タスマガジン|副業を頑張る人のお金の情報マガジン

スキンケアで肌荒れの予防改善!化粧水と乳液の選び方を解説♪

スキンケアで肌荒れの予防改善!化粧水と乳液の選び方を解説♪

肌荒れは誰もが避けたいと思うトラブルですよね(>_<)毎日のスキンケアをしっかりしていれば、肌荒れの予防対策ができますよ♪今回は肌荒れ対策にぴったりな化粧水と乳液の選び方を、詳しく解説していきます(^ω^)

肌荒れは誰もが避けたいと思うトラブルですよね(>_<)毎日のスキンケアをしっかりしていれば、肌荒れの予防対策ができますよ♪今回は肌荒れ対策にぴったりな化粧水と乳液の選び方を、詳しく解説していきます(^ω^)

スキンケアはなぜ大切なの?

肌荒れ予防はスキンケアが基本と言われていますが、それは何故なのでしょうか?多くの美容家が毎日スキンケアを行っていますが、確かに肌荒れが無くキレイなビジュアルですよね!まずはその理由について見ていきましょう!

バリア機能が整う

肌が十分うるおっている状態になると、バリア機能が整います。バリア機能とはその名の通り、肌が傷付かないように「バリア」をする機能のことです。例えば肌荒れやエイジングサインなどあらゆるトラブルを防いでくれます。

バリア機能が働いていないと、肌がダメージを受けやすい状態になり、どんどん状態が悪化していきます(>_<)当然肌荒れを引き起こしてしまう結果となるため、スキンケアでうるおいを与えることは大切なのです!バリア機能があってこそ、美しい肌が維持できるんですよ(´ω`)

ニキビができにくくなる

ニキビができる原因として代表的なのは、毛穴詰まりです。スキンケアを疎かにしていると、皮脂が過剰に分泌されるようになり、毛穴に詰まっていきます。その結果、大量のニキビができてしまうのです(:_;)肌を大切にしている女性にとっては、絶対に避けたい事態ですよね!

もちろんスキンケアをしていても、ストレスやホルモンバランスなどが原因で、ニキビができてしまうことはあります。しかし、バリア機能がある程度整っていれば、スキンケアで予防が可能なのです!ニキビの予防には、スキンケアが欠かせません。

ターンオーバーが正常になる

肌の生まれ変わりであるターンオーバーは、肌をいつも健康な状態にしてくれる仕組みです。しかし、ターンオーバーの機能が乱れてしまうと、肌荒れが起こりやすくなってしまいます!ターンオーバーを正常化させるためには、肌をしっかり保湿することが重要なのです(^^)

ターンオーバーは、シミやたるみなどのエイジングサインを予防する働きもあります。アラサーにとってはとても重要な働きなので、スキンケアは毎日行わなければなりません!肌荒れや老化現象などがほとんどない、美しい肌を目指しましょう♪♪

化粧水や乳液の選び方

化粧水や乳液などは、色々なメーカーから販売されていますよね。しかもタイプがそれぞれ異なるので、どんな商品をチョイスするべしか悩んでしまいがちです(>_<)まずはスキンケア用品を選ぶうえでのポイントを押さえていきましょう♪

敏感肌用がおすすめ

化粧水のパッケージに、「敏感肌用」と記載されてあるのを見たことはありませんか?この敏感肌用の化粧水や乳液などは、肌に優しい成分が使われているので、刺激性が少ないのです。さらに、バリア機能を維持するために大切な成分が配合されており、肌荒れ予防に効果的と言えます(´ω`)

しかも、製造工程でパッチテストが行われており、安全性が非常に高いという点も魅力です。できる限り肌荒れのリスクを避けるという意味では、まさに最適なアイテムと言えるでしょう(`・ω・´)

自分の肌タイプに合わせる

敏感肌用の商品にも色々なタイプがあるので、自分の肌質にマッチしたものを選びましょう。例えば肌が乾燥しやすい場合は乾燥肌タイプ、油分が気になりやすい場合は脂性肌タイプがおすすめです。もちろん敏感肌用であれば、どのタイプにも肌荒れ予防の効果が期待できますよ♪

自分の肌状態にぴったりな化粧品を使っていると、肌を効率よくお手入れできるようになります。正しくお手入れできていれば、バリア機能がより整いやすくなるので、まずは自分の肌タイプがどれなのかを考えてみてください。

皮膚安全性試験が行われているかチェック

皮膚安全性試験の有無は、化粧品を選ぶうえでの大切なポイントです!例えばよく聞きなれた「アレルギーテスト」は、パッチテストを行うことで、肌にアレルギー反応が起こらないかをチェックしています。これまで化粧品でアレルギー反応が起こったことがある人は、注目しておいたほうが良いでしょう。

また、ニキビができやすい場合は、「ノンコメドジェニックテスト」が行われているかを確認しましょう。これは、ニキビの原因になる「コメド」ができやすいかどうかを、テストされている証拠になります。

化粧品が肌に合っていないときはどうなる?

