ティントってどんなアイテム?種類や使い方を紹介♪

ティントってどんなアイテム?種類や使い方を紹介♪

韓国風メイクの流行で日本でも定番になった、ティントタイプのコスメ。 一度メイクに取り入れたら、便利で手放せない人も多いのでは?? とくにリップティントはテクスチャーもいろいろで、好みの唇に彩ることができます♪

ティントとは?

英語で染めるという意味のtintから名付けられた新しいタイプの化粧品、ティント。
塗るのではなく、染めることによって色を付けることが特徴で、韓国で流行し日本でも広く使われることで定番化しつつあります♪

そんな便利なティントタイプのコスメについてご紹介していきます☆

ティントの種類

ティントには、唇を染めるリップティントや、眉を描くことができる眉ティントなどパーツごとに種類があります。

また、染め方やテクスチャーにもいろいろなタイプがあり、塗布したものがパック状に固まってはがすと色がついているタイプ、リキッドタイプ、オイルタイプ、スティックタイプなどがあります。

特徴

ティントの最大の特徴と新しさは、塗るのではなく染めることによって非常に落ちにくい仕上がりになること!
生活の中で飲み物を飲んだりして、リップは頻繁に化粧直しが必要なため、90年代には落ちにくい口紅が研究・開発されました。

2010年代に入って韓国風メイクが流行すると、便利なリップティントの登場によって、リップメイクは革新的な変化を遂げることになります☆

唇の水分量によって発色が変わるということも特徴のひとつです。

デメリット

唇や眉など、つける箇所を染めることによって色をつけるティントタイプのコスメ。
デメリットとしては、きちんとクレンジングをしないと色素沈着を起こしてしまうことがあります。

基本的には、皮膚がターンオーバーすることによって色味が消えていくものですが、ターンオーバーが遅いと人によっては色が浸透してしまいます。

また、リップティントは唇を乾燥させやすく、皮膚への刺激が強いため、いかに保湿していくかも重要なポイントになります。

ティントの選び方

いろいろなタイプがあるティントコスメですが、それぞれどんな場面で使ったらよいのでしょうか??

商品の特徴によって、使うシーンを選んでいきたいですね☆
ティントの種類ごとに、メリットをおさらいしていきましょう!!

唇の色が透けるタイプ

唇の水分量によって発色が変わるタイプは、素の唇のカラーを透けさせてじんわり発色していくもので、トレンド感のある唇に♪
テクスチャーにも種類があるので、ぷるんとした潤いのある質感が好きな方はツヤ感のあるティントを選びましょう。
唇の縦ジワが目立ちにくいのもこのタイプ!

反対にツヤ感のないタイプも種類があって、セミマット、ベルベット、ソフトマットなど好みのテクスチャーを試してみてくださいね☆

カラーを選ぶ

イエローベース、ブルーベースなど近年話題になっているのがパーソナルカラー。
肌の色やタイプごとに似合う色、似合わない色があるというもので、取り入れれば自分が使う色を客観的に見ることができます。

一方で、パーソナルカラーにとらわれすぎずに自分が好きな色を選ぶことでメイクが広がって楽しくなる場合も♪

リップティントには薄付きのものと発色のよいものがあるので、普段使いとおでかけなど場合によって使い分けてみましょう☆
高発色のものはティッシュオフして調整するほか、唇の内側に塗ってグラデーションリップにも◎

色落ちしにくい

唇を染めることによって落ちにくくなるリップティントですが、なかには色持ちがよくないものも。。
また、反対にクレンジングをしてもなかなか落ちないタイプのものは色素沈着の原因になってしまうので、選ぶときには注意が必要です。

人によって唇の皮膚の厚みが違い、皮膚が厚めの人は皮むけしやすくターンオーバーも早いですが、薄い人は色素沈着しやすいと言えるでしょう。
あんまり唇の皮がむけない人は、リップティント自体ひんぱんに使わない方が無難かも。

ベストなティント

リキッドやオイル、スティックタイプなどの種類があるリップティントですが、ベストなのはどんなタイプでしょうか??

仕上がり、落ちにくさ、落としやすさといった3つの視点から、どんな見方で選んだらいいかご紹介したいと思います。
たくさんの種類があるティント選びの中で参考にしてみてください♪

仕上がりgood

より美しく仕上がるのはリキッドタイプのリップティント!
唇表面によくなじむ高発色のタイプで、地の色を透けさせつつしっかり色付くというポイントは今っぽい仕上がりになる旬の唇に♡

リップティント初心者でも塗りやすく作られているブラシも高評価で、すぐに毎日メイクに取り入れられそうですよね☆

角度がついたブラシは唇にフィットしやすいので、リキッドタイプのリップティントをきれいに仕上げてくれます♪

落ちにくいのは?

きれいに仕上がるかと同じくらい気になるポイントが、落ちにくいかどうか。
リップティントを使うメリットの一つでもある落ちにくさは、選ぶポイントでもありますよね♪

発色が薄付きのティントだからといって色落ちしやすいとは限らず、また高発色でも簡単に色落ちしてしまうものも...。
色持ちがよくてもきれいな仕上がりが続くわけではなく、こすれると中の染料や顔料がむきだしになって、蛍光色に近い色に色残りしてしまうものもあります。

きれいな仕上がりが続くかどうかはティント選びの観点としてとっても重要!!

オフしやすいのは?

色持ち以外にも重要なポイントは、唇への負担。
クレンジングでオフしやすいリップティントは、唇にもやさしいので使い続けられますよね☆

リップティントは落ちにくいことが強みなので、クレンジングシートでやさしくこすっただけではなかなか色が落ちないことも...。

きれいにメイクオフできないということは、唇にとって刺激のある顔料や染料をそのまま皮膚にのせて過ごすということになります。
色素沈着の原因にもなってしまうので、落としにくい商品は繰り返し使うことを避けた方がいいかもしれません。

ティントの特徴によって、自分の唇や仕上がりの好みにあったものを選ぼう♪

今や本当にたくさんの種類が発売されているティントタイプのコスメ。
とっても便利な商品ですが、唇に合っているかどうかも大事なところですよね!

賢く選んで、メイクをもっと楽しく、世界を広げていきましょう♡
TOP
無題ドキュメント