間違ったメイク落とし選びをしていない!?自分の肌に合ったメイク落としの選び方を見直そう

間違ったメイク落とし選びをしていない!?自分の肌に合ったメイク落としの選び方を見直そう

今使っているメイク落とし、自分の肌に合っていると言い切れますか? 毎日のメイク落としが合っていないと、それだけで肌の荒れや老化の原因を招くことにもなってしまうんです! 知っているようで知らない、メイク落としを選ぶときのポイントについてまとめてみましたので、チェックしてみてください。

メイク落としがスキンケアにおいて重要である理由

どうしてメイク落としがスキンケアにおいてそんなに重要なのでしょうか?
メイク落としは油断すると肌への刺激のもととなりやすく、またメイクが落としきれていなくても肌荒れの原因になります。

メイク落としでつまずいてしまうと、化粧水や美容液でどんなにいい美容成分を補っても上手く入っていかなかったり、効果が半減してしまったりします・

「汚れを落とすこと」はスキンケアの流れの最初にあるため、ここが上手にできていないとあとの流れにうまくつなげられないということなんです!

メイク落としが合わないとこんなことが起こる!

メイク落としの洗浄力が強すぎると、必要なうるおいまで奪われてしまうことになり、乾燥肌の原因になることもあるそうです。
いっぽう、洗浄力が弱すぎるとメイク残りの原因となり、残ったメイクが肌への刺激になったり、酸化による色素沈着を招いたりすることもあります。

また、自分に合わない成分やアレルギーのもととなる成分をよく確認していないとこれも肌荒れやアレルギー悪化の原因となってしまいます。

肌質別・おすすめのメイク落とし

肌質は人それぞれですので、それによって自分に合うメイク落としも違ってきます。
肌質別におすすめのメイク落としについて解説していきます!

メイク落としの種類はこんなにある

メイク落としはざっと分類しただけでも、オイル・バーム・クリーム・ミルク・リキッド・ジェル・ウォーター・シートなど様々なタイプがあります。

それぞれ油分割合や使い方が違うため、向いている肌タイプも違ってきます。

脂性肌向けメイク落とし

脂性肌さんにおすすめなのは、オイルタイプやバームタイプなど油分が多く洗浄力の高いメイク落としです。

メイクも皮脂もすっきりと落とすことができ、角質ケアを兼ねているものも多く出ているため、毛穴や黒ずみが気になる人にもおすすめといえます。

乾燥肌向けメイク落とし

乾燥肌さんには、クリームタイプやミルクタイプのメイク落としがおすすめです。

一見、油分の多いオイルタイプの方がよさそうな感じもしますが、実は油分が多いクレンジングは油分を落とすための成分も多く配合されています。
そのため、肌のうるおいや必要な皮脂まで落としてしまうリスクが高くなっています。

ミルクタイプやクリームタイプはオイルタイプよりも油分が少なめになっており、メイクと乳化させてすすぐまでの肌負担が軽いそうです。
肌にうるおいを残しながら洗い上げてくれるため、乾燥肌さんにおすすめというわけなんです♪

混合肌向けメイク落とし

混合肌さんにおすすめなのは、ジェルタイプのメイク落としです。

ジェルクレンジングは油分配合が製品によって幅広く、オイルフリーのものから揃っています。
そのため、自分にちょうどいいアイテムを見つけやすいといえそうです。
また、ジェル特有のさっぱりとした洗い上がりと、うるおいを残してくれる感じとの両方が味わえるのもうれしいところです。

オイルフリーのものなら、まつげエクステをしている人も安心して使えます♪

自分の肌にぴったりのメイク落としでキレイをめざそう

メイク落としの選び方を肌タイプ別にご紹介しました。
お肌のためにはメイク落とし・洗顔が基本の第一歩です。

自分に合ったメイク落としを選ぶことができれば、肌へのストレスを減らしながらきちんとメイクを落とし、肌を健やかに保つことができますよ☆
TOP
無題ドキュメント