飲み物で手軽に美肌づくり!

飲み物で手軽に美肌づくり!

美肌効果を得るために食べものにとても気を使っている女性は多いですよね。でも、毎日こだわりの食事を作るのは大変だし、取り切れないものも意外とあるはず。そんな時にオススメなのが飲み物です。いつも飲むものを美肌効果のあるものに変えれば、すごく簡単に美肌に近づくことができますよ!

飲み物で簡単美肌!

美肌効果を得るために食べものにとても気を使っている女性は多いですよね。

でも、毎日こだわりの食事を作るのは大変だし、取り切れないものも意外とあるはず。そんな時にオススメなのが飲み物です。

いつも飲むものを美肌効果のあるものに変えれば、すごく簡単に美肌に近づくことができますよ!

なかなか改善されない肌トラブルにも飲み物を!

それから、頑張ってスキンケアしているのになかなか肌トラブルが改善しない、という場合も飲み物はとても効果がありますよ。

食べものの好き嫌いがあってどうしても食事が偏りがち、などという人にもオススメです!食事で摂り切れない栄養は飲み物で手軽に補いましょう!

朝のスムージーは美肌に大敵!?

美肌を目指して毎朝スムージーを作って飲んでいるという女性の方は多いのではないでしょうか。ビタミンやミネラル、イソフラボンなど、どれも肌の健康にとっても欠かせないものばかりで、オレンジやニンジン、ほうれん草などはスムージーの定番となっています。

また、朝に食べる果物は金などと言われるように、朝いただく果物は昼や夜に摂るよりも健康に良いと言われています。しかし、実は朝に飲むスムージーは、お肌にとって必ずしも良いとは言い切れないようです。朝のスムージーは材料を慎重に選ぶ必要があるのです。

朝いただく飲み物はソラレンに要注意

スムージーによく使われる果物や野菜には、美肌を目指すなら是非摂りたいピタミンCなどがたっぷりと含まれています。熱に壊れやすいビタミンCを摂取するために、わざわざスムージーにしているという方も多いはずです。

しかし、ビタミンCが多く含まれる果物や野菜には気を付けなければならない成分が入っています。それがソラレンです。ソラレンは光毒性物質の一つで、残念なことに紫外線の吸収を高めてしまうという作用があります。ソラレンが含まれる食物を食べてから日光を浴びると必要以上に紫外線に反応してしまい、肌に炎症を起こしたり、メラニンを多く生成してしまいます。その結果、色素沈着を引き起こしてシミのもとを作ってしまうのです。もしも長時間紫外線を浴びるなどすれば、時には重度に日焼けのような症状が出ることもあるほど、強力な作用が働きます。有害な結果を引き起こす目安の量はソラレン10mgと言われており、これはスムージー約1杯分で摂取できてしまいます。ソラレンを摂取すると約2時間で全身にいきわたり、その後5~7時間くらい作用が続くと言われています。

そのため、朝食に摂取すれば、日中ずっとシミの元を作っているようなことになってしまいます。せっかく美肌のためと思って飲むスムージーも、内容によってはまったく逆効果になってしまうのです。

飲み物に入れていいものは?

ソラレンが含まれているのは、主にかんきつ系の果物です。オレンジやレモン、ライム、アセロラなどがその代表的なものです。また、パイナップルやいちじくにも含まれています。野菜で言えば、セロリやパセリ、きゅうりなどが挙げられるでしょう。いずれもスムージーに入れたくなるような爽やかな食物ばかりなので、注意が必要です。

一方、ソラレンがあまり含まれていないのは、果物で言えばリンゴやバナナ、ブドウなどです。また、野菜ならニンジンやトマト、キャベツ、レタスなどが挙げられます。レタスやトマトなど野菜サラダの定番にはあまり含まれていないことがわかります。

水は美肌効果のある飲み物

美肌になるために、健康的で栄養のある食事をしている方が多いかと思います。さらに食事と同じぐらい重要な飲み物にも気をつけてあげることで、美肌効果が期待できるでしょう。

