タスマガジン|副業を頑張る人のお金の情報マガジン

夏の肌荒れの原因を解明。しっかり対策して夏でも涼しげなうるツヤ肌に

夏の肌荒れの原因を解明。しっかり対策して夏でも涼しげなうるツヤ肌に

気温がぐんぐん上がって暑くなる夏は、顔に汗をかいたり、皮脂が分泌されやすくなるから、一見肌はうるおっているように思いますよね。けれど、何となく夏の間は肌が荒れてる…って思うことはありませんか?カサついたり、吹き出物ができたり、すごくオイリー肌にかたよってしまったり。実は、夏ならではの肌トラブルって案外多いんです。トラブルの原因や、対策をチェックして、暑い夏でもツルツルのしっとり肌をめざしましょう!

気温がぐんぐん上がって暑くなる夏は、顔に汗をかいたり、皮脂が分泌されやすくなるから、一見肌はうるおっているように思いますよね。けれど、何となく夏の間は肌が荒れてる…って思うことはありませんか?カサついたり、吹き出物ができたり、すごくオイリー肌にかたよってしまったり。

実は、夏ならではの肌トラブルって案外多いんです。トラブルの原因や、対策をチェックして、暑い夏でもツルツルのしっとり肌をめざしましょう!

実は夏の肌は乾いてる!インナードライ肌に注意

寒くて空気が乾く冬は、肌が乾燥するからリッチな化粧水や乳液で潤いを補給しなきゃ!って思いますよね。けど湿度も高くてムシムシした夏は、顔も汗や脂でベトベト。それがイヤで、どうしてもスッキリした軽めの化粧水だけのケアや、さっぱりしたジェルや、ついつい乳液やクリームなどの油分を省いてしまったりしていませんか?

加えて夏って、汗をかいて蒸発する時に必要なうるおいも奪われてしまったり、肌表面の温度が高くなるから、夏の肌って実はすごくカラカラに乾燥しているんです。

エアコンによる湿度の低下

暑い夏には大活躍のエアコンは、空気中の湿度を低下させて、カラリとした涼しい空間を作ってくれます。けれどこれは肌を乾燥させる原因に。けれど、最近はエアコンがない夏なんて考えられないですよね。寝苦しい夜は一晩中付けっぱなしなんてこともあります。日中もエアコンは必須。

これって、一日中肌がずーっと乾かされている状態になっちゃうんです。場合によっては、空気が乾燥する真冬よりも湿度の低い環境に、常に肌がさらされている状態にあるというわけ。

汗も実は肌の大敵

暑くて顔に汗をかいても、お化粧がとれてしまったりするから、なかなか汗をこまめに拭くことってできませんよね。汗をそのままほったらかしにしていると、汗が蒸発する時に肌の温度と一緒に水分も一緒に奪っちゃうんです。また、汗には塩分が含まれているから、塩分はそのまま肌にとどまって乾いてしまって、かゆみや湿疹などの肌荒れの原因にもなってしまいます。

顔にかいてしまった汗はティッシュなどで抑えてやさしく拭き取って。そうすれば肌への刺激も少ないし、ファンデーションが落ちてしまうこともありませんよ。日中なら、ティッシュで汗や皮脂を押さえてからフェイスパウダーやパウダーファンデーションを重ねて。そうすれば化粧崩れも防げて一日中涼しいテカリ知らずの肌を演出できます。

夏はついつい乳液やクリームを省きがちに

気温が高くなると、皮脂が分泌されやすくなります。だから肌の表面がベトベトと脂っぽくなるから、乳液やクリームなどの油分をついサボってしまいたくなるんですよね。けれど、夏の肌は冬の間と同じように乾燥しがち。そのままほうっておくと、脂っぽいけれど肌は乾いてカサカサ…なんてオイリードライ肌にかたよってしまいます。

オイリードライ肌になってしまうと、かさついているのに吹き出物が出たり、ギトギトと脂ぎっているのにカサついた肌になって、肌荒れしやすくなってしまうことも。

偏食による栄養不足で肌も疲労する

暑い夏は冷たい飲み物や食べ物を選びがち。そうすると内臓が冷えて体全体の体温や代謝が下がってしまいます。もちろんこれは肌にも悪影響。また、最近は夏のひどい暑さで食欲がめっきり落ちてしまいますよね。そんな時にあっさりとしたそうめんやサラダなど、かたよった食事ばかりしていると、タンパク質やミネラルなどの肌の栄養も不足してしまいがち。そうなると肌荒れや乾燥肌の原因になります。

食べ物によって肌は作られていますから、きちんとバランスの取れた食生活ってとても大切なんですよ。

マスクも実は肌への刺激になる

外出時はずっとマスクをしている状態が続いていますよね。実はマスク自体の肌への摩擦が肌への刺激となって肌荒れの原因にもなるんです。それにマスクの中は常に高温多湿状態。加えて夏には長時間マスクをつけることによって皮膚の表面温度が上昇します。すると汗や皮脂の分泌が促されて、ニキビや吹き出物の原因となるアクネ菌が活性化。

マスクをつけることによってニキビや吹き出物ができやすくなった、という人も多いんです。

うっかり日焼けは肌トラブルの原因に

夏に一番気になるのは紫外線!という人も多いのでは。とにかく夏の間に日焼けによるシミやそばかすが急に増えてしまうなんて絶対にイヤですよね。

肌にダメージを与える紫外線のピークは7~8月。日焼けをすると肌表面のバリア機能が損なわれてしまい、乾燥肌の原因に。また敏感肌にも偏りやすくなって、ちょっとした刺激で肌荒れを起こしてしまいます。

