すぐに試せる!美肌になるための正しい洗顔術をご紹介します

すぐに試せる!美肌になるための正しい洗顔術をご紹介します

きちんと洗顔しているのに肌トラブルが解決しない、そんな悩みを抱えていませんか? この記事では、美肌をつくるための洗顔術をご紹介していきます。 正しい洗顔方法を身につけて、美肌を手に入れましょう!
きちんと洗顔しているのに肌トラブルが解決しない、そんな悩みを抱えていませんか?この記事では、美肌をつくるための洗顔術をご紹介していきます。正しい洗顔方法を身につけて、美肌を手に入れましょう!

美肌をつくる洗顔の基本


肌をゴシゴシとこすったり、熱いお湯で洗ったり、またはサッとすすぐだけ、なんて洗い方をしていませんか?肌に負担をかけるような洗い方は、肌トラブルの原因になってしまいます。この機会に洗顔方法を一度見直してみましょう。

しっかりと泡立てる

洗顔をする際にはしっかりと泡を立てましょう。手を逆さにしても落ちないくらいがベストです。汚れが落ちやすくなるということに加えて、泡のクッションで摩擦が起きにくいという効果もあります。

また、洗顔ネットを使用するとふわふわとした泡をつくりやすいので、ぜひ試してみてください。

肌を強くこすらない

洗顔をする際にゴシゴシと強く洗ってしまっていませんか?強くこすって洗ってしまうと、摩擦が起きて肌トラブルの原因となってしまいます。

顔を洗う時は、肌が動かない程度の弱い力で洗いましょう。泡で洗うイメージで、泡立てた泡をつぶさないようにやさしく洗うことが大切です。

ぬるま湯で洗う

洗顔に熱いお湯を使っていませんか?温度が高めだと肌にもともとある皮脂やうるおいなど、必要な油分まで奪ってしまいます。

かならずぬるま湯に設定してから洗顔を行いましょう。手や顔に触れても冷たすぎず、熱すぎないくらいが自然に洗顔ができるベストな温度です。

洗顔後はすぐに保湿

洗顔後は意外と肌が乾燥しやすい状態になります。なので、必ず洗顔後には保湿することを心がけましょう。具体的には、まず化粧水を使った十分に肌に水分を浸透させ、その後、乳