話題のクレイ美容とは?さまざまな手作りクレイ化粧品について伝授します♡

話題のクレイ美容とは?さまざまな手作りクレイ化粧品について伝授します♡

クレイと水を使って、洗顔、パック、ローションなどの化粧品を作ることができます。 飲料水や掃除のアイテムとしても使うことができて、何といっても吸着力が凄いんです。 今回はクレイ美容とは何なのか?クレイの種類や手作りクレイ化粧品について解説します。 クレイが気になっていた人は、ここで勉強してぜひ美容に取り入れてみてください。
クレイと水を使って、洗顔、パック、ローションなどの化粧品を作ることができます。
飲料水や掃除のアイテムとしても使うことができて、何といっても吸着力が凄いんです。
今回はクレイ美容とは何なのか?クレイの種類や手作りクレイ化粧品について解説します。
クレイが気になっていた人は、ここで勉強してぜひ美容に取り入れてみてください。

そもそもクレイって何?

クレイは最近は店頭でも見かけることが増えてきて、美容や飲料水などの製品があります。
クレイはヨーロッパ地方で古くから親しまれる自然療法で、アロマテラピーのような存在。
吸着力が非常に優れていて、お肌の老廃物の排出を促して水分と皮脂を整えてくれます。
ここでは、クレイとはどんなものなのか?分かりやすく説明していきますね!

粘土質を乾燥させてパウダー状にしたもの

クレイは汚染されていない地中の深い層にある粘土質を掘り出したもので、掘り出したあとに太陽の熱で乾燥させて、さらに玉砕して良質なクレイができあがります♪
完成したクレイにはさまざまな自然の力があって、その効果は美容業界で注目されるほど♡
購入時はパウダーなので、自宅で手作りした際に化粧品の用途によってかたちを変えます。

市販ではクレイパウダーが既に練りこまれた製品が多く、パックやシャンプーがあります。
クレイパウダーは、手作り化粧品を作る目的の人が購入することがほとんどですよ!

主な成分はシリカ

シリカはケイ素とも呼ばれるミネラル成分の一種で、日本の地中にも含まれています。
シリカは人間の臓器の老化や酸化を防ぐ働きがあって、18gほど体内に含まれています。
人間の皮膚、髪、細胞壁、血管に多く含まれていて、健康維持には必要不可欠な成分。
クレイだけでなく、最近ではシリカを積極的に摂取できる飲料水などもありますよ!

アメリカでは食用として認定されているクレイパウダーが販売されています☆
汚染物質に一切さらされていない一帯の地中深くから掘り起こしていて、その豊富な成分が含まれる粘土質は、あまりの人気ぶりに完売が続出しているのだそう。
ですが、日本では食用として認められていないため、飲料水は自己責任になります。

クレイは選ぶカラーの種類で特長が違う

クレイは1つの色ではなく、何種類かの色がおもになっていて特長で選ぶことができます。
おもなクレイのカラーを全て揃えて、日によって自分が欲しい効果のクレイを使って手作り化粧品を作っているという人もいます♪色とりどりで飾っていても綺麗なパウダーです。
ここでは、クレイパウダーの選べるカラーと特長についてご紹介していきたいと思います。

ホワイトクレイ

クレイの代表的な定番カラーはこのホワイトクレイで、化粧品全般の土台となるクレイ。
おもな鉱物はカオリナイトで、非常に細かくて柔らかい微粒子のクレイパウダーです!
身近な商品には歯磨き粉やボディーパウダーなどがあって、初心者に扱いやすいです。
カオリナイトは吸着力が弱く敏感肌にも◎段々と慣れてきたら変えていくのがおすすめ。

ピンククレイ

ホワイトクレイの次に初心者におすすめなのが、このピンククレイでお肌に優しい作用。
おもな鉱物は、カオリナイト、マイカ、イライトで、敏感肌にも安心して使えます☆
ホワイトクレイとレッドグレイをブレンドした種類で、吸着力が穏やかなベースクレイ。
クレイの使いはじめはホワイトかピンクが扱いやすく、赤ちゃんにもOKなんですよ。

ブラウンクレイ

ブラウンクレイは、吸着力と洗浄力のバランスが良いクレイでデトックスにぴったり。
おもな鉱物はスメクタイトで、水を加えるとジェルのような柔らかなクレイになります。
お肌にマイルドな使い心地で、ホワイトやピンクよりも吸着力が欲しいときにおすすめ。
クレイパックにして、湯船のなかで洗ってそのままバスクレイにすることもできますよ♡

グリーンクレイ

グリーンクレイは吸着力が高くさっぱり仕上りなので、脂性肌やにきびにおすすめ。
クレイパウダーのなかでもミネラルを豊富に含んでいて、ボディケアにも効果があります。
おもな成分は、マイカ、イライト、クォーツで、綺麗な淡いグリーンで癒されます♡
クレイは殺菌効果はありませんが、皮脂を吸着して菌を抑制してくれる働きも。

レッドクレイ

レッドクレイは入浴剤やフットバスも楽しめる、全身ケアにおすすめなクレイパウダー♪
しっとりした仕上りになるので、乾燥肌や乾燥が気になる冬場にも活躍する種類ですよ。
おもな鉱物は、ホワイトクレイやピンククレイにもあるカオリナイトからはじまり、イライト、マイカを含んでいます!
ピンクが不足したらホワイトをブレンドして調合できます。

イエロークレイ

イエロークレイのおもな鉱物は、カオリナイトとクォーツですっきりしたクレイです。
お肌に負担のかからないちょうどいい吸着力で、引き締め効果もあるので毛穴ケアにも使いたいクレイです♪
ホワイトクレイやピンククレイのように初心者でも扱いやすい種類。
ワキや足の裏の臭いを消臭する作用もあって、洗浄し過ぎない優しさも特長の1つ。

クレイのおすすめ手作り化粧品は?