化粧水や乳液が肌に合っていないときは、どんな反応が起こるのでしょうか?肌荒れを防ぐためには、自分にその化粧品が合っているかを判断することも大切です!これから紹介する症状が現れている場合は、肌に合っていないことが考えられるので、他の商品に変えましょう!

ヒリヒリと痛む

スキンケアの後に肌がヒリヒリと痛む場合は、化粧品が合っていないことが考えられます。特に、その化粧品を塗った直後に痛むときは、肌が刺激を受けている証拠と言えるでしょう。この場合はすぐに洗い流し、他の化粧品で代用してください。

痛みはあくまでも一時的なものなので、すぐに洗い流せば治まることがほとんどです。しかし、もったいないからと洗い流さずにいると、痛みがそのまま続いてしまいます(>_<)せっかく買った化粧品だからと我慢せずに、必ず洗い流してくださいね!

かゆくなる

かゆみが起こったときも、化粧品が合っていないことが考えられます!一部分だけではなく、顔全体がかゆく感じる場合は、成分が肌に合っていない可能性が高いのです。この場合も洗い流して対処しましょう。

かゆみも痛みと同様、ある程度時間がたつと治まります。かゆいからといって絶対に摩擦したり、爪で引っかいたりしないでください!肌が余計に傷んでしまい、バリア機能が極端に低下してしまいます(:_;)最悪の場合は怪我をしてしまうことも考えられるので、最初はかゆくても、自然に治まるまで待ちましょう。

赤くなる

肌表面が赤くなった場合は、成分に対して肌が拒否反応を示している可能性があります。ただ赤いだけではなく、少し腫れぼったく感じる場合は要注意です!洗い流した後は、できれば薬を塗って応急処置をしておきましょう。

赤みをそのままにすると、色素沈着で痕が残ってしまう可能性があります!肌が炎症を起こしている状態なので、かゆみや痛みとは違って、早急に改善することが難しいのです。ドラッグストアにある薬で十分なので、すぐに対策をしましょう。心配な場合は皮膚科に行って、詳しく診断してもらうのもおすすめです。

スキンケアのコツについて

肌荒れの予防改善のためには、まずスキンケアのコツを抑えることが大切です。これはどんな化粧水や乳液を使うことになったとしても、基本の考え方となります。いつもキレイな肌でいるためにも、コツを覚えておきましょう(´ω`)

洗顔したら早めに化粧水を使う

洗顔後は肌表面の保湿成分や油分などが、すっきりと洗い流されている状態です。そのため、放置しているとどんどん乾燥してきてしまいます(>_<)冬場だと湿度が非常に低いので、10分放置しただけでカサカサになることもあるんですよ!

洗顔後、もしくはお風呂から上がった後は、すぐに化粧水をつけましょう!保湿をある程度済ませてしまえば、肌がどんどんカラカラになってしまう心配はありません。また、洗顔後は水分が足りていない状態なので、化粧水はたっぷり使いましょう♪

乳液で蓋をするのを忘れずに

化粧水を使った後は、必ず乳液を使ってください。乳液は保湿をするだけではなく、化粧水が蒸発しないよう、蓋をする役割があります!乳液には油分が含まれているので、肌表面を優しくカバーすることができるんです♪

脂性肌の人は、油分が含まれた化粧品を使うことに抵抗を感じやすいのですが、むしろ乳液は使ったほうが良いのです。油分を全く与えないと、余計に肌が油分を過剰分泌してしまいます(:_;)乳液やクリームなどを使っておらず、肌がベタベタするという場合は、もしかするとこれが原因かもしれませんよ!

摩擦をしないように注意

化粧水や乳液などをつけるときは、手で優しくおおうように意識してみてください。しっかり浸透させたいからと言って、手でこするのは逆効果です。肌にダメージがかかってしまい、バリア機能が低下してしまいますよ(>_<)

また、コットンもできる限り使わないようにしたほうが良いですよ。コットンで肌をこすることも、摩擦による刺激となります!化粧水をコットンに染み込ませて、パックのように使うのであれば問題ありません。その場合はただ肌を包み込むだけにして、こすらないように注意してくださいね(^^)

季節によって化粧品を変えてみる

夏は油分が気になりやすく、冬は乾燥が気になりやすいですよね!季節によって環境が変わると、当然肌状態も変化します。環境の変化に合わせて、化粧品を変えてみましょう(^^)

例えば冬は保湿成分がたっぷり配合された、敏感肌用化粧品がおすすめです!湿度が低くても乾燥しにくくなり、バリア機能が常に整った状態になりますよ♪

肌荒れを防げる化粧水と乳液を選ぼう!

いかがでしたでしょうか。肌荒れの予防改善には、スキンケアが重要だと分かりましたね。乳液や化粧水などの選び方は、ポイントを知っておけば難しいことはありません。ぜひ日常生活の中で実践してみてくださいね(´ω`)

TOP