タスマガジン|副業を頑張る人のお金の情報マガジン

いちご鼻の原因とケア方法について解説

いちご鼻の原因とケア方法について解説

「鼻の毛穴が黒くポツポツしている…」 そんないちご鼻に悩む女性は多いのではないでしょうか。なかなか治らないいちご鼻は、もしかするとケアの方法が間違っていることが原因かもしれません。 今回はいちご鼻のタイプ、原因とケア方法を解説します。きれいな素肌を手に入れるため、一緒にチェックしていきましょう。

「鼻の毛穴が黒くポツポツしている…」

そんないちご鼻に悩む女性は多いのではないでしょうか。なかなか治らないいちご鼻は、もしかするとケアの方法が間違っていることが原因かもしれません。

今回はいちご鼻のタイプ、原因とケア方法を解説します。きれいな素肌を手に入れるため、一緒にチェックしていきましょう。

いちご鼻とはどんな状態?

「クレンジングと洗顔で汚れをきれいに落としたはずなのに、鼻まわりの毛穴が目立つ…」

そんな経験はありませんか?洗顔後やメイク前に素肌をチェックしていて、鼻まわりの黒い毛穴を見つけるとショックですよね。

鼻の頭や小鼻にポツポツとした毛穴が目立ち、鼻全体がいちごのようになっている状態をいちご鼻といいます。いちご鼻は毛穴の詰まりなどによって引き起こされる肌トラブルです。毛穴からは皮脂が分泌されますが、分泌量のバランスが崩れると、テカリや角栓の詰まりなどの問題が生じ、それがいちご鼻となります。

いちご鼻で悩む人のなかには、頑張ってケアしているのに治らない人もいるでしょう。でも、ケア方法によっては、逆にいちご鼻を悪化させている可能性もあるんですよ。いちご鼻を治し、ツルツル素肌を目指すためには、その原因を知って正しい対策をすることが大切です。

いちご鼻の種類

いちご鼻には種類があり、大きく3つに分類されます。それぞれの種類について特徴を見ていきましょう。

いちご鼻の種類→角栓詰まりタイプ

毛穴の角栓が詰まり、酸化して黒ずみが生じたために毛穴が目立っている状態です。古い角質と皮脂が混じり合ってできた角栓が毛穴に詰まり、時間が経って酸化すると黒ずみ、いちご鼻になってしまいます。

角栓詰まりタイプの特徴は次のとおりです。自分に当てはまるかどうか確認してみましょう。
●鼻に触れるとざらついた感触が気になる
●肌のテカリが気になる
●毛穴に黒や白のポツポツとしたものが詰まっている

いちご鼻の種類→メラニンタイプ

毛穴まわりの色素にメラニンが沈着し、シミになって黒ずんでしまうタイプです。シミが毛穴を囲んでおり、毛穴ジミとも呼ばれます。

メラニンタイプの特徴は次のとおりです。

●鼻に触れてもザラザラしない
●角栓を除去しても黒ずみが残る
●毛穴まわりに茶色いシミのようなものが見える

毛穴周辺のメラニン色素沈着が原因となるため、角栓に汚れがあるわけではなく、角栓をきれいにしても治りません。

いちご鼻の種類→開き毛穴タイプ

周りの角質が厚くなって皮膚が硬くなり、角栓を抜いても元に戻らず開いたままになった毛穴を指します。中に詰まっているものがなくても毛穴が開いているため、毛穴に影ができて黒く目立っている状態です。

開き毛穴タイプの特徴は次のとおりです。

●保湿をしても毛穴が開いている
●角栓を除去しても毛穴が開き黒く目立つ

通常、毛穴は皮脂の分泌時以外は閉じていますが、乾燥や保湿によって閉じにくくなっているのが開き毛穴タイプの特徴です。

いちご鼻の原因について

そもそも、なぜ毛穴の角栓詰まりや、メラニンの色素沈着が起こってしまうのでしょうか。いちご鼻になる原因を5つの観点から解説します。

原因①メイクの厚塗り

ファンデーションをしっかり塗って毛穴を隠そうとすると、角栓詰まりタイプのいちご鼻を引き起こす原因となります。

カバー力があり落ちにくい化粧品を使っているとクレンジングで落としきれず、毛穴にメイクが残り、酸化して黒ずみの原因となります。しっかりとメイクを落とせば問題ありませんが、メイクでカバーすることによって悪循環を生むことがあると認識しておきましょう。

