お湯だけの洗顔でスキンケアを見直しませんか?

お湯だけの洗顔でスキンケアを見直しませんか?

お湯だけで洗顔した後のスキンケアは、まず化粧水を手で押さえるようにして水分を補給、浸透させます。お肌の状態をよく観察しながら、かさつくところは化粧水を重ね付けしましょう。次に、美容液を塗ります。お肌をよく見て、保湿用や美白用、エイジングケア用の美容液を使い分けるといいでしょう。

お湯だけで洗顔する方法があるって本当?

クレンジング剤や洗顔フォームを使わず、お湯だけを使った洗顔方法と聞くと、本当に汚れが落ちるのかと不安になるかもしれません。

しかし、実際には顔を洗いすぎてお肌の乾燥状態を悪化させている方がとても多いのです。なぜなら、スキンケアに欠かせないクレンジング剤や洗顔フォームには、洗浄成分や美容成分が含まれている一方で、合成界面活性剤や合成着色料、香料、防腐剤なども含まれているからです。

特に、敏感肌の方にとってはこれらの成分はお肌にトラブルを引き起こす原因となってしまいます。そこで、余計なものは一切使わない、お湯だけを使ったシンプルな洗顔方法とその後のスキンケアについてお教えします。

お湯だけの洗顔の方法

顔に付着した汗や皮脂、ホコリなどの汚れは、お湯だけで十分に洗い流すことができます。

一方、メイクはそれだけでは落とすことはできないので、クレンジング剤が必要になります。つまり、日中にメイクをしていた夜はクレンジング剤や洗顔フォームを使い、起床後はお湯だけにするのです。

合成着色料や防腐剤などが含まれているクレンジング剤や洗顔フォームを一日に一度しか使わないことで、刺激を受けにくくなります。ご自身のライフスタイルに合わせて、どのタイミングでこの方法を取り入れるかを検討してください。

35℃以下の熱すぎず冷たすぎないぬるめの温度

お湯の温度が熱すぎると、バリア機能の役割を果たしているお肌にとって必要な皮脂まで奪い取ってしまいます。そうすると、お肌を乾燥させないようにするために洗顔後に皮脂の分泌が過剰になってしまうので、35℃以下の熱すぎず冷たすぎないぬるめの温度が適しています。

また、冷水で洗顔すると毛穴が引き締まるというのを聞いたことがある方がいらっしゃるかもしれませんが、冷水では毛穴の皮脂汚れを落とすことができません。冷水の効果で直後は毛穴が引き締まりますが、しばらく経つと元に戻るため、その効果は一時的なものです。

指の腹を使ってお肌を動かさないように!

まず、洗面器にぬるめのお湯を溜めます。

そして、両手ですくって、顔の内側から外側に向かって洗っていきます。スキンケアの基本ですが、洗う時には決してゴシゴシとこすってはいけません。

指の腹を使って、お肌を動かさないように優しく洗います。洗顔フォームの泡のクッションがない分、こすらないように十分気を付けましょう。髪の毛の生え際やこめかみ、フェイスラインも忘れず洗います。全部で20回程度すくって洗ったら完了です。

お湯だけだと言えども、洗いすぎては乾燥などのお肌のトラブルを引き起こしてしまいます。洗い終わったら、清潔なタオルでこすらず優しく押すようにして、水分を拭き取りましょう。

お湯だけの洗顔後のスキンケア

お湯だけで洗顔した後のスキンケアは、まず化粧水を手で押さえるようにして水分を補給、浸透させます。お肌の状態をよく観察しながら、かさつくところは化粧水を重ね付けしましょう。

次に、美容液を塗ります。お肌をよく見て、保湿用や美白用、エイジングケア用の美容液を使い分けるといいでしょう。美容液も手で押さえるようにして浸透させると、より効果が高まります。さらに乳液をお肌になじませ、最後にクリームで油分を補います。

顔を洗う時から一貫して指の感覚に意識が向くので、お肌のちょっとした変化にも気付きやすくなります。乾燥しがちなところには重ね付けを、顔を洗ったばかりなのに皮脂が多く分泌されていると感じる時には少量を薄く伸ばすようにすると、丁寧なスキンケアとなり、美肌へと近づきます。

お湯だけの洗顔のメリット


朝の洗顔をお湯だけにするメリットは3つあります。

毛穴が目立たなくなる

1つ目は、毛穴が目立たなくなるということです。

顔を洗いすぎると、お肌の表面のバリア機能を司る皮脂まで洗い流してしまい、乾燥が進みます。そうすると、皮脂の分泌が過剰になり、毛穴が開いたり黒ずんだりします。お湯だけで洗えば、必要な皮脂は洗い残さずに残るので、乾燥を防ぎ、毛穴が目立ちにくくなります。

ニキビや吹き出物ができにくくなる

2つ目は、ニキビや吹き出物ができにくくなることです。

特に敏感肌の方にとっては、クレンジング剤や洗顔フォームに含まれる合成着色料や防腐剤は強い刺激になります。また、すすぎ残しも刺激になります。これらの刺激によってニキビや吹き出物ができやすくなりますが、お湯だけで洗えば余計なものは付きませんし、すすぎ残しを気にすることもありません。

保湿力を高める

3つ目は、お肌本来のバリア機能を守り、保湿力を高めることです。

毎日、朝晩とクレンジング剤や洗顔フォームを使っていると、必要な皮脂まで洗い流されて乾燥するので、お肌の水分量がどんどん低下してしまいます。朝はお湯だけの洗顔にすることによって、お肌が本来持っているバリア機能を守るので、乾燥しにくくなります。

そうは言っても、スキンケアを欠かしてはいけません。お肌の力が高まることによって、スキンケアアイテムの効果を実感しやすくなります。
TOP