初心者も簡単!つけまつげの付け方&コストをかけずデカ目になる方法とは?

初心者も簡単!つけまつげの付け方&コストをかけずデカ目になる方法とは?

近年ナチュラルメイクに人気が集まり、つけまつげを付けている人は少なくなりましたね。 つけまつげは濃いメイクと思われがちですが、マスカラより自然でナチュラルに見えます。 今回は、初心者でも簡単にできるつけまつげの付け方についてお教えします。 つけまつげで綺麗なデカ目に見えるポイントや、おすすめの種類もご紹介しますよ。
近年ナチュラルメイクに人気が集まり、つけまつげを付けている人は少なくなりましたね。
つけまつげは濃いメイクと思われがちですが、マスカラより自然でナチュラルに見えます。

今回は、初心者でも簡単にできるつけまつげの付け方についてお教えします。
つけまつげで綺麗なデカ目に見えるポイントや、おすすめの種類もご紹介しますよ。

つけまつげを付ける際に用意するものは?

つけまつげを付けるには、まずは使うものを用意する必要があります。
つけまつげだけを用意しても装着できないので、何が必要なのか把握しておきましょう。

ここでは、つけまつげを付ける際に用意するものについてお教えします。
100均、ドラッグストア、デパート、通販などさまざまな場所で購入できますよ。

①つけまつげ

つけまつげを付ける際にまず欠かせないのは、つけまつげ本体の用意です。
つけまつげには豊富な種類があって、自分の目のかたちやなりたい印象で決めます♪
長さのあるもの、ボリュームのあるのも、クロスタイプ、ショートタイプなどさまざま。
どんな種類のつけまつげを選ぶかで、全く違ったメイクに見えるので重要な部分です。

つけまつげは付け心地や、カラーバリエーション、部分用なども選ぶポイントです。
カットして使えたり下まつげ用もあったりするので、じっくり悩んで決めてください。

②つけまつげ専用のり

つけまつげを付けるには、つけまつげ専用ののりを用意する必要があります。
商品名がのりではなくグルーや接着剤といった表記もあるので、よく確認しましょう。
つけまつげ専用のりを選ぶ際は、取れにくいのりであるかが重要になってきます!
つけまつげは付けたまま外出するので、知らずに取れていたなんて恥ずかしいですよね。

つけまつげののりは、アイプチでも代用することが可能なので便利です。
アイプチを持っている人は、アイプチをのり代わりに使って装着する付け方もありますよ。

③ピンセット

つけまつげを付ける際は、ピンセットで微調整した付け方をするのがおすすめです。
ピンセットは必ずなくても手で付けることもできますが、使った方が綺麗にしあがります☆
つけまつげは目尻や目頭といった細かい部分にも付けるので、細部にはピンセットが便利。
また、手で付けるとのりが手に付いてつけまつげを汚してしまう可能性もあります。

ピンセットはケガの処置などに使うものでも、美容で使うものでも大丈夫です。
なるべくピンセットの先端が細めの方が、つけまつげの装着がしやすくなります。

初心者にも簡単なつけまつげの付け方は?

つけまつげを付ける際に用意するものが揃ったら、早速つけまつげを付けてみましょう。
つけまつげは最初のうちは付けにくくて、何度も苦戦して装着に時間がかかります。
何回か繰り返すうちにコツを掴んで、自分なりの付けやすさも覚えていきます。

ここでは、初心者も簡単に付けることのできる、つけまつげの付け方をお教えします♪

つけまつげのてっぺんにのりをつける

つけまつげは、のりの付け方で装着した後の印象が変わるので注意が必要です。
まずつけまつげに付けるのりの正しい場所を覚えて、それから装着してください!
つけまつげを置くとてっぺんに平らな面が出てくるので、ココがのりの付け位置です。
間違った場所へのりを付けると、逆さまつげになったり不格好なしあがりになります。

つけまつげは、上から見た際に平らな面に付けると覚えておくと分かりやすいです。
つけまつげののりは少量でもしっかり付くので、量の加減にも気をつけましょう。
はじめは白いのりが透明になったら装着の合図なので、これも覚えてくださいね。

ピンセットでまぶたの中央・目頭・目尻の順番で装着する

つけまつげののりが白から透明に変わったら、早速ピンセットで付けていきます。
つけまつげの装着はまぶたの中央が1番目で、次に目頭、目尻といった順番で付けます。
つけまつげはまつげの中央に先に付けると、全体が安定して装着がしやすくなります♪
最初はピンセットでつけまつげの中央を持って、黒目の上辺りに合わせて装着します。

つけまつげはこの最初の中央への装着で、全体をつけた後のしあがりが左右します!
目頭と目尻は、1~2mmほど上の辺りにピンセットを使って装着すると綺麗にできます。
瞬きすると目頭が取れやすく、1~2mm上に装着すると二重のラインが自然に見えます。

バランスを見ながら目のキワに装着されているか確認する

つけまつげを全体へ装着できたら、鏡を見て目のキワに付いているか確認します。
つけまつげは目のキワから離れてしまうと不自然に見えるので、注意して付けます。

キワへ装着できていないと、不格好に見えたり途中で取れてしまう可能性も。
1~2mm上辺りですが、なるべく目のキワ(生え際)を意識して装着すると良いです。

ナチュラルなつけまつげに見せる付け方のポイントは?

