タスマガジン|副業を頑張る人のお金の情報マガジン

知っておきたいニキビのメカニズムとニキビを防ぐ方法とは?

知っておきたいニキビのメカニズムとニキビを防ぐ方法とは?

ストレスや食べ過ぎ、体調の変化で肌にニキビが現れる人もいらっしゃるでしょう。ニキビは一度できるととても気になりますし、痛みを伴うものもあり、とても嫌なものです。ニキビについての基本的な知識について知っておき、ニキビをできるだけ防ぐ方法にはどのようなものがあるのか、見ていきましょう。

ストレスや食べ過ぎ、体調の変化で肌にニキビが現れる人もいらっしゃるでしょう。ニキビは一度できるととても気になりますし、痛みを伴うものもあり、とても嫌なものです。ニキビについての基本的な知識について知っておき、ニキビをできるだけ防ぐ方法にはどのようなものがあるのか、見ていきましょう。

ニキビってどんな病気?

ニキビの正式名称は「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」で、簡単に言うと毛穴が詰まることで起こる、慢性の炎症性疾患です。

おでこや頬、口の周り、顎といった顔の他にも、背中や胸など、皮脂が多い場所によく見られます。10代の思春期から、30代ごろの青年期の人に良くみられます。ニキビは、ほとんどの人が経験をしていると言われているほどよく知られている皮膚の病気です。すぐ治まる軽い症状もあれば、跡が残ってしまうニキビもあります。

ニキビって思春期にできるもの?

ニキビは10代の思春期に見られるもので、大人になったらニキビじゃなくて吹き出物、といった言い方も良くされていますが、実は年齢による区別はありません。ただ、できる場所によっては、治療の方法が違うことがあります。

ニキビができるメカニズム

ニキビは毛穴がつまり、皮脂が身体の外に出ることができなくなと、そのままたまっていきます。この状態が面皰(コメド)と呼ばれ、白ニキビや黒ニキビが該当します。さらに、アクネ菌と呼ばれる細菌がどんどん毛穴の中で繁殖していくことで、炎症が起こると、赤くはれて赤ニキビや黄色ニキビになります。

ニキビの原因を知っておこう

ニキビは毛穴がつまり、皮脂が身体の外に出ることができなくなと、そのままたまっていきます。この状態が面皰(コメド)と呼ばれ、白ニキビや黒ニキビが該当します。さらに、アクネ菌と呼ばれる細菌がどんどん毛穴の中で繁殖していくことで、炎症が起こると、赤くはれて赤ニキビや黄色ニキビになります。

ニキビの原因を知っておこう

ニキビができる原因は、いくつもあります。主な原因について見ていきましょう。

ホルモンの過剰な分泌

思春期になると男性ホルモンの分泌が増えます。その際に皮脂が分泌されすぎてしまうことで、ニキビができやすくなります。

また女性の場合には、生理周期も関係してきます。生理前はプロゲステロンというホルモンによって皮脂が多く分泌され、ニキビが悪化する原因となります。

毛穴の出口がつまる

肌は、ターンオーバーと呼ばれるサイクルを繰り返しながら、28日ほどの周期で新しい皮膚へ生まれ変わっています。毛穴から皮脂が汗と一緒に体外に出ていくのが正常なターンオーバーですが、正常に行われない場合、毛穴が角質でふさがれてしまい、皮脂が詰まり、ニキビの原因となります。

睡眠不足や疲れ、肌の乾燥、紫外線によるダメージなどが原因で、ターンオーバーのサイクルは乱れやすくなります。また、糖分や脂質が多い食生活が続いたり、ストレスなども原因となります。

細菌による感染

皮膚表面などには、常在菌と呼ばれる細菌がいて、普段は肌を守る役割をしています。アクネ菌は常在菌のひとつです。毛穴が詰まると栄養が多い状態になってしまい、増えすぎてしまい赤ニキビの原因となります。

ニキビを予防する方法

普段の生活習慣からできるニキビの予防や、改善する方法について見ていきましょう。

スキンケアを丁寧におこなう

ニキビ予防のためには、毎日丁寧なスキンケアをこころがけましょう。洗顔料はしっかり泡立て、やさしく洗って流します。ゴシゴシこするとニキビが悪化してしまいます。洗った後はタオルで水を拭き取ります。皮膚の乾燥を防ぐために、保湿を欠かさないことも大切です。顔を洗い流すときは、38度程度のぬるま湯にすることも重要です。

睡眠をとる

寝不足は、成長ホルモンの分泌の妨げとなると言われています。成長ホルモンは、深夜に分泌されて、皮膚の再生を助ける役割があります。

乾燥に注意する

室内が乾燥すると、皮膚の水分が失われてしまうため、皮脂が過剰に分泌されて毛穴が詰まる原因となります。冬の時期や室内では、エアコンを使うことで乾燥がしやすくなります。部屋の加湿を行うなど、適度な湿度を保つようにしましょう。

皮膚に刺激を与えない

顔を洗う時や、タオルで顔を拭くときなどに顔をゴシゴシ擦ると、皮膚への刺激となってニキビの悪化につながります。髪の毛があたることや、ニキビに触ることも同様です。

皮膚に触れるものに気を付ける

タオルやシーツなど皮膚に直接触れるものは清潔なものを使うようにしましょう。コロナ禍によって欠かせないものとなったマスクは、どうしても肌に触れてしまいます。マスクを付けるまえに、化粧水やクリームなどで念入りに保湿をしましょう。

栄養をきちんと摂る

朝食抜きの生活や無理な食事制限をしていると、ビタミン不足になりニキビができやすくなります。3食きちんとバランスよい食事を摂ることで予防となります。

スキンケアに気を付けてニキビ予防をしよう

ニキビにはさまざまな原因があります。メカニズムと原因を知っておき、適切な予防を心がけましょう。ニキビを防ぐには、丁寧なスキンケアや保湿を欠かさないこと、そして、睡眠や日々の食事に気を付けることも大切。既にできているニキビは悪化させないように気を付けましょう。

TOP