ビューラーの選び方は?おすすめアイテムランキング15選

ビューラーの選び方は?おすすめアイテムランキング15選

メイク時にビューラーを使う人は多いと思います。 でも、選び方とかがあるって知っていますか? なんとなく「これでいいや」なんて考えていませんか? ちなみに私は適当に選んだ結果「これ、合ってないやつだよ!」と友人に指摘されたことがあります。 選び方の基本としては、自分の目に合うものです。 二重の人向け、一重の人向けなどさまざまなものがあるのでチェックしてみましょう。 今回は、その中でもおすすめされているビューラーをランキング形式で紹介していきますね。
メイク時にビューラーを使う人は多いと思います。
でも、選び方とかがあるって知っていますか?
なんとなく「これでいいや」なんて考えていませんか?
ちなみに私は適当に選んだ結果「これ、合ってないやつだよ!」と友人に指摘されたことがあります。
選び方の基本としては、自分の目に合うものです。
二重の人向け、一重の人向けなどさまざまなものがあるのでチェックしてみましょう。
今回は、その中でもおすすめされているビューラーをランキング形式で紹介していきますね。

使い勝手が良いビューラーランキング

こちらでは、使い勝手が良いと高い評価を集めているビューラーを見ていきましょう。
ビューラーを新しくしたい人などは、今まで愛用していたものではなく新しいものを探してみるのもいいのでは?
目元というデリケートな部分に使うため、使い勝手は重視しておくに越したことはありませんよ!

1位:ローラメルシエ アーティスト アイラッシュ カーラー

資生堂から販売されている『ローラメルシエ アーティスト アイラッシュ カーラー』です。
迷ったらコレと言われるほど、使い勝手の良さに定評があるビューラーです。
ゴムはやわらかめであり、力を入れやすいという魅力が!
目の形を問わずしっかりまつ毛を挟めるカーブがあるので、ビューラー選びに悩んだらコレを検討しましょう。
バランスの良い使いやすさがあるので、初めてのビューラーに選ぶ人も多いんですよ♪

2位:シュウウエムラ アイラッシュカーラー N

日本ロレアルから販売されている『シュウウエムラ アイラッシュカーラー N』です。
シンプルな仕様となっていますが、使い勝手の良さに定評あり!
根元からまつげを上げやすい特徴、ゴムが柔らかく力を入れやすいなど使う側の配慮がしっかりとされている魅力があります♪

3位:チュチュハナビ アイラッシュカーラー スプリングタイプ

華美から販売されている『チュチュハナビ アイラッシュカーラー スプリングタイプ』です。
プチプラアイテムであり、初心者からベテランまで愛用者が多いビューラー!
税込み500円以下という魅力もあります。
リーズナブルな価格だけではなく、替えゴムまでついているのでコスパも高いのが嬉しい♡

気軽に使えるビューラーランキング

こちらでは、気軽に使えるビューラーをランキング形式で見ていきましょう。
どんなビューラーが気軽に使えるのか、ぜひチェックしてみてください!
同じようなものに見えたとしても、それぞれで特徴が違うので合う・合わないがあるって知っていましたか?

1位:アイプチ フィットカーラー

イミュから発売されている『アイプチ フィットカーラー』です。
日本人に使いやすいフォルムになっているので、愛用者がたくさん!
日本人に使いやすい理由は、日本人の眼球に合わせた独自カーブ仕様となっているから♡
まぶたを持ちあげやすい、持ち手部分に余裕があるなど使う側のことをしっかり考えた仕様となっています。
ちなみに、二重や一重、奥二重の人など目の特徴問わずに使える仕様となっているのも嬉しいですね♪

2位:アイラッシュカーラー 213

資生堂から販売されている『アイラッシュカーラー 213』です。
ワイドタイプという特徴があり、短いまつ毛もしっかりキャッチしてくれます。
シンプルな作りとなっているだけではなく、クッション性のあるシリコンゴムを採用していることもあり、無理なくカールができるという意見が多いです。

3位:アンプリチュード アイラッシュカーラー

ACROから販売されている『アンプリチュード アイラッシュカーラー』です。
やや深めのカーブが特徴的で、センターカールを強調したい人におすすめ!
高級感のあるゴールドカラー仕様となっていて、使う時にちょっとセレブ気分を味わえるかも♡
ゴムは固めとなっているので、あまり力を入れすぎるとまつげ自体に負担がかかってしまうので注意してくださいね。
私は力を入れすぎて、まつげが抜けてしまったことがあります……。

愛用者が多いビューラーランキング

こちらでは、愛用者が多いビューラーをランキング形式でご紹介します。
実際に他の人たちはどんなビューラーを愛用しているのか気になりませんか?
こちらでは、幅広い女性に愛用されているビューラーを紹介していきましょう!

1位:キャンメイク アイラッシュカーラー

井田ラボラトリーズから販売されている『キャンメイク アイラッシュカーラー』です。
612円というリーズナブルな価格だけではなく、まつげの端までしっかり拾えるビューラーです。
ゴムの固さなどはマイナス点に入りますが、カーブの適度さなどのメリットもたくさん♡
マイナス点があっても愛用者が多いのは、魅力のある点が多いからかも?