つけまつげは、つけまつげを装着しただけでは自まつげのように見えません。
マスカラ、アイライナー、アイシャドウなどのメイクと相まると自然に見えます♡

ここでは、ナチュラルなつけまつげに見せる付け方のポイントをお教えします。
普段のメイクをちょっと意識するだけなので、覚えて実践してくださいね。

マスカラを薄く塗ってつけまつげとなじませる

つけまつげをナチュラルに見せるポイントの1つ目は、マスカラを薄く塗ることです。
装着したつけまつげの下には自まつげもあるので、2つをなじませることがポイント♪
普段のように自まつげにマスカラを塗っていくと、つけまつげにもマスカラが付きます。

このとき「薄く」が大切で、濃く塗るとナチュラルにはならないので気をつけてください。

アイライナーは薄く引く

つけまつげをナチュラルに見せるポイントの2つ目は、アイライナーの描き方です。
普段は太く濃く描いているアイライナーを、やや細く「薄く」描くのがポイント♡
アイライナーを濃く描いてしまうと、つけまつげも濃い印象になって自然に見えません。
つけまつげを装着する際は、アイライナーも薄くメイクするとナチュラルです。

まつげ専用のりは付け過ぎない

つけまつげをナチュラルに見せるポイントの3つ目は、のりの付け過ぎに注意すること。
これは前項のつけまつげの付け方にもありますが、のりの付け過ぎは不格好に見えます!
のりが透明に変化するといっても、じっと見られたらはみ出しているのが分かります。
ナチュラルメイクに見せたいなら、のりは一塗りで不要な量は使わないのがおすすめ☆

つけまつげのおすすめの種類は?

つけまつげにはさまざまな種類があって、価格帯にも幅があります。
使い捨てなら100均の低価格な種類にすれば、コストもかからず経済的です。

ここでは、つけまつげのおすすめの種類をご紹介します!
何度も脱着が可能な磁石タイプもあるので、どんな種類があるかも必見ですよ。

①セリアのつけまつげ

セリアのつけまつげは、100均のつけまつげの種類のなかで人気の高い商品です。
つけまつげの毛が細すぎず太すぎず、それでいて100均とは思えないほどしっかり。
長さもちょうど良いので、装着した際にナチュラルで自然なしあがりに見えます。
年齢によるタレ目にも人気で、ある程度の期間で種類が変わる可能性もあります。

②ダイソーのつけまつげ

ダイソーのつけまつげは、100均のセリアの次に人気の商品で価格の安さも人気です。
100均のつけまつげは何といってもコスパの良さ!まとめ買いしても安いのも良いですね。
ダイソーのつけまつげは種類が多く、ショートやロングやボリュームなど選べます。
自まつげとなじむクロスタイプや、ナチュラルと記載もあって選びやすさも評判ですよ。

③Coyps ビューティー 磁気つけまつげ

Coypsのビューティー 磁気つけまつげは、何度も脱着できる磁石タイプのつけまつげ♡
自まつげに挟んで装着するので、のりで汚れることもなく装着の手間もかかりません。
使い捨てでないのもコストがかからず良いです。ロングタイプで一重も二重もOKです。
装着に失敗しても何度でもやり直しが利き、のり不要なのでまつげに優しいです。

磁石タイプのつけまつげは購入時は少し価格が高めですが、繰り返し使えて経済的です。
お泊りや外出先など時間のない状況でもササっと装着できるので、のりタイプと併用して臨機応変に使い分けた使用もおすすめですよ。

④ディー・アップ アイラッシュクロス305

ディー・アップのアイラッシュクロス305は、毛がミックスタイプになっています。
長短の毛がミックスされていて、クロスタイプとストレートの混合なのもポイント♡
毛量がちょうど良いので、学校や職場にも気にせず装着していけるのも評判です。
一重でも二重でも使えるタイプで、ディー・アップのつけま専用のりもおすすめです。

⑤コージー本舗 スプリングハート アイラッシュ

コージー本舗のスプリングハート アイラッシュは、種類が豊富なつけまつげです☆
なかでも人気はナチュラルの種類で、ハートのかたちをしたケースもおしゃれ。
毛の長さやボリュームが自然で、装着しているのか分からなくなるほど付け心地良いです。
つけまつげの軸の部分に強度があるので、繰り返し使ってもかたちが崩れません。

つけまつげの付け方をマスターしてナチュラルなデカ目に見せましょう

初心者にも簡単にできる、つけまつげの付け方をお教えしました♪
つけまつげを付けるには、つけまつげ以外にも用意するものがあります。
つけまつげの付け方は慣れるまで時間がかかるけれど、徐々にコツは掴めます。
最後にポイントを押さえてつけまつげをしあげると、ナチュラルで自然に見えます。

つけまつげは種類が豊富にあって、100均の商品はコストも安くて人気です。
選ぶ種類で見た目の印象が変わるので、慎重に選ぶことがおすすめです。
TOP