クレイ化粧品は、クレイと水さえあれば簡単に手作りすることができます!
化粧品をわざわざ手作りするなんて面倒と思うかもしれませんが、直ぐにできます♡
クレイ化粧品は肌トラブルが起きやすい人ほどおすすめで、敏感肌にも使えますよ。
ここでは、クレイのおすすめの手作り化粧品についてご紹介します。

洗顔

クレイの手作り化粧品には、クレイ洗顔がおすすめでクレイと水さえあればできます♡
自分の肌状態に欲しい効果のクレイパウダーに、少量の水を混ぜてペーストを作ります。
このときただの水ではなく温泉水を使うのもおすすめで、ミネラルが豊富で美肌効果も。
泡立ちはないけれど、クレイペーストを肌に伸ばしてマッサージして洗い流します♪

クレイに実は使用期限はないので、良質なクレイで手作りすれば数日分作り置きもOK☆
クレイと水を混ぜるだけの簡単手作りですので、その都度作っても時短でできます。

パック

クレイの手作り化粧品には、クレイパックもおすすめでアレンジも利きます☆
クレイと水を混ぜてペーストを作り、そのまま使っても良いですが適度な粘度が必要です。
クレイ+水+ヨーグルトや、クレイ+水+ハチミツなど保湿成分を好みでアレンジOK。
ハーブを混ぜればリラックス効果もあり、アレンジ次第で豊富なパックが手作りできます。

ローション

クレイの手作り化粧品には、ローションもあってクレイの定番人気でもあります。
こちらも水とクレイさえあれば手作りすることができて、肌に不足している効果のクレイパウダーと水をボトルに入れて、混ぜ合わせれば簡単に完成します♪
夏場は冷蔵庫で冷やしても良いし、ボトルに入っているのでクレイが固まっても振れば元に戻りますよ!

バスソルト

クレイの手作り化粧品のバスソルトは、作るというより入れるという方が正解。
お気に入りのカラーのクレイと塩を混ぜるだけで、あっという間に入浴剤の完成です。
食卓塩ではなく精製塩や海外の岩塩を砕いたものでもOKで、クレイパウダーだけでも入浴剤としての効果があります♡肌がしっとりうるおい、温泉のようにスベスベになりますよ。

飲料水

クレイは美容の飲料水にもなるのですが、これには驚く人も非常に多いです!
自宅で手作りすることもできて、ティースプーン1杯のクレイをコップ1杯の水に溶かします♪
しばらくしてクレイが沈殿したら、上澄みの水だけを飲む方法でデトックス効果が。
美容家も愛用していることでも人気で、アレルギーなどに効果が期待できるのだそう。

クレイは化粧品のほかに使い道はある?

クレイは手作り化粧品として使うだけでなく、化粧品以外の使い方もできます。
つまりクレイが自宅にあれば、万能でさまざまな使い道があるということ。
ここでは、クレイは化粧品以外にどんな使い道があるのかをご紹介します。
クレイの万能さを知って、豊富な使い方でクレイを活躍させちゃいましょう!

湿布代わり

クレイは実は湿布代わりに使えます。
クレイと水でペーストを手作りして、それを漏れないよう気をつけながら布で包みます。
それを患部に当てて、腫れや痛みを鎮静させることができます(^^)普通の湿布では貼ると痒くなる人も、クレイ湿布なら痒くなることもなくトラブルが起きにくいので安心ですよ。

またクレイは天然成分100%なので、普通の湿布が使えない敏感肌にもおすすめ。
いつもでなくても、湿布を切らしている際の代用にもできるので知っておくと良いです。

水垢掃除

クレイの使い道には水垢掃除の際に使う方法も。水道の蛇口がピカピカになります!
いわゆるクレンザーの役割があって、台所やお風呂場のステンレスに使ってみてください。
バスタイムにクレイの手作り入浴剤を使ったら、湯船のお湯を流した際に残るクレイでお風呂掃除ができます!
スポンジや布で軽くこするだけなので、ぜひやってみましょう♪

クレイを使った自分だけの手作り化粧品を作ろう

いま話題で注目が集まっている、クレイの手作り化粧品について紹介しました♡
クレイは地中の深くにある良質な粘土質のことで、カラーが何種類かあります。
クレイのカラーによって効果が異なり、手作り化粧品はクレイと水で作れます♪
クレイの手作り化粧品を作る際は、良質なクレイであることがポイントなので、購入の際には注意して選ぶようにしてください!
クレイはアレルギーやアトピーに効果が期待されていて、肌の弱い敏感肌にも安心して取り入れることができますよ!
TOP