コンシーラーとハイライトの違いは?それぞれの特徴を見てみよう!

コンシーラーとハイライトの違いは?それぞれの特徴を見てみよう!

コンシーラーとハイライトの違いを問われて、しっかり答えられる人はどれくらいいるでしょうか。 ちなみに、私は混同していてまったく答えられなかったタイプです。 それぞれで役目が違うので、しっかり違いを理解しておかないと間違った使い方をすることになります。 今回はコンシーラーとハイライトの違いについて紹介していきましょう。
コンシーラーとハイライトの違いを問われて、しっかり答えられる人はどれくらいいるでしょうか。
ちなみに、私は混同していてまったく答えられなかったタイプです。
それぞれで役目が違うので、しっかり違いを理解しておかないと間違った使い方をすることになります。

今回はコンシーラーとハイライトの違いについて紹介していきましょう。

コンシーラーの特徴とは?

こちらでは、コンシーラーがどのような特徴を持っているか見ていきましょう。
コンシーラーは普段使う人も多いので、しっかり覚えておいてくださいね。

肌悩みをカバーする

簡単に言えば、コンシーラーは『肌悩みをカバーする』アイテムです。
例えば、ファンデーションで隠しきれないシミやクマなどがあげられますね。

せっかくメイクをしてもシミやクマを隠しきれないと、自分の魅力を最大限に出せませんよね。
そんな時に気になる肌悩みをカバーすることで、メイクの仕上がりを更に高めてくれるのです。

部分的ファンデーションのようなもの

コンシーラーは部分的なファデーションと考えてもいいでしょうね。
気になる部分を更に重点的にカバーすることで、ニキビ跡などもしっかり隠すことができます。
ストレスなどで肌悩みを持っている人も多いので、ある意味コンシーラーは手放せない人が多いです。

カラーバリエーションが豊富

コンシーラーは肌よりも明るい色なども多くあります。
販売しているコスメブランドなどにもよりますが、カラーバリエーションの豊富さも特徴的です。
そのため、さまざまな肌の色に対応してくれるので使い勝手が良いと言えるでしょう。

ハイライトの特徴とは?

こちらでは、ハイライトの特徴について見ていきましょう。
ハイライトも部分的に乗せたりする点ではコンシーラーと同じですよね。

しかし、ハイライトにはコンシーラーとは異なった特徴があるんです。
どんな特徴があるのかをチェックしていきましょう。

立体的に見せる

ハイライトは部分的に明るい色を肌に乗せることでツヤを出してくれます。
そのため、メイクを立体的に見せてくれるんですよね。
メイクを立体的に見せることで、シャープな雰囲気を出すことが出来ますよ。

華やかさが出る

ハイライトを乗せるだけで顔全体の印象が明るくなります。
そのため、シャープな雰囲気だけではなく華やかさを出すこともできるんです。
大人っぽさを出したい人は、ハイライトを乗せて立体感のある華やかな顔にしましょう!

明るい色が特徴的

ハイライトは基本的に明るい色が特徴的です。
そのため暗い色というのが基本的にありません。
明るさを出すためのアイテムがハイライトなので、暗い色をメインにはできませんよね。

ただ、コスメブランドによっては明るさの度合いが変わってきます。
ナチュラルな明るさもあれば、パッと目を引くような明るさがあるんです。

コンシーラーはカラーバリエーションが豊富ではありますが、ハイライトは明るさの点でバリエーションが豊富と言ってもいいかもしれませんね。

コンシーラーとハイライトの違いを知って上手く活用しよう

コンシーラーとハイライトは似ているようでまったく異なるものなんです。
そのため、混同している人は正しい知識を持ちましょうね。じゃないと私みたいに失敗をすることになりますよ。

コンシーラーもハイライトも普段使うものに変わりはありません。
そのため、自分の肌の色や肌質に合わせたアイテムを選ぶようにしてくださいね。
じゃないと、逆効果になってしまう場合もあるので要注意ですよ。
TOP