タスマガジン|副業を頑張る人のお金の情報マガジン

肌トラブルの原因とは?美肌になる方法もまとめてご紹介!

肌トラブルの原因とは?美肌になる方法もまとめてご紹介!

肌のかさつき、痒みなどのトラブルを抱えていると、気持ちまでダウンしちゃいますね。「毎日、スキンケアをしているのに……」と、肌トラブルで悩んでいる方も少なくないでしょう。そこで、肌トラブルの症状、原因について解説します。最後に対処法も記載しているので、スキンケアの参考にお役立てください。

肌のかさつき、痒みなどのトラブルを抱えていると、気持ちまでダウンしちゃいますね。「毎日、スキンケアをしているのに……」と、肌トラブルで悩んでいる方も少なくないでしょう。そこで、肌トラブルの症状、原因について解説します。最後に対処法も記載しているので、スキンケアの参考にお役立てください。

肌トラブルの症状と原因は何パターンもある!

みなさんは乾燥肌or脂性肌のどちらのタイプでしょうか?人によって乾燥肌であると答える方もいるでしょうし、逆に皮脂の分泌が過剰で困るという方もいますね。

このように肌質は人によって違うため、当然抱えている肌トラブルもひとりひとり異なります。まずは、肌トラブルで多く見られる症状を1つずつ確認していきましょう!

皮脂分泌が過剰な方に多いと言われる「ニキビ肌」

ニキビが1つでもお顔にできていると、メイクが映えませんし、不衛生に感じられますね……(~_~;)一般的に皮脂が過剰に分泌すると、ニキビができやすいと言われています。しかし、皮脂が余分に排出されている原因はさまざまです。

菓子パンやお菓子など、砂糖と油脂がたっぷり含まれているものを食べる機会が多い人は、とくにニキビになりやすいので要注意!また、生理周期のサイクルによって、ニキビができやすい方もいます。

メラニン色素の生成によって起こる「シミ」と「ソバカス」

中高年世代に入ると、特に気になるのがシミ!薄茶のシミを発見すると、あらためて老いを実感しちゃいます。また、若い時はソバカスが気になるという方も、よく耳にします。シミとソバカスの原因は、ズバリ色素の沈着です。

紫外線などの有害な光を浴びると、メラニン色素の生成が促進されます。しかも、ほんの少し紫外線などの刺激を受けただけで、メラニン色素の働きが活発化してしまうからとても厄介です。

さらに、どんなに万全に紫外線対策や日焼け対策をおこなってみても、太陽の日差しは上下左右あちらこちらから、肌にダメージを与えますから防ぎ切れません。美肌を目指すのは、労力も手間も掛かって大変ですね!

潤い不足が原因である「カサカサ肌」

しっかり化粧水や乳液、保湿クリームで、スキンケアをしているのに、1年を通して肌がカサカサしていませんか?この肌のかさつきこそ「乾燥肌」の証拠です。実は、10代、20代の頃は脂性肌だったのに、30代以降になってから乾燥肌になってしまう方も多いのです。

脂性肌も常にオイリーな状態で困りますが、乾燥肌はかゆみを伴う場合も多いので、仕事や家事に集中できなくなっちゃうと悩む方が多い症状なのです。しかも、乾燥肌だと、せっかくメイクをしても皺っぽい仕上がりになってしまうので、実年齢より老けて見えることも……(゚o゚;;

乾燥肌は肌のバリア機能が加齢や生活習慣の乱れなどによって低下し、表皮の保湿機能が下がっている状態です。深刻な状態になると、肌のキメまで荒く見えてしまいます。

老化による自然現象の1つ「しわ」

目尻や口元、さらに額にくっきりとしたシワができてしまい、悩んでいる方も少なくないでしょう。お顔にシワがあると、どうしても老けた印象に見られてしまうので、いつまでも若々しくありたいと願う女性にとってショックですね(;´д`)

ただし、肌の保湿力が何らかの原因で低下していて、できたシワの場合には適切なスキンケアをおこなうことで、肌トラブルが改善することも!しかし、表皮の奥に存在するコラーゲン物質が減少して発生したシワは、残念ながら「老化シワ」なので、スキンケアをおこなっても改善効果をそれほど期待できません。

血液の循環が悪くて起こる「クマ」

目元のクマは、まるで目の下に黒いアイシャドウを塗っているかのように、第三者に見られてしまうので恥ずかしいですね。しかも、一度クマができてしまうと、なかなか消えないので、いつも顔色が悪く見えてしまいます。

実は、目の下の皮膚はとても薄いので、毛細血管がうっすらと透けて見えるのです。そのため、血行の流れが悪いとクマになって、その時の健康状態が目元に反映されます。クマの原因としてもっとも多いのが睡眠不足ですが、近年ではスマートフォンを長時間使用して眼精疲労になった結果、クマができる方が増えています。

寝る前の過剰な塩分と水分摂取に起因する「むくみ」

起床後に、「顔がいつもより大きい」と感じたことはありませんか?実は、むくみも肌トラブルの症状の1つです。夕食に塩分が多い食事を食べたり、水をいつもよりたくさん摂取すると、体内の水分が膨張してむくみを引き起こします。

また、運動不足などによってリンパの流れが低下することも、むくみを引き起こす原因と言われています。体内に過剰に水分と老廃物が溜まってしまうと、体型まで太って見えるので、常日頃から体調管理には気を付けましょう!

症状と原因は違っても肌トラブルを起こす仕組みは同じ!

