MiMCの化粧下地で美肌感アップ!肌にやさしい処方が魅力

MiMCの化粧下地で美肌感アップ!肌にやさしい処方が魅力

ナチュラルで肌に負担をかけないコスメが注目されている昨今、国産のオーガニックコスメを使いたいと思う女性も多いはず! そんな人におすすめのブランドが「MiMC」。 繊細な肌質の人にも、これから肌をいたわって行きたい人にも、ぜひ試してみてもらいたいブランドです♫
ナチュラルで肌に負担をかけないコスメが注目されている昨今、国産のオーガニックコスメを使いたいと思う女性も多いはず!
そんな人におすすめのブランドが「MiMC」。

繊細な肌質の人にも、これから肌をいたわって行きたい人にも、ぜひ試してみてもらいたいブランドです♫

MiMCの魅力

MiMCは国産のオーガニックコスメブランド。
有名な商品はミネラルファンデーションで、肌に負担をかけない処方が特徴です。
いまの肌トラブルを隠すだけでなく、そもそもダメージを与えないことで肌を健やかに保つ効果が期待できます。

肌にやさしい処方

MiMCは「何を入れ・何を入れないか」にこだわった製品開発をしています。
特に、合成着色料、合成香料、合成防腐剤、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤、タール系色素、タルクといった有害性が想定できる成分は使いません。
また、有害成分を使っていないことから、動物実験も行っていません。

あくまでも「肌が喜ぶ効果的な設計」をベースにした製品開発を行なっています。

厳選した素材を使用

MiMCでは有害成分を使用しないことはもちろん、パワフルな天然原料は厳選して積極的に使用しています。
植物分野での研究や技術開発に着目し、学会での発表内容をいち早く取り入れた製品開発をしているのが、MiMCの強み。

また、植物や果物を丸ごと用いるホールフーズ製法を使うことによって、植物や果物本来の力を引き出します。

ミネラルイレイザーバーム SPF20の魅力

ファンデーションで知名度があるMiMCのコスメで、注目の商品のひとつが、「ミネラルイレイザーバーム」。
MiMC独自の処方により作られた、魅力的な化粧下地です。

ミネラルイレイザーバームにはどんな特徴があるのでしょうか。

毛穴の悩みにフォーカス

ミネラルイレイザーバームには、肌の凸凹に合わせてふんわりフィットする植物由来の「セルロースパウダー」が使われています。
セルロースパウダーは、シリコンやナイロンなどの合成成分を入れずに、毛穴レスな肌へ導くために必要な成分。

このパウダーは樹木からとれるしっとり柔らかな植物繊維をパウダー状にしてつくられており、毛穴になめらかにフィットするんです!
そのうえミネラルだけでは叶わない、ふかふかのつけ心地も体感することができちゃいますよ。

透明感

ミネラルイレイザーバームは透明感を演出できるのも特徴的。
にごりないピュアなホワイトカラーでありながら、ミネラルを混ぜ合わせてつくられる自然なホワイトであることも透明感を引き立たせるポイント。
シアーで軽やかに、肌のトーンを明るく見せてくれます。

それゆえに、化粧下地として使うことはもちろん、ハイライトやファンデーション代わりとしても使うことができるんです♫

ミネラルイレイザーバームの使い方

ミネラルイレイザーバームが他社の化粧下地と違う点は、なんといってもその使い勝手の良さ!
化粧下地として単独で使うことはもちろん、日焼け止め効果もありさまざまな場面で使えるだけでなく、オフするときもとっても簡単なんです!

単品としても化粧下地としても

化粧下地としては、セルロースパウダーが余分な皮脂や水分を吸着してくれるのでファンデーション前に塗ることで、化粧くずれ防止効果が期待できます。

また、Tゾーンやほほなどにハイライトのようにポイント使いすることで、メリハリある立体的な肌も実現できます!
質感もしっとりとしたバーム状のため、ツヤ感もアップ。

さらに、コントロールカラー代わりに顔全体に馴染ませることで、明るいすっぴん肌も演出できちゃいます♫

石鹸でオフできる

ミネラルイレイザーバームはSPF20・PA ++の紫外線カット効果もあり。
日差しの強い日でなければ、日焼け止め代わりに使うことで軽い使い心地のまま肌を守ることができるでしょう。

そのうえ、クレンジングが不要なほど軽く、石鹸だけでオフできるのも魅力。
従来の石油系ファンデーションは、ファンデーションそのものが肌に負担になるだけでなく、オフ時のクレンジングでも肌を傷めがちでしたが、そのような心配がありません。

MiMCの化粧下地で美肌を手に入れよう!

MiMCは肌に負担をかけない、やさしい処方が魅力のコスメブランド。
化粧下地もすぐれたメイク効果があるだけでなく、同じくやさしい処方が魅力です。

いまある肌トラブルを上手にカバーしつつ、より負担をかけずに健やかな肌を保ち、美肌を目指しましょう♫
TOP