2位:SUQQU アイラッシュ カーラー

カネボウ化粧品から販売されている『SUQQU アイラッシュ カーラー』です。
これは万人向けとは言えないので注意が必要!
人を選ぶカーブとも言われていますが、ゆるやかなJカーブを利用することで上品な印象になります。
ただ、使い方によってはまつげを引っ張られる感覚があるという意見も…。

3位:ヒロインメイク アイラッシュカーラー N2

伊勢半から販売されている『ヒロインメイク アイラッシュカーラー N2』です。
まぶたに支柱が当たらないという点が高評価のポイント!
ワイドタイプということもあり、切れ長タイプの目元の人におすすめだそうです♡
細かな部分に気になるところはありますが、全体的には使いやすい特徴がありますよ!

リーズナブルなビューラーランキング

こちらでは、リーズナブルなビューラーをランキング形式で紹介していきましょう。
ビューラーは毎日使うからこそ、消耗して壊れやすいという人もいますよね。
こちらでは、買い替えやすいリーズナブルなものを紹介します!

1位:スプリングアイラッシュカーラーミニ

リヨンプランニングから販売されている『スプリングアイラッシュカーラーミニ』です。
持ち手などが他のビューラーと比較すると変わっていますが、仕上がりはまとまりがあります♪
クセがあるものですが愛用者が多いのはまとまりやすい特徴があるからかも。

2位:No.70 アイラッシュカーラー

コージー本舗から販売されている『No.70 アイラッシュカーラー』です。
ベーシックな作りとなっていて、自然なCカールに仕上げることが可能なアイテム♡
ただ、気をつけたいこととしてまぶたを挟みそうな作りという点…。
なぜなら、まつげを挟む部分が直線的でまぶたを巻き込んでしまう可能性があるのです。

他にもゴムが柔らかすぎることで、力と仕上がりが比例しないという意見も。
良い点もありますが、リーズナブルなだけあってデメリット部分があるのも否めません。

3位:アイラッシュカーラースプリングアシスト

グリーンベルから販売されている『アイラッシュカーラースプリングアシスト』です。
仕上がりなどは不満がないのですが、携帯しづらさがデメリット…。
一方、軽い力で均一にまつげに力をいれられるのは魅力的!
ただ、力を入れやすいことからつい力が入りすぎてしまう部分もあるようですね。

長く使えるビューラーランキング

こちらでは、長く使えるビューラーをランキング形式で紹介します。
長期間利用している愛用者が多いビューラーばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。
すべて私は使ったことがありますが、どれもリピートしやすい特徴がありますよ。

1位:アイラッシュ カーラー

マリークワント コスメティクスが販売されている『アイラッシュ カーラー』です。
マリークワントと言えばデイジーマークですよね。
こちらのビューラーにもチャームがついていて、可愛さをアップしています。

ただ、実際にビューラーを使う時はチャームが邪魔になるという意見もあるようです。
ビューラーとしての使い勝手は良いので、チャームが邪魔に感じる人は外してしまいましょう。
チャーム自体は取り外し可能となっているので、安心して下さい。

2位:エチュード マイビューティーツール アイラッシュカーラー

アモーレパシフィックジャパンから販売されている『エチュード マイビューティーツール アイラッシュカーラー』です。
まとまりのある仕上がりが期待できる反面、カールの弱さというデメリットがあります。
ただ、強くしすぎたくない人にとっては重宝するビューラーになるはず♡

税込みで363円という買い求めやすい価格なので、壊れた時も次を買いやすい特徴があります。
仕上がりに関してはプロが見ても「まとまりがあって上品になっている」と言われているので、コスパの高さもばっちり!

3位:セパレートコームラッシュカーラー

ノーブルから販売されている『セパレートコームラッシュカーラー』です。
まぶたの押し上げやすさに定評がありますが、凝ったデザインが裏目に出ている部分も…。

目幅が長い人はムラがでてしまうことがあります。
ムラが出てしまう理由としてコーム付きという特徴があるからでしょう。

またコームがついていることで、マスカラを付けた後に使いにくいという意見もあるよう。
ゴムの長さが短いこともあって、目幅が長い人はまつげ全体がバラついてしまう結果になるようです。
逆に目幅が短い人にとっては最適なアイテムと言ってもいいでしょう。

自分に適したビューラーを選ぼう!

ビューラーはどれを選ぶかでまつげメイクが成功するかが決まります。
自分のまつげや目幅に合っていないものを選んでしまうと、不自然な仕上がりになるだけではなくまつげ自体にもダメージを与えちゃうかも…!
そのため、しっかり自分の目幅やカーブに適したビューラーを選ぶことがとっても大切!

今回ご紹介したのはクセのあるもの、無難なものなどさまざまです。
それぞれの特徴を比較して、自分に適したビューラーを探すようにしてくださいね。
分からないことはビューティーアドバイザーに相談するのもひとつの方法です♪
TOP