原因②間違ったクレンジング・洗顔

間違ったクレンジングや洗顔は角栓詰まりの原因になります。

クレンジングの洗浄力が強すぎると皮脂を取りすぎてしまい肌が乾燥し、肌が過剰に皮脂を分泌するため詰まりが起きやすくなります。反対に、濃いメイクに対して洗浄力が弱いと、汚れが残り、毛穴詰まりにつながるため要注意です。また、メイクをしっかり落とそうと長時間クレンジングをすることも、摩擦と乾燥で毛穴詰まりを引き起こします。

クレンジング同様、洗顔でも汚れをきれいに落とそうと長時間ゴシゴシ洗うことは、汚れ戻りや摩擦が起こるため逆効果です。皮膚は摩擦から守るために皮脂を余計に分泌したり、角質を溜め込んだりするため、毛穴詰まりの原因となります。

洗顔料の種類にも注意が必要です。スクラブ洗顔や酵素洗顔は毛穴ケアに効果的とされていますが、洗浄力が強いため、日常的に使用すると肌が乾燥してしまいます。皮脂の過剰分泌につながるため、週に1度など間隔を空けて使用するのがオススメです。

原因③ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーとは、古い角質が自然にはがれ、表皮の細胞が新しく入れ替わることです。ターンオーバーが乱れることによって、古い角質やメラニンがスムーズに排出されずに肌トラブルが発生し、毛穴の詰まりやメラニン色素の沈着が起こります。

ターンオーバーが乱れる要因は、次のとおりです。

●生活習慣の乱れ(睡眠不足、偏った食生活、運動不足など)
●間違ったスキンケア
●乾燥
●加齢
●紫外線ダメージ

スキンケアや紫外線ダメージなどの外的要因だけでなく、食生活など内的要因も関係します。

原因④紫外線ダメージ

紫外線ダメージは毛穴を開きやすくしてしまい、角栓詰まりとメラニンの色素沈着の両方を誘発します。

そもそも角栓は白い色をしていますが、紫外線を浴びることで酸化して黒ずみになってしまいます。この黒ずみが目立つことがいちご鼻の原因です。

また、紫外線がシミの原因となるように、毛穴ジミとも呼ばれるメラニンタイプは紫外線ダメージから発生します。肌は紫外線を浴びることによって過剰にメラニンを分泌するため、ターンオーバーの乱れなどによってメラニンが排出されないと、色素沈着が起こってしまうのです。

原因⑤炎症や加齢で開いた毛穴が戻らない

詰まった角栓を抜いたり、ニキビをつぶしたりすると毛穴が開きます。角栓やニキビは肌にとって異物や雑菌に触れている状態のため、毛穴内部は傷ついており、すぐに毛穴が戻りません。このときに保湿など正しいスキンケアをおこなわないと、毛穴が開いて傷ついたままになってしまいます。

また、加齢によるたるみも開き毛穴の原因になります。年齢を重ねることで肌のハリが失われ、肌の一番上にある毛穴も同時に緩み、下に引っ張られて開いた状態のままになります。

いちご鼻の効果的なケア方法

いちご鼻になってしまったら、どのように対処すれば良いのでしょうか。ここでは、効果的なケア方法を5つ紹介します。

ケア方法①正しいクレンジング

ファンデーションの濃さにあわせてクレンジングをしましょう。落ちにくいメイクの際は洗浄力の強いオイルタイプなどを使用し、メイクが薄いときにはミルククレンジングなどを使用するのがおすすめです。

