オーガニックの手作り化粧品を作りたい♡準備するものや注意点などを解説!

オーガニックの手作り化粧品を作りたい♡準備するものや注意点などを解説!

お肌に優しいオーガニック化粧品は、低刺激でトラブルが少なく労りながらケアできます。 市販のオーガニック化粧品には、オーガニックと記載があっても100%でない場合も・・・。 なかなか肌に合う化粧品がないなら、手作りでオーガニック化粧品を作ることもできます。 今回は、手作りでオーガニック化粧品を作る方法と、準備するものを解説します!
お肌に優しいオーガニック化粧品は、低刺激でトラブルが少なく労りながらケアできます。
しかし、市販のオーガニック化粧品には、オーガニックと記載があっても100%でない場合も…。
なかなか肌に合う化粧品がないなら、手作りでオーガニック化粧品を作ることもできます。
今回は、手作りでオーガニック化粧品を作る方法と、準備するものを解説します!

手作りのオーガニック化粧品は使って大丈夫?

手作りのオーガニック化粧品に興味はあるけれど、市販じゃないし大丈夫?と心配になる人も多いのでは?
市販の化粧品も手作り化粧品も、使う成分は同じなので安心です♡
ただし手作り化粧品は、使う成分と注意点を守らないとトラブルが起きることが。
ここでは、手作りのオーガニック化粧品は使って良いかの疑問に答えします!

無添加を守ればお肌に優しい

手作りのオーガニック化粧品は、作る際に成分をしっかり守れば使って大丈夫です☆
あくまでオーガニック思考の化粧品を作りたいので、添加物を入れるなんてNGですよ!
無添加のオーガニック成分だけを使って、100%植物由来の材料かしっかり確認してから使うように気をつけましょう。無添加を守れば敏感肌にも使える優しいコスメが作れます。

自分に使うだけ!販売はNG

手作りのオーガニック化粧品は、使っても良いけれど自分で楽しむだけに留めましょう。
自分で手作りした化粧品は、安全性が確立された市販の商品ではありません。
自分で手作りして自分に使うだけなら、もしトラブルがあっても自己責任で済みますね。
間違っても人にあげたり、通販などで販売したりしないように注意してくださいね!

手作りのオーガニック化粧品のメリットは?

手作りのオーガニック化粧品には、手作りにしかないメリットが豊富にあります♪
市販の化粧品を購入する際の気になる小さな悩みも、手作り化粧品ならクリアできます。
ここでは、手作りのオーガニック化粧品を使うメリットについて解説します。
手作り化粧品に不安のある人は、このメリットも理解すると安心して使えますよ☆

コストをかけず簡単に作れる

手作りのオーガニック化粧品は、意外にも安い材料で作れてコストがかかりません。
市販の化粧品を購入しようとしたとき、本当はあの商品が良いけれどこっちの商品の方が安いからこっちにしておこう…なんて諦めた選択をした経験はありませんか?
手作り化粧品は自分で作るので、自ら成分調整ができてお財布にも優しいんですよ♪

自分用にカスタマイズできる

手作りのオーガニック化粧品は、世界で1つだけの自分用のオリジナル化粧品。
自分の肌の調子は自分が1番良く分かっているし、欲しい成分だけで作ることが可能です♪
ですので、敏感肌なら添加物は使わないようにしたり、白い肌を目指したいから美白に効果のあるエキスを入れてみたり、乾燥しやすいから保湿成分を加えたりと、自由にカスタマイズできます。

オーガニック化粧品を手作りするのに必要なものは?

オーガニック化粧品を手作りすると決めたら、必要なものを揃えることからはじめます。
何もない状態からは手作りできないので、道具や材料などを把握して準備しましょう!
ここでは、オーガニック化粧品を手作りするのに必要なものについて説明します。
意外にも身近で簡単に揃えられるものばかりですので、参考にしてくださいね♪

台所の調理器具

オーガニック化粧品を手作りするには、まずは使う道具が必要ですよね(^^♪
実際には化粧品を手作りするにあたって、この道具じゃないといけないという決まりはありません。
計量カップ、計量スプーン、ヘラ、鍋、温度計、包丁、はかりなど、普段から台所にある調理器具があれば不自由なく手作り化粧品が作れます!買い足しは不要なのでコスパも◎

出来上がった化粧品を入れる容器

オーガニック化粧品を手作りする際に、出来上がった化粧品を入れる容器は必須ですよね。
すでに空き瓶や空きボトルがある人は、それを使って保存しても問題ありません☆
手作りする化粧品によっては遮光性のある容器が必要な場合があるので、これは人によってお金がかかることもあります!ですが、100均の容器は優秀なのでコスパは抑えられます。

手作りしたいオーガニック化粧品の材料

オーガニック化粧品を手作りする際に、必ず必要なのが化粧品の中身の材料です♪
オーガニックには化粧水のベースがあって、それには精製水とお花やハーブが必要です。
オイルには、ホホバオイル、オリーブオイル、スクワラン、アルガンなどがあります。
乳液ベースやセラミドなど、手作りしたい化粧品に合わせた材料を揃えてからはじめます。

【化粧水】手作りのオーガニック化粧品の作り方は?

オーガニック化粧品を手作りするのに必要な道具や材料が揃ったら、手作り化粧品のレシピを覚えて実践しましょう♡自分でオリジナル調合でも良いですが、はじめのうちは慣れるまで、レシピを参考に作る方がトラブルが起きなくて安心です(*^^)v何事も基本からですね。
ここでは、手作りのオーガニック化粧品の化粧水の作り方を説明していきます!

