タスマガジン|副業を頑張る人のお金の情報マガジン

美肌への第一歩。毎日のスキンケアと正しい生活習慣

美肌への第一歩。毎日のスキンケアと正しい生活習慣

老若男女が憧れる美肌。美肌になるためにお手入れをがんばっている人もいるでしょう。ですが、そもそも美肌とは一体どのような状態を指すのでしょうか?

この記事では、美肌になりたい人のために、美肌とはどのような状態なのか、美肌になる方法、美肌に必要なことを詳しくご紹介します。年齢別や肌タイプ別のスキンケアについても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

老若男女が憧れる美肌。美肌になるためにお手入れをがんばっている人もいるでしょう。ですが、そもそも美肌とは一体どのような状態を指すのでしょうか?

この記事では、美肌になりたい人のために、美肌とはどのような状態なのか、美肌になる方法、美肌に必要なことを詳しくご紹介します。年齢別や肌タイプ別のスキンケアについても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

美肌の定義は

一言で美肌といっても、その定義をはっきりと知っている人は少ないかもしれません。美肌とは、肌が次の条件を満たしている状態を指します。

・うるおい
・なめらかさ
・ハリ
・弾力
・血色
・ツヤ

美容の専門家の間では、頭文字をとって「うなはだけつ」と呼ばれています。また、このなかでも美肌の第一歩として大切なのが「うるおい」だといわれています。

肌がうるおい不足だと表皮が乾燥してカサつきを感じやすく、ターンオーバーの乱れにつながります。ターンオーバーが乱れると、ほかの5つの要素にも影響を及ぼすため、美肌になるためには重要なポイントです。

「うながだけつ」を満たした肌が「美肌」と呼ばれ、健康な肌のことを指します。

美肌になる方法とは

美肌は一朝一夕でつくれるものではなく、「これをすれば美肌になれる!」という方法も存在しません。美肌のためには、次のポイントを日頃から意識することが大切です。

・スキンケアをしっかりとおこなう
・心身の健康を保つ

直接肌に関わるスキンケアは、美肌をつくるうえで欠かせないものです。特別なケアよりも、日常のケアの方が大切です。また、心身の不調は肌にも現れるため、食事や睡眠に気をつけるなど、生活習慣を整えることも必要です。

まずは、美肌に必要なスキンケアについて詳しく見ていきましょう。

スキンケア

美肌になるには毎日のスキンケアをしっかりとおこなうことが大切です。スキンケアで意識したいのは次の4点です。

・十分な紫外線対策
・乾燥対策
・年齢に合わせたスキンケア
・肌タイプに合わせた化粧品選び

十分な紫外線対策

紫外線は、肌に悪い影響を与えます。米国皮膚科学学会では、老化の約80%が紫外線(光老化)による影響だと考えられています。

紫外線を浴びると、肌を守るためにメラニン色素が生成されますが、ターンオーバーがうまくいかないとシミの原因になります。また、紫外線は肌の真皮まで到達し、肌のハリを保つコラーゲンを傷つけることもあります。それがシワやたるみの原因になります。

日焼け止め化粧品を使うときは適切な使用量を守り、こまめな塗り直しが大切です。特に、頬や鼻、おでこは顔の中でも高さがあるパーツのため、重ねづけしておきましょう。さらに紫外線をカットするには、日焼け止め化粧品の上からパウダーファンデーションをつけると効果的です。

また、日焼けした肌は火傷と同じで炎症を起こしている状態です。日焼けをしてしまったら、濡れたタオルや保冷剤で速やかに冷やしましょう。

紫外線量は2月から6月にかけて増えるため、早めの紫外線対策が美肌への近道です。冬でも紫外線は降り注いでいるため、より美しい肌を追求するなら、できれば一年中紫外線対策をおこないましょう。

紫外線対策としておすすめなのが、次のような方法です。

・日焼け止めをこまめに塗る
・サングラスをかける
・帽子をかぶる
・上着を羽織る

乾燥対策

美肌の第一歩として欠かせないのが、肌のうるおいケアです。うるおった肌とは、肌の水分と油分のバランスが整い、水分をずっと肌の中に蓄えておける状態のことです。

うるおい不足で肌が乾燥すると、バリア機能が低下して免疫力が落ちてしまいます。その結果、エネルギー不足の肌はうまくターンオーバーできなくなり、くすむ・肌が硬くなる・肌が荒れるなどのトラブルにつながります。