紫外線予防と肌のバリア機能を整えるケアは必須

日焼け止めなどの紫外線ケアや美白ケアと同じくらい夏の肌で大切なのは、肌のバリア機能を強化することです。

角質層にうるおいを蓄えることで保っている肌のバリア機能は、紫外線のダメージや乾燥であっという間に失われてしまいます。すると肌がカサついたり、敏感肌にかたよってしまったり、肌荒れの原因になってしまうんです。

日焼けしてしまったら

肌が赤くなるほど日焼けをしてしまった場合は、肌がやけどをしている状態なので、濡れタオルなどで冷やして炎症をしずめてあげるのが一番。

紫外線で肌のバリア機能も落ちているから、成分が強いトーニング系の化粧品やホワイトニングなどの化粧品は、肌の炎症が治まってからの方が安心ですよ。また、日焼けをすると体力も落ちているから、ビタミンなどを摂って内側からのケアも万全に!

日焼けしないための小物も活用して

夏には必須の日焼け止めが肌荒れの原因になることもあります。最近は肌にやさしい成分の日焼け止めが多く出ていますが、それでも日焼け止めはできるだけ塗りたくない。けれど日焼けはもっとしたくない。

そんな人は日傘やサングラス、UV効果のあるマスクなどで肌を紫外線から徹底ガードして。

夏の乾燥や肌トラブルを防ぐには

夏の肌荒れの原因って、意外に多いことに気づきますよね。けれど、その対策として何も特別なケアをしなきゃいけないわけじゃないんです。やっぱりスキンケアの基本はまず保湿。

たっぷり水分を含んだ肌はそれだけでツヤがあって、明るく見えますし、肌自体に体力をつけてあげたら少しの刺激や乾燥にも負けない、強い健康な肌が叶います。そうすれば紫外線や乾燥、汗や皮脂にも負けない肌に!

皮脂をとりすぎない優しい洗顔

実は肌の乾燥の隠れた原因のひとつが洗顔。化粧水や乳液を変えるより、メイク落としや洗顔料を変えただけで乾燥肌が治った、なんてこともよくあります。特に夏の間は日焼け止め乳液や、汗や脂に崩れにくいファンデーションを使ったりするから、どうしても洗浄力の高い洗顔料を使いがち。洗浄力が高いものはどうしても肌に必要な脂や水分も落としてしまうものが多くなってしまいます。

最近は洗浄力もしっかりあるけれど、保湿成分もたっぷり入っているメイク落としや、日焼け止め乳液自体がぬるま湯で簡単に落とせるものもあるので、できるだけ肌への負担が軽くなっているものを選んでみてくださいね。また、泡や石けんタイプならたっぷりと泡立てて、直接肌に触れてゴシゴシこすったりしないようにするのもポイント。

水分と油分をバランス良く補う

水分と油分のバランスが取れていると、過剰な皮脂分泌をふせぐことができます。皮脂の過剰分泌は水分不足を補おうとする肌の防衛力なんです。だから夏でも夜はしっかりうるおうしっとりタイプの化粧水で水分を補給し、蒸発しないようにしっかり乳液やクリームでふたをしてあげるのが大切。

水分と油分のバランスを整えて、夜の間に昼間失われた水分をしっかり補給して、油分で肌をガードしていたわってあげてくださいね。

収れん化粧水で毛穴をキュッと引き締める

朝にしっとりタイプの化粧水や乳液を使うと、どうしても真夏のメイクはくずれやすくなってしまいますよね。そんな時には毛穴をキュっと引き締めてくれる収れん化粧水がおすすめ。

肌をスッキリと整えてくれるから、余計な皮脂分泌を抑えて化粧崩れがしにくい肌に。収れん化粧水はアルコールが入っているので、どうしてもうるおい不足になってしまいがちだから、保湿成分が入っている美容液を重ねたり、夜にたっぷりとうるおいを補うスキンケアを心がけて。それだけでかなり夏の肌荒れやメイク崩れをふせぐことができますよ。

日中の保湿ケアも効果的

メイクをしてエアコンの効いた部屋で一日中過ごす人は、メイクの上から使えるミストタイプの化粧水を使っている人も多いのではないでしょうか。ただ、ミストタイプの化粧水も、水分だけでは蒸発してしまうので、オイルインタイプの2層になっているものがおすすめです。

水分を補いながら、ちゃんとオイルが水分の蒸発や肌を乾燥から守ってくれるので、乾燥しやすい肌質の人は特におすすめです。

夜のスペシャルケアでうる肌に

頑張ってケアしていても、まだ乾燥が気になる…という人は、+αのお手入れをしてみるのもおすすめですよ。お風呂で使えるマッサージクリームやマッサージジェルは、エアコンで冷たく乾燥してしまった肌を温めてほぐしてくれます。

お風呂上がりに手軽に使えるシートタイプのパックも、ペタッと顔に貼るだけで保湿してくれるすぐれもの。洗い流すタイプや寝る前に顔に塗るタイプのパックなどもあるので、肌質やライフスタイルによって使い分けてみてくださいね。

夏の肌荒れは原因を理解してしっかり対策を

いかがでしたか。夏の肌荒れの原因や対策をしっかりすれば、紫外線や暑さにも負けない強くてキレイな肌で夏を過ごすことができますよ。暑い夏はどうしても油分をとって、水分だけを補給するさっぱりしたケアに走りがち。

けれど肌の内側の乾燥は知らない間に進んでいるかもしれません。たっぷり水分や美容成分を補給して、適度な油分で水分を逃さない、基本的な保湿ケアを心がけてあげて。きっと肌も丁寧なケアに答えてくれるはずです。

TOP