冬の紫外線はスキンケアに注意しよう!どんなことに気をつけるべき?

冬の紫外線はスキンケアに注意しよう!どんなことに気をつけるべき?

冬の紫外線対策と言っても「どうすればいいの!?」とパニックになる人もいますよね……。 特に肌に悪影響が出ている場合、すぐにケアをしたいからと焦る人もいます(;´・ω・) 今回は、冬の紫外線に対するスキンケアの方法や注意点について紹介していきましょう(`・ω・´)
冬の紫外線対策と言っても「どうすればいいの!?」とパニックになる人もいますよね……。

特に肌に悪影響が出ている場合、すぐにケアをしたいからと焦る人もいます(;´・ω・)

今回は、冬の紫外線に対するスキンケアの方法や注意点について紹介していきましょう(`・ω・´)

冬の紫外線に対するスキンケアとは?

冬の紫外線は夏以上にこだわらないといけない、と言われていますよね。

それは、比較的早めにダメージが出る夏の紫外線とは異なり、冬の紫外線は蓄積されるんです(;´・ω・)

だから、しっかり紫外線対策をしないと将来の肌に悪影響が出てしまいます(ノД`)・゜・。

保湿を徹底する

冬は乾燥しやすいので、保湿にこだわるようにしましょう。
大気がそもそも乾燥していることに加え、オフィスなど常に暖房の効いた空間もとっても乾燥しています。

紫外線対策の日焼け止めも、冬場に販売されているものは保湿を重視したものが多いので、保湿ケアがしっかりできるものを購入するようにしてください!

肌をこすらない

夏場も当然ダメですが、冬場のスキンケアでは肌をこすることは厳禁です(`・ω・´)

洗顔後などにタオルでゴシゴシとこすってしまうと、せっかくスキンケアをしても肌に大きなダメージを与えてしまっています(;´Д`)

夏や秋のダメージを受けている肌に、自分でトドメを刺すことになるので気をつけましょう(;´∀`)

日焼け止めの数値には注意!

日焼け止めには、「SPF」という数値がありますよね。

冬の場合、SPFは低くても問題ありません!
夏場は紫外線が強いのでブロックする数値が高くないといけないのですが、冬の紫外線量は夏のピーク時の半分程度と言われています。

数値が高い方が性能がいいと言えばそれまでですが、効果が高くなる代わりに肌へのダメージも強くなることを覚えておきましょう(;´・ω・)

冬のスキンケアで気をつけたいことは?

スキンケアと言っても1年中同じことをしているわけではありませんよね?

季節に合わせたスキンケアを行っているはずです(^▽^)/

こちらでは、冬のスキンケアについて注意したいことを見ていきましょう!

新陳代謝をアップさせる

冬は汗をかきづらい季節のため、毛穴に汚れやメイクなどが詰まって肌トラブルを起こしやすいのです(;´・ω・)
そのため、冬こそ新陳代謝をアップさせて毛穴に詰まった汚れやメイク汚れなどを浮かせなければいけません。

そこで重要なのが毎日の入浴!お風呂にゆっくりつかって汗をかくことで、毛穴に汚れが溜まりにくくなります。
古い角質が柔らかくなり落としやすくなるので、乾燥による全身のごわつきの解消にも。
入浴後は体の中も外もとっても乾きやすいので、しっかり保湿をすることと水分補給を忘れずに!

紫外線対策をする

スキンケアとして紫外線対策も必須と言えます(`・ω・´)

スキンケアだけを徹底しても、紫外線対策をしていないと肌にダメージを受けたままになります。

紫外線対策をすることがスタートであり、スキンケアはその後の肌を守るための必要な工程です。

意外とスキンケアをしっかりしているから紫外線対策はそれなりで大丈夫! と勘違いをしている人もいるんですよね(;^ω^)

食事などにもこだわる

ビタミンCは、主に野菜や果物、じゃがいも、サツマイモなどに多く含まれています。100g中に含まれているビタミンC量を以下にまとめます。



赤ピーマン:170mg
黄ピーマン:150mg
ブロッコリー:120mg
キウイフルーツ(黄):140mg
菜の花:110mg
キウイフルーツ(緑):69mg
イチゴ:62mg
ネーブル:60mg
レモン果汁:50mg
キャベツ:41mg
ジャガイモ:35mg
サツマイモ:29mg
シミの原因となるメラニン色素の増加を防ぐために、食事などにもこだわりましょう!

特にビタミンCを含む食材は野菜が多く、積極的に食べておきたいですね。

野菜を食べたからと言って、メラニン色素を確実に増加防止できるとは言えません。

でも、身体の内側からキレイにすることは将来の美肌にもつながるんじゃないでしょうか?

冬の紫外線に対するスキンケアは身体の内と外にこだわろう

冬は紫外線対策、スキンケアなど若干面倒なことが多いんですよね。

でも、しっかりこだわることで肌は手間暇をかけた分だけ応えてくれるんです。

1年後、5年後、10年後、美しい肌を保つために今からしっかりとスキンケアにこだわりましょう!
TOP
無題ドキュメント