乾燥対策のためにも、デイリースキンケアを習慣化しましょう。毎日のことだからこそ、正しいお手入れが肝心です。肌に合ったクレンジング・洗顔・化粧水・乳液・クリームを使い、日々のお手入れを丁寧におこなうことが美肌への一歩となります。

冬は空気が乾燥し、肌の乾燥も感じやすい季節ですが、湿度の高い夏もエアコンが効いた部屋では空気が乾燥しています。年間を通して朝晩丁寧なスキンケアを続けることが大切です。

年齢に合わせたスキンケア

年齢によって肌の悩みは変化するため、定期的にスキンケアの方法や使用アイテムを見直しましょう。

たとえば、20代は生活習慣の乱れやストレスが原因でホルモンのバランスが乱れ、肌のバリア機能が低下しがちです。そのため、20代のスキンケアでは基礎を大切にし、丁寧なお手入れを心がけましょう。まずは肌を健やかにし、環境に左右されない肌をつくることが大切です。

30代から40代前半は、ハリ不足や毛穴の目立ち、キメの乱れが気になる年齢です。30代から、肌の保湿に重要なセラミドや水分・油分が減少するといわれています。この世代のスキンケアでは、年齢肌にアプローチする成分を配合した化粧品を積極的に取り入れるのがおすすめです。エイジングケアが謳われている商品を活用してみましょう。

40代後半から50代は、女性ホルモンの減少により肌が変化し、悩みが多くなる年齢です。シミやシワ、たるみなどの目に見えるエイジングサインや、肌色の変化など感覚的に感じるエイジングサインが増えるころです。これまで感じなかった悩みが表面化してくる年齢のため、日頃のケアにプラスしてスペシャルケアを取り入れたいですね。

シミ対策には、美白有効成分を配合した化粧品を、シワやたるみ対策には、保湿効果が高く、シワ改善効果が期待できる医薬部外品の化粧品を取り入れてみましょう。また、目元や口元はエイジングサインが表れやすいパーツのため、ポイントケアも積極的におこないましょう。

肌タイプに合わせた化粧品選び

肌タイプによってもスキンケアの方法は異なります。肌タイプは、普通肌・乾燥肌・脂性肌・混合肌・敏感肌の5つに分かれます。

普通肌は水分・油分のバランスが整っているタイプです。基本的なスキンケアを継続しましょう。ただし、環境によって乾燥肌にも脂性肌にも傾きやすいため注意が必要です。

乾燥肌は皮脂と水分が少ないタイプなので、クリームや美容液などを使い、水分と油分を補うケアをしましょう。

脂性肌は、乾燥肌とは逆に皮脂と水分が多くべたつきを感じやすいタイプです。洗顔と収れん化粧水など肌を引き締める効果が期待できるアイテムで、皮脂を抑えるケアをしましょう。

混合肌は皮脂に比べて水分が少なく、脂っぽいのにかさつくタイプです。化粧水で肌にしっかりとうるおいを与え、その後、べたつきやすいTゾーンは控え目に乳液を使用しましょう。肌の状態に合わせて量を調節するのがおすすめです。

敏感肌は刺激に弱いタイプです。低刺激のスキンケア用品を使い、スキンケアアイテムもシンプルにして、何品もつけるのはやめましょう。

適切なスキンケア方法

美肌の第一歩は正しいスキンケアです。ここでは、基本的なスキンケアの方法を説明します。どの化粧品も、手が肌にすいつくくらいまでなじませ、浸透したと感じてから次のアイテムを使うようにしてください。

◎クレンジング・洗顔

美肌になるには肌の汚れをしっかり落とすことが大切です。メイクや日焼け止めはクレンジングで落とし、肌に残ったクレンジング料や古い角質などは洗顔で落としましょう。洗顔料はたっぷりと泡を立て、やさしく包み込むように洗ってください。

◎化粧水

化粧水は肌にうるおいを与え、キメを整える役割があり、肌の保湿に欠かせないものです。洗顔後はなるべく早く化粧水をつけてくださいね。手のひらに適量をとり、肌全体を包み込むようにしてなじませます。乾燥しやすい目元や口元は、かさねづけするようにしましょう。

美容液を使用するときは、一般的に化粧水のあとに使います。ただし、商品によって使うタイミングが異なるので、商品に記載されている方法に従うようにしましょう。

◎乳液・クリーム

最後は乳液やクリームを使い、油分を補いましょう。肌の中でうるおいをキープしやすくなるだけでなく、肌をやわらかく、なめらかにします。乳液やクリームは手のひらに適量をとり、頬から広げてなじませていきます。最後に目元や口元など皮脂の少ないところに、薬指でトントンとなじませるのもおすすめです。