水を飲むことで代謝や血行促進などさまざまなメリットがあります。美肌効果もあるので、普段から水を飲んでいる方は共通して肌が綺麗です。なぜかというと、肌は体の一番外側にあり、栄養や水分が届くまでは他の臓器の後。水を飲んでいないと、肌まで水分が行き渡ることができず、乾燥肌などの原因になってしまうのです。

コーヒーやお茶はカフェインが含まれており利尿作用があるため排出されやすく、水分補給としてはおすすめできません。普段から水をこまめに飲むことで水分が肌まで行き渡り、血色がよくなるなどの効果が期待できます。さらに、水を飲むことで毛穴対策も行うことも可能です。肌が水分不足の場合、化粧水や保湿クリームで補うことができるのは肌の角層部分のみなので、毛穴の開きやたるみを防ぐことができません。しかし、水分を内側から補うことで、スキンケアでは足りなかった水分を肌に行き渡らせることができます。肌は十分な水分を摂取することでハリ感アップが期待できるので、気になる毛穴も目立ちにくくなるでしょう。

水を飲むことは、肌だけではなく目や鼻の粘膜にも効果があります。逆に水分不足になると、目の乾燥や疲れやすくなるといった原因に繋がるでしょう。また、鼻や喉の粘膜にも水分が足りないことで、繊毛の働きが弱まりウイルスや花粉を体の中にいれてしまいます。水を飲むことで美肌以外にも健康に保つ効果が期待できるでしょう。

美肌に最適!白湯の作り方

白湯は、水道水を使うのならヤカンで10~15分間ほど煮立たせて、マグカップに注いで約50℃に冷ましてからいただきます。一定時間煮立たせることで、水道水のトリハロメタンや不純物を取り除くことができます。

浄水器やミネラルウォーターを使うのなら、電子レンジを使って手軽に白湯が作れます。500Wで1分30秒~3分程度チンすれば良いので簡単です。50℃というのはわかりづらいですが、フーフーと冷まさなくとも飲めるくらいというのが目安になるでしょう。一気に飲むよりも10~20分くらい時間をかけて少しずついただく方が効果的です。また、朝食の30分くらい前までに飲み終わるようにすると、消化機能を活発化できて、朝食の栄養をしっかり取り込めるようになります。

美肌にオススメ!黒酢

via pixta.jp
まずは黒酢。お酢の一種なんですが、他の種類に比べて長い時間をかけて作られます。

原料は玄米で、これに麹菌などさまざまな微生物とともに熟成、発酵させるという手間ひまかけて作られることが特徴なんですね。

もとは中国からはいってきたのですが、国内でいうと鹿児島産のものが全国のスーパーで気軽に購入できますよ。

美肌を目指すなら美容アミノ酸!

黒酢に含まれているものといえば、豊富なアミノ酸です。

アミノ酸には食べものなど外から取り入れなければならない種類もあるのですが、黒酢のアミノ酸にはそのすべてが含まれています。

その上、健康なお肌に不可欠なビタミンや鉄分、カルシウムなど実に栄養豊富なことも黒酢の特徴なんです。

でも、もっと注目したいのは美容アミノ酸。名前からして美しくなれそうですよね。美容アミノ酸というのはD-アミノ酸というアミノ酸の1種で、肌を保湿してバリア機能を高めてくれるという素晴らしい働きがあります。

D-アミノ酸は米酢にも含まれていますが、黒酢に含まれているのは米酢の55倍!さらに、肌にハリをもたらすコラーゲンの生成を促してもくれますよ。

たるみが気になってきたという年代の方にもぴったりです。美肌に欠かせないうるおいとハリが出てくるというのですから、やっぱり黒酢はすごいですよね。

こんなにある美肌効果!

