小じわができる原因とは?デイリーケアで小じわ知らずの美肌を目指そう!

小じわができる原因とは?デイリーケアで小じわ知らずの美肌を目指そう!

年齢を重ねると気になる小じわ。年齢的に仕方ないとあきらめていませんか?しかし、小じわができる原因を知り、正しいデイリーケアをしていれば、小じわができにくい肌だって目指せちゃうんです! また、すでにできた小じわに対しても、日常的にケアをすることで目立ちにくくなりますよ!
年齢を重ねると気になる小じわ。年齢的に仕方ないとあきらめていませんか?しかし、小じわができる原因を知り、正しいデイリーケアをしていれば、小じわができにくい肌だって目指せちゃうんです!

また、すでにできた小じわに対しても、日常的にケアをすることで目立ちにくくなりますよ!

小じわができる原因

小じわができる原因には乾燥やホルモンバランスの乱れがありますが、それらを加速させてしまうのが加齢です。まずは小じわができる原因を正しく知り、なぜ加齢によって悪化してしまうのかを知りましょう。

乾燥している

小じわは肌の乾燥、つまりうるおい不足によってより目立ちます。肌内部の水分が減ることで、肌の表面に細かいしわができるのです。

特に皮脂の分泌が少ない目元や口元は、小じわができやすい箇所。年齢を重ねることで余計に肌の皮脂の分泌量が減るため、乾燥しやすくなります。肌の内部にある天然保湿因子も、年齢を重ねるごとに減少していきます。

ホルモンバランスの乱れ

美肌をつくるカギはホルモンバランスです。肌のターンオーバーを促し、細胞の修復や再生を行う役割を担う成長ホルモンが十分に分泌されないと、小じわを引き起こす一因となります。

成長ホルモンが足りないと、古くなった細胞が剥がれ落ちないうえ、肌のきめも整わないので水分を保つことができません。

小じわを防ぐ方法

小じわができてしまうのはある程度年齢を重ねるとやむを得ないところ。しかし、できることならそもそも、小じわができることを防ぎたいですよね。

小じわを防ぐには、いくつかのポイントがあります!日常的なケアをしっかり行うことで、美肌に近づけますよ♬

保湿を入念に

小じわを防ぐには乾燥状態でいないことがマスト!特に洗顔後は皮脂が落ちて乾燥しているので、保湿成分の配合された化粧水をたっぷりつけて水分を取り入れましょう。水分を浸透させたいからといって、強く叩いたりこすったりしないように気をつけましょう。

化粧水のあとには、クリームや乳液を使って仕上げます。こういった油分のある化粧品でフタをすることにより、水分が蒸発するのを防ぐ効果が期待できます。

しっかり睡眠をとる

美肌のカギを握る成長ホルモンは、十分に睡眠をとることで正常に分泌されます。成長ホルモンの分泌は徐波睡眠後30分で最大となり、特に肌のゴールデンタイムといわれる22時~2時に眠ることで多く分泌されます。

自らのもつ肌細胞の力を最大限に引き出すためにも、また外から取り入れる美容成分を効果的に使うためにも、しっかり睡眠をとりましょう!

小じわ対策におすすめのスキンケア

これからできる小じわを予防することはもちろん、すでにできた小じわも減らすことができたらうれしいですよね!いまある小じわにアプローチするには、日ごろのスキンケアの仕方を工夫し、小じわに効果的な化粧品を選ぶことがポイントです。

洗顔方法にもこだわる

小じわケアのためには、洗顔方法にもこだわりましょう。洗顔の方法を誤ると、汚れとともに必要な皮脂まで落としすぎて肌が乾燥してしまったり、強くこすりすぎて肌を傷めたりしてしまいます。

洗顔するときには、たっぷり泡立てて行いましょう。手や指で肌をこすらないよう、泡をクッションのようにして転がすように洗います。

エイジングケア用美容液を選ぶ

すでにできた小じわのケアのためには、エイジングケア用の美容液を活用することがおすすめ!小じわに効果が期待できるエイジングケア用美容液には、保湿成分のセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などが配合されていることが多いといえます。

また、ハリを高めるための成分を肌の内側から生成させる、細胞を活性化させるような成分が入ったものもぴったり。特に目元の小じわには、目元専門の美容液やアイクリームも効果的です。

小じわの原因を知り適切なアプローチを!

「年をとったら小じわは必ずできるもの」とあきらめてしまうのは、とてももったいないこと。しっかりと原因をおさえ、適切なアプローチをすれば、いまある小じわを軽減させこれからできる小じわも防ぐことができるでしょう。

日常のケアを丁寧に行い、小じわ知らずの美肌を手に入れましょう♬
TOP