ハーブウォーターにハーブエキスを混ぜる

手作りのオーガニック化粧水は、化粧水のベースになるお水が必要になってきます。
この場合、フローラルウォーターかハーブウォーターでお花かハーブベースかの違いです。
普通に購入することもできますが、手作りすることもできるので調べてみてください。
酸化するので基本は50mlが理想的ですが、手作りしたい量を調整するのもOKですよ♪

そこへ自分の好みのハーブエキスを10滴ほど落として、全体的にまんべんなく混ぜます。
ハーブエキスは安眠やリラックスしたいならラベンダー、リフレッシュや元気になりたいならオレンジなど、自分が欲しい効果のハーブエキスを入れて作りましょう♡

植物性グリセリン、ラディッシュエクストラクトを加える

次に植物性グリセリンと、ラディッシュエクストラクトを加えてよく混ぜ合わせます。
植物性グリセリンは小さじ4分の1ほど、ラディッシュエクストラクトは小さじ8分の1ほどの量を加えるのが理想的!
どの工程もブレンドする量は自分で好きにしてOKですが、やみくもに混ぜると皮脂と水分のバランスが悪くなるので注意してくださいね。

最後によく混ぜ合わせる

全ての材料を加え終わったら、最後にもう1度全体をよく混ぜてダマをなくします。
化粧水なので保存容器はボトルタイプで、空き瓶がプラスチックボトルが良いですね。
瓶やボトルの形状なら、それぞれの工程での混ぜ合わせもラクにおこなえて便利です♪
全体を混ぜ合わせたら、あっという間に化粧水の完成です♡

出来上がった化粧水は、冷暗所で保存して1~2か月で使い切るようにしましょう!
ラディッシュエクストラクトを加えた際は、半年間保存ができるようになります。

【美白乳液】手作りのオーガニック化粧品の作り方は?

手作りのオーガニック化粧品の乳液は、夏らしく軽めの仕上りに作っていきます♡
セラミドなど保湿効果もしっかりさせながら、日焼けで火照った肌を鎮静させます。
抗酸化作用や肌荒れを防ぐ効果のある、エーデルワイスやラベンダーもおすすめ。
ここでは、手作りのオーガニック化粧品の乳液の作り方について説明します!

フェイス用乳液ベースに美白エキスを混ぜる

まずはじめにフェイス用乳液ベース50mlに、エーデルワイスエキスを2.5ml加えてよく混ぜ合わせて、分離しないようにしっかりブレンドしていきます!
乳液ですので、空き瓶などのボトル容器では作業がしにくいため、クリーム容器で作るのがおすすめですよ☆
抗酸化作用のあるエーデルワイスは、スノーホワイトエーデルワイスが美白にぴったり。

セラミドを加えてさらに混ぜる

フェイス用乳液ベースとエーデルワイスエキスが混ざったら、次にセラミドを加えてさらによく混ぜていきます。
セラミドは乾燥を防いで、お肌のバリア機能を高めてくれるので、夏の日焼けした肌や夏から秋にかけての、季節の変わり目の乾燥にもおすすめなんですよ♪
エキスの量で香りの強さが調整できるので、自分の好みで変更しながら作りましょう。

最後に真正ラベンダーを加えて全体を混ぜる

セラミドをよく混ぜたら、ここへ真正ラベンダーエキスを加えて混ぜていきます。
ラベンダーは肌荒れを落ち着かせて整える作用や、リラックス効果も♡
シミやくすみも防いでくれて、年齢で気になる肌悩みの救世主でもあります。
ラベンダーも量で香りの強弱が変更できるので、好みで調整しながら変えると良いです。

【美白美容液】手作りのオーガニック化粧品の作り方は?

化粧水、乳液ときたら、やはり美容液も押さえておきたい化粧品アイテムですよね♡
美容液はお風呂あがりや寝る前につけるだけで、美白効果があってツルツルのお肌に。
化粧水と乳液同様に簡単に手作りできるので、3つのアイテムのライン使いもおすすめ。
ここでは、手作りのオーガニック化粧品の美容液の作り方について説明します!

フェイシャルセラムにオリーブスクワランを加える

美容液を保存可能な容器に、フェイシャルセラムとオリーブスクワランを加えていきます。
フェイシャルセラムは24g、オリーブスクワランは4mlの量を混ぜ合わせてください。
フェイシャルセラムとオリーブスクワランは細い口の容器なので、スポイトでゆっくり取って美容液用の容器に加えます♪両方を加えたら、次の工程の前に軽く混ぜ合わせましょう。

ビタミンC誘導体を加えて混ぜる

次にビタミンC誘導体を同じようにスポイトで取って、美容液の容器へそっと加えます!
ビタミンC誘導体は2mlを目安に加えて、加え終わったらここでも軽く全体を混ぜます。
ビタミンC誘導体はオイル状なので、混ぜる際に分離しないように意識しておこないます。
美容液の容器も先端はスポイトタイプがおすすめ♡遮光性タイプの方が長持ちしますよ。

プルメリアBN精油を加えて全体を混ぜる

最後にプルメリアBN精油を加えて、全体を混ぜ合わせれば完成!
プルメリアは南国の花で、贅沢でラグジュアリーな気分に浸れる効果があります。
1日の終わりの眠る前につけると、お肌をしっかり保湿しながらふっくらさせてくれます。
翌朝のハリや弾力が生まれて、キメの整った透明感ある明るいお肌になれる美容液です。

自分専用のオリジナルの手作りオーガニック化粧品を作ろう☆

オーガニックの手作り化粧品の作り方や、必要な道具と材料について解説しました。
オーガニックの手作り化粧品は、成分をきちんと確認して使えばお肌に安心安全です♡
自分だけのオリジナルが手作りできるため、肌状態に合わせた化粧品が手に入ります。
レシピで慣れてきたら、徐々に自分でアレンジを加えて手作りすると良いですよ!
TOP