また、内臓脂肪や皮下脂肪を少なくしてくれたり、代謝をアップさせて便秘を解消してくれるなど、黒酢には女性にうれしい効能がたくさんありますよ。

便秘は体外に排出されるべき老廃物が再び体内を巡ってしまうなど、美肌を目指すならぜひとも解消したいものですよね。それから、肌の新陳代謝も高めてくれるので、シミのもとを押し出して美白効果も期待できます。

他にも、黒酢にはダイエット効果がありますよ。黒酢を摂取していると基礎代謝がアップし、脂肪が吸収されすぎるのを防いだり、溜め込まないようにしてくれます。

そして、酸っぱさのもとでもあるクエン酸は脂肪燃焼効果も期待できるんです。

何ともいいこと尽くしの黒酢ですが、注意したいこともあります。それは、空腹時には飲まないこと。お酢は刺激が強いので、胃腸の弱い方などは特に気を付けてくださいね。

それから、摂取量の目安は1日大さじ2杯(約30ml)程度。そのまま飲むのではなく、水で薄めたりトマトジュースなどの飲み物に混ぜたりするのがオススメですよ。

もちろん、お料理に使うのもいいですね。今まで米酢を使っていたという方も、黒酢に切り替えてみてはいかがでしょうか。

飲むヨーグルトが美肌に効く!

via pixta.jp
2つ目のオススメ飲み物は、飲むヨーグルトです。ヨーグルトといえば整腸作用があるなどさまざまな健康効果があることが知られていますが、飲むタイプの方が続けやすいのでオススメですよ。

飲むヨーグルトの美肌効果

まず、ヨーグルトの整腸作用は便秘を解消してくれるので、黒酢と同じく美肌効果が期待できます。

それから、健康な肌を作るたんぱく質が豊富に含まれていますし、肌の生まれ変わりを促すビタミンB2も含まれています。整腸作用で腸がキレイになれば、栄養の吸収率も高まってより美肌に近づけますよ!

美肌の王様ローズヒップティー

甘酸っぱいローズヒップティーには最強の美肌ビタミン、ビタミンCが豊富に含まれています。その量はレモンの約20倍!ビタミンCはお肌の保湿成分コラーゲンの生成に欠かせませんから、毎日摂取したいビタミンです。さらに、抗酸化パワーの強いビタミンAとビタミンEも含まれていますから、まさにビタミンの宝庫です。お茶類には珍しく、女性に不足しがちな鉄分も豊富に含まれているので、貧血を予防し顔のくすみを防ぎます。

ノンカフェインなのでどのタイミングで飲んでもOK。ポットに茶葉を入れ、沸騰したお湯を入れたら3~5分蒸らします。酸味があるため金属製のポットなどを使うのは避けてください。

ローズヒップティーは出がらしにも栄養がたっぷり含まれています。そのまま食べたり、ジャムにしたり工夫してみましょう。体を冷やす作用もあるため冷え性の人は、飲み過ぎに注意してください。

エイジングケアにはトマトジュース

トマトに含まれている天然色素リコピンには非常に高い抗酸化作用があるので、活性酸素を取り除く効果があります。老化の原因となる活性化酸素には、何か他の物質とくっつこうとする性質があるうえ、活性酸素と結合した物質は酸化してしまいます。

皮膚に活性酸素が増えると酸化して過酸化脂質になり、角質が厚くなってターンオーバーが乱れたり、毛穴がつまるなどの肌トラブルを引き起こします。さらに、トマトジュースに含まれているカリウムには、体内の余分な水分をデトックスする作用があるので、むくみやすい人にもおすすめです。

トマトジュースを飲むタイミングは朝がおすめです。トマトジュースを飲んだ後に、リコピンがどれだけの時間体内に残るか時間ごとに研究したところ、血中にリコピンが最も多く残っていたのは朝飲んだ時なのだそうです。年齢肌のためにトマトジュースを飲むなら、朝食の時に飲みましょう。

