやすいので、用途やシーンに合わせて使い分けるのがおすすめです。
プチプラなので、何色もそろえておくと選ぶ楽しみができますね♪
TOP
無題ドキュメント