さまざまな肌トラブルの症例とその原因を、前章でご紹介しましたが、基本的に肌トラブルを招くメカニズムは共通しています。なぜなら、肌と食生活、睡眠などの生活習慣は密接に関係しているからです。

Breakfast, lunch and dinner. Healthy eating for day

また、間違ったスキンケアが原因になって、肌トラブルを招くケースもあります。そこで、体の内側と外側の両方から肌トラブルが起こる仕組みにアプローチしていきましょう!

肌トラブルを起こす原因を体の内側からチェックしよう!

健康な肌は皮脂と水分がちょうど良いバランスに保たれている状態です。しかし、この双方のバランスがほんの少しでも狂ってしまうと、肌のコンディションが悪化してしまい、トラブルが起きやすくなります。

肌の状態が悪くなると、外部の刺激から表皮や真皮を守るバリア機能が正常に働かなくなってしまいます。そのため、わずかな紫外線やほこりなどが、肌に大きな影響を与える刺激物質になり、シミやニキビなどを引き起こすのです。

免疫機能が低下している状態は、肌だけではなく体調も悪い、という表れです。睡眠を十分に摂って、栄養の偏りに気を付けて、自分の体に向き合いましょう。

老化も1つの体のサイン!

女性ホルモンが20代をピークに減少するように、肌の水分量も年齢とともに低下します。なんと、50代の肌の水分量は20代の半分以下になるとのデータも報告されていますよ!
水分だけではなく、肌のバリア機能を維持するヒアルロン酸などの美肌成分も、年齢とともに減少するため、皮膚のターンオーバーが乱れて肌トラブルが発生しやすくなるのです。

内蔵機能が低下していることもある

肌は健康状態のバロメーターであることをご存じですか?胃腸の調子が優れないと、ニキビができやすいと言われているように、内蔵の状態は肌トラブルに直結します。なぜなら、内蔵がうまく機能していないと、栄養を体内にうまく吸収できないからです。また、体内の有害物質を解毒する肝臓の働きが低下している場合もあります。

肌トラブルを起こすメカニズムを体の外側から確認しよう!

紫外線などの外部からの刺激も、肌のバリア機能にダメージを与えて、肌トラブルを引き起こす引き金になります。美肌を目指すあまり、ゴシゴシと力任せに洗顔したり、美顔ローラーで表皮を強くマッサージする行為はNG!

間違ったスキンケアをおこないバリア機能が低下している肌が、紫外線やほこりにさらされると、より大きなダメージを引き起こしてしまいます。また、内蔵機能が弱まっていて、肌のコンディションが良くないときに、外的な原因がくわわることも、肌トラブルを深刻化させる恐れがあるので注意しましょう!

寒暖差も肌トラブルの原因になる!

実は、気温の変動が激しい季節の変わり目も、肌トラブルを起こす方が非常に多いのです。どうしても人間の体は本能的に寒暖差に敏感ですから、季節が目まぐるしく変わる時期は肌のコンディションが優れません。特に、夏から秋への移り変わりは、湿度も大きく変化するので、肌と体調の両方の管理に気を付けてください!

肌荒れを引き起こす原因を取り除いて美肌を目指そう!

繰り返して起こるしつこい肌トラブルは、ちょっとスキンケアの方法や生活を見直すことで、今の状態を改善できる可能性があります。肌の状態が良くなると、メイクがきれいに仕上がりますから、早速毎日の生活のなかに、以下でご紹介する方法を取り入れてみましょう♪

体の内側から肌質を改善する方法とは?

美肌を保つポイントは、肌のターンオーバーを正常なサイクルに戻して、表皮のバリア機能を高めることです。そのためには、B6がたっぷり含まれている赤身の魚や脂肪分の少ない肉を積極的に食卓に取り入れましょう。併せて、抗酸化作用の含有量の多いビタミンC、ビタミンEを摂取してください。

また、肌の保水機能を維持するのに必要なコラーゲン物質がたっぶり含まれている鉄分とタンパク質も、継続して摂取することが大切です。しっかりこれらの栄養を摂って、質の良い睡眠時間を持つように心がけましょう♪

体の外側から肌質を改善する方法とは?

フェイスタオルや枕カバー、ファンデーションのパフなど、皮膚に直接接触するものが汚れていると、湿疹の原因になるので、これらを清潔なものにこまめに交換しましょう。また、洗顔の際には石鹸をしっかり泡立てて、優しく手の平でお顔を撫でるように洗ってください。

洗顔後の皮膚はとてもデリケートな状態ですので、ヒアルロン酸やプラセンタが配合されているスキンケア用品でしっかりと保湿しましょう。特に、プラセンタが高濃度なものほど、より高い保湿効果を得られます。

家のなかでもこまめに紫外線対策を!

紫外線には肌を劣化させる有害物質が含まれていますし、シミやたるみを引き起こす要因です。外出するときにしっかりUV対策をしていても、室内は日が当たらないからと油断していませんか?実は、紫外線はガラスやカーテンを通過して室内に入ってくるので、屋内であっても紫外線対策は必要です!家のなかでも、忘れずに日焼け止めを付けるようにしましょう♪

肌トラブルの原因と向き合って肌質を改善しよう!

肌トラブルはさまざまな原因が複雑に絡みあって、ニキビや乾燥、シミが起きている可能性が高いと言われています。肌のコンディションが優れないときには、心当たりとなる原因がないかを突き止めて、生活習慣などを見直してみてください。

TOP