ただし、オイルタイプのクレンジングは乾燥しやすいため、乾燥が気になる方はオイル化するミルクタイプやジェルタイプが最適です。

メイクを落とす際は、十分な量を手に取って優しくメイクと馴染ませます。小鼻は汚れが残りやすいため、薬指でなでていきましょう。

また、洗い流す前に少量の水を加えて白く乳化させることで、汚れが落ちやすく清潔になります。すすぐときには、お湯が熱すぎると肌が乾燥してしまうため、32℃程度のぬるま湯を使用しましょう。

なお、メイクを落とさずに寝るのはもってのほかです。毎日必ずクレンジングと洗顔をして汚れを落とし、肌を休めることが必要です。

ケア方法②正しい洗顔

洗顔はやさしく、なでるようにおこなうことがポイントです。

洗顔料をよく泡立て、手のひらを下に向けても落ちないくらい固い泡をつくります。皮脂が多いTゾーンを洗い、フェイスラインと目のまわりなどの細かい部分も洗っていきます。すすぐ際は、クレンジング同様32℃程度のぬるま湯を使用し、最後はタオルでやさしく拭き取りましょう。

洗顔は夜だけでなく、朝もおこなうことが大切です。寝ている間も皮脂や汚れは溜まります。朝晩欠かさず続けることがいちご鼻解消への近道です。

なお、毛穴ケアにおすすめの洗顔料は、古い角質を柔らかくする作用のある酵素洗顔です。ただし、洗浄力が強いため、週に1度などのスペシャルケアとして使いましょう。

ケア方法③たっぷりと保湿

いちご鼻にとって乾燥は大敵です。それを防ぐために十分な保湿をしましょう。

洗顔後はすぐに保湿をすることが大切です。乾燥した状態では、肌が過剰に皮脂を分泌してしまうため、せっかくクレンジングと洗顔で汚れを落としても意味がありません。

また、保湿をすることで、ターンオーバーを整えることにもつながります。詰まりタイプ・メラニンタイプともに、たっぷりと保湿をするのがポイントです。

ケア方法④効果的な基礎化粧品を使用する

毛穴ケアに効果的な化粧品を使うことも重要です。

メラニンタイプのいちご鼻の場合、美白効果のある基礎化粧品を使用しましょう。プラセンタエキスやビタミンC誘導体などの成分が含まれたものを使うことで、メラニン色素の生成を抑制し、色素沈着を解消することにつながります。

また、角栓が詰まっていちご鼻になっている場合は、ホホバオイルでのケアも試してみましょう。頑固な皮脂の汚れや固まった角栓を浮き上がらせることができます。

自分の毛穴タイプを把握し、それに適したケアをおこなうことが大切です。

ケア方法⑤紫外線対策

いちご鼻の原因となる紫外線は、日常的に対策を取っていきましょう。基本的な紫外線対策は次のとおりです。

●屋内でも日焼け止めを使用する
●外出時は日傘・帽子・サングラスなどを使用し、露出は控える
●紫外線を浴びたあとは保湿を徹底する
●なるべく日陰を歩く
●冬や曇りの日も紫外線対策をする

紫外線のダメージは1年中あり、日々蓄積されていきます。そのため、今日からでも対策をすることが重要です。

種類に応じた適切なケアをおこない、いちご鼻を解消しよう!

ツルツル素肌は女性の憧れですよね。いちご鼻を治してきれいな肌を手に入れるためには、まず肌の状態を知り、それに合ったケアをすることが大切です。

いちご鼻には種類があり、それによって原因と対策が変わってきます。正しいクレンジングや洗顔をおこない、自分の毛穴タイプに効果的な基礎化粧品を使ってケアしましょう。また、日常的な紫外線対策やターンオーバーの乱れを防ぐために生活習慣を整えることも大切です。

いちご鼻の解消は一朝一夕では叶いません。自分にあったケアを日常に取り入れ、ツルスベ肌を目指しましょう。

TOP