トマトジュースを飲むときは、単独で飲むよりも油と一緒に摂取する方が吸収されやすくなります。トマトジュースにオリーブオイルをティースプーン1/2~1杯分加えて飲んでみてください。オリーブオイルにも抗酸化作用があるのでWの効果で美肌を目指しましょう。

たるみを予防する甜茶

花粉症やアレルギーの人になじみの深い甜茶は、ほんのり甘い中国茶です。甜茶に含まれているポリフェノールは、高い抗酸化作用を持つとして近年美容界に注目されています。

甜茶にはAGEs(最終糖化産物)という老化物質を分解したり、貯まりにくくする働きがあると考えられています。お肌がたるんでほうれい線が目立つ、口角が下がって見えるなどの肌トラブルは、顔の筋力の低下だけでなくお肌の糖化という老化物質が増えてしまうことも大きな原因の一つです。甜茶でお肌の糖化を防ぎ、ハリのある美肌を目指しましょう。

ティーバッグや急須に入れた茶葉にお湯を注いで簡単に飲むことができます。茶葉によっては煮出すタイプもあるので、茶葉の表示に従って入れましょう。

甜茶の独特の甘さが苦手な人は冷やして飲むのがおすすめです。ノンカフェインなので寝る前に飲むのもおすすめです。ちなみにバラ科の植物にアレルギーのある人には甜茶はおすすめできません。
春が近づくと店頭で見かけることが増える「甜茶」。そもそも「甜茶」とはどのようなお茶なのでしょうか。「甜茶」は中国茶の一種で、「甘いお茶」という意味の言葉。その名の通り、飲むとほのかな甘味を感じるお茶です。中国では、古くから健康茶として風邪の時などに飲用されていたと言われています。近年では、花粉症などのアレルギーへの影響やダイエットとの関連性が注目されています。

シミ・くすみを防ぐ緑茶

緑茶には美肌成分のビタミンCが豊富です。ビタミンCはシミやくすみの元になるメラニン色素の生成を抑制する作用があります。水溶性のビタミンCは加熱に弱いのですが、緑茶に含まれているビタミンCは、カテキンで守られているので熱に強く、壊れませんから、効果的に美肌成分をとることができます。さらに、お肌の健康を維持するβカロチンも含まれているので、丈夫な美肌つくりに役立ちます。


緑茶を飲むタイミングは、食事前と食事後がおすすめです。食事前に飲むと効果的にビタミンを吸収できますし、食後に飲むと、食事により急激に上昇した血糖値を下げる働きがあります。緑茶は飲むだけでなく、茶葉を使ってパックしたり、茶葉を入浴剤として使うこともできます。

ジュースや炭酸飲料をよく飲んでいる人は、お肌が糖化して“サビついた”状態になっています。糖化は老化を早めてシワやたるみ、シミなどの原因になるので、飲み物を変えて内側から輝くような透明感のある美肌を目指しましょう。飲み物なら手軽に摂取できますし、水筒に入れて持ち歩けば仕事中でも飲むことができます。

ちょっとしたことですが、誰でも簡単に始められるのでぜひ挑戦してみてください。効果が表れるまで2~3ヶ月かかるので、すぐに肌質が変わらないからといってあきらめないでください。

飲み物をとる時に注意したいこと

食べものよりも気軽に摂取できるのが飲み物の魅力です。でも、いくつか注意点がありますよ。

飲み物は少しずつ!

まず、簡単だからといって一度にたくさん飲まないこと。特に黒酢などは刺激も強いので胃腸に負担をかけてしまいます。1日を通して少量ずつ摂取するよう気を付けましょう。

常温か温かい飲み物を!

それから、飲み物は常温か温かくしてからいただくのも大切ですよ。

冷蔵庫から出してすぐ飲んでしまうと体が冷えるので、それだけで血流が悪くなってしまいます。これではせっかく美肌効果のある飲み物も台無しですよね。

口に入れて冷たいなと感じたら、飲み込む前に少しだけ口の中で温めてからにするのも良い方法。そんなちょっとした工夫が美肌への近道かもしれませんよ!
TOP