タスマガジン|副業を頑張る人のお金の情報マガジン

マスクに日焼け防止効果はある?紫外線に強いマスクの選び方も解説

マスクに日焼け防止効果はある?紫外線に強いマスクの選び方も解説

ここ数年、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、マスクの着用が当たり前になってきました。そんな中マスクの着用で日焼け防止効果はあるのか?など、疑問の声も増えています。たかがマスクと思いますが種類やカラバリも豊富で、ファッションの一部になっています。 今回は、マスクに日焼け防止効果はあるのか?マスク選びのポイントも解説します。

ここ数年、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、マスクの着用が当たり前になってきました。そんな中マスクの着用で日焼け防止効果はあるのか?などといった声も増えています。

たかがマスクと侮るなかれ、イマドキマスクは種類やカラバリも豊富!ファッションの一部になっています。そんなマスクで日焼けまで防げたら最高なのに…と思ったことがある人も多いのでは?
今回は、マスクに日焼け防止効果はあるのか?マスク選びのポイントも解説します。

マスクの日焼け防止効果は?

マスクに日焼け防止効果はあるのか?という疑問ですが、実際のところ、完全に100%の紫外線を防止することはできません。紫外線は四方八方から浴びるので、どこかに必ず入り込む箇所があります。

ですがマスクには日焼け防止に対応した種類もあるので、日焼け止めと併用すれば大丈夫!
ここでは、マスクの日焼け防止効果について解説します。

不織布マスクに日焼け防止効果は無い

一般的に多く使われる不織布マスクは、日焼け防止効果は無いといわれています。化粧品会社の調べによると、マスクが当たらない部分はもちろんですが、マスクで覆われている頬や顎部分も、わずかな隙間から紫外線が侵入することが分かったようです。

マスクのほかに帽子やサングラスといった紫外線対策のアイテムを使用しても、隙間から紫外線が侵入するという結果が出ました。不織布マスクのみで日焼け防止は難しいようです。残念…!

UVカットマスクは日焼け防止効果が高い

不織布マスクは日焼け防止が難しいとお話ししましたが、UVカットマスクなら日焼け防止に対応できることも分かっています!UVカットマスクは素材に紫外線を反射してくれる成分が編み込まれているので、不織布マスクとは異なり紫外線防止の加工が施されています。

UVカットマスクは不織布マスクと見た目が変わらないのもポイントで、普段通りに着用できます。紫外線対策ができるように大きめサイズに作られているので、顔がすっぽり隠れて目の下や顎の下など肌が出ないように配慮されています。耳や首を隠す種類もありますよ♪

マスクだけでは防げない紫外線の対処も必要

不織布マスクは日焼け防止の効果は低く、UVカットマスクは日焼け防止効果に優れていることが分かったと思います。けれど、マスクの着用だけで100%紫外線を防止するということはかなり難しいです。本来の塗る日焼け止めやスプレーを併用することがおすすめです☆

マスクを着用する前に日焼け止めを塗って、その後UVカットマスクを着用するのが理想的です。マスクを着用するとマスクと肌が擦れるので、その部分の日焼け止めは取れやすくなります。マスクが触れる部分は厚めに日焼け止めを塗って対処することが必要です(^^)

日焼け防止効果のあるマスクの選び方は?

少しでも日焼け防止効果の高いマスクを望むなら、ポイントを押さえて選びましょう。不織布マスクもUVカットマスクも同じでしょ?と思っている人も、紫外線対策に特化したマスクは塗る日焼け止めに劣らず、UV数値や機能性がしっかり表記されていて驚きますよ。

ここでは、日焼け防止効果のあるマスクの選び方について解説します。

UPF・紫外線遮断率の数値を確認

日焼け止めクリームにはSPFという表記がありますが、UVカットマスクにはUPFという表記があります。紫外線遮断率〇%という表記か、UPF値の数値が表記されています。

マスクで日焼け防止効果を狙うなら、紫外線遮断率90%以上かUPF値50+のどちらかをポイントに選ぶことがおすすめです(*^^*)

着用シーンで選ぶ

マスクで日焼け防止効果を望むなら、当日の着用シーンで選ぶことが重要です!塗る日焼け止めを併用することが前提ですが、近所や職場の通勤なら通常のノーマルマスクがおすすめです。見た目も普通のマスクで、周りからの視線を気にせず過ごすことができます。

アウトドアや長時間屋外に居ることが多いシーンでは、サイズが大きめで耳や首まですっぽり隠してくれるUVカットマスクがおすすめです。隙間をなるべく作らず隠すことで、紫外線の侵入を防いで日焼け防止効果を高めることができます☆

日焼け防止効果以外の機能性も確認

マスクで日焼け防止効果を狙う際に、マスクの紫外線防止率ばかりに意識がいってしまいます。UVカットマスクでUPF値と、紫外線遮断率の数値が高い種類を選ぶことが大切ですが、それ以外のマスクの機能性についても確認することがポイントです!

例えば花粉やPM2.5を遮断する種類、メイク崩れを防止できる種類、汗や水に対する速乾性や通気性の良さのある種類など、日焼け防止効果以外の機能も考慮するとより快適にマスクを装着することができます♡季節に応じて種類を変えるなどして対応しましょう。

日焼け防止効果の高いマスクと塗る日焼け止めを併用しましょう!

マスクに日焼け防止効果はあるのか?マスクの選び方についても解説しました。

マスクには、不織布マスク、ガーゼマスク、布マスクなどがあって、これらは隙間から紫外線が侵入する可能性が高くて紫外線防止効果は低いといわれています。

紫外線に効果が優れているのはUVカットマスクで、素材に紫外線を遮断する成分が織り込まれているので、日焼け防止効果が高くなります。

どのマスクもマスクだけで完全に紫外線を遮断するには心細いので、塗る日焼け止めと併用した使い方が理想的です。そのほかの機能性にも目を向けて選ぶこともポイントですよ♪

TOP