美肌は健康な心身から

美肌になるには正しいスキンケアと、からだの内側からのメンテナンスが大切です。ここでは、心身を健康に保つための4つの方法をご紹介します。

・バランスのとれた食事
・入浴から始まる、良質な睡眠
・適度な運動
・ストレスのない生活

バランスのとれた食事

健康なからだには、バランスのよい食事が欠かせません。忙しい毎日を過ごしていると、空腹が満たされれば十分と思う人もいるでしょう。しかし、食生活の乱れが続けば肌にも影響が出てきます。

からだにはタンパク質やビタミン、ミネラルなどの栄養素が必要不可欠です。食べ物で栄養が補えればよいのですが、むずかしい場合はサプリメントなどを取り入れるとよいでしょう。

小腹が空いたときに、スナック菓子やカップ麺などのジャンクフードを食べるのではなく、ヨーグルトやナッツを食べるなど、からだによいとされる食品を取り入れるのもおすすめです。

農林水産省の食事バランスガイドでは、1日に何をどれだけ食べたらよいかが表で紹介されています。ホームページからダウンロードできるので、ぜひ参考にしてみてください。

入浴から始まる、良質な睡眠

心身の健康には良質な睡眠が必要です。睡眠時には成長ホルモンが分泌され、細胞や内臓の修復がおこなわれています。さらに、美肌につながるターンオーバーも睡眠中に活発になるため、美肌の近道は睡眠にあるといえます。

睡眠の質を高めるには、カフェインを摂取しない、アルコールは控える、ブルーライトを見ないなどの方法が挙げられますが、それ以外では入浴が深く関わってきます。

良質な睡眠には、体温の低下が必要です。入浴すると血行がよくなり、体温が1℃程度上昇します。しかし、入浴後には血管が開いているため熱が放散されやすくなり、結果として熱が下がりやすくなるのです。

からだをしっかりと温めて体温を上げるには、ぬるま湯がぴったりです。脳を落ち着かせ、リラックスすることもできます。約39〜40度のぬるま湯に10分~15分程度浸かり、心身ともにリラックスしましょう。

また、お風呂に入るタイミングは、入眠の1時間半から2時間前がベストです。

適度な運動

美肌になるためには、適度な運動が必要です。運動をすると血行がよくなり、肌のくすみがとれ、目の下のクマが改善する効果も期待できます。

血行がよくなると酸素や栄養が細胞に行き渡り、肌トラブルの減少が期待できます。また、新陳代謝が活発になり、ターンオーバーが促されることで美肌に近づけます。

さらに、運動して汗をかくことも美肌には大切です。汗とともにからだの老廃物や余分な水分が排出されるからです。ただし、汗をかいたらタオルで優しく拭き取り、洗顔やシャワーでしっかり流しましょう。その後、スキンケアをおこなってくださいね。

美肌におすすめの運動は、有酸素運動や筋トレ、ストレッチなどです。有酸素運動には、ウォーキングやジョギング、エアロビクス、水泳などがあります。筋トレには、腹筋や腕立て、スクワットなどがあります。

ストレッチは筋肉の柔軟性を高めるとともに、リラックス効果も期待できます。また、就寝前のストレッチは快適な睡眠につながります。まずは、自分でできる範囲のものから始めてみてはいかがでしょうか。

ストレスのない生活

美肌になるには、ストレスのない生活を送ることが大切です。ストレスはバリア機能の低下につながり、肌のエイジングが加速してしまいます。

さらに、ストレスが増えると、ホルモンバランスの乱れや皮膚の血管収縮、免疫機能の低下などを引き起こします。その結果、ニキビや炎症が起こり、肌のトラブルの原因になる可能性があります。

慢性的にストレスを感じると「隠れ炎症」が進行し、シワやたるみといった肌老化の原因になることもあります。

ストレスを感じた場合は、好きなことをしたりリラックスしたりして、気分転換をしましょう。幸せを感じることで、ストレスから逃げられる場合もあります。どうしてもストレスを感じる場合は、そのストレスを排除するのもひとつの方法ですよ。

正しいケアと生活習慣で、美肌を導き出そう!

この記事では、美肌になる方法、年齢・肌タイプに合ったスキンケアのやり方をご紹介しました。

美肌になるためには、正しいスキンケアと生活習慣が大切です。また、心身の健康が肌に大きく関わることから、生活習慣の大切さや健康になるヒントもお届けしました。美肌になるためには、毎日少しずつ肌やからだを育てる必要があります。ぜひこの記事を参考にして、美肌を手に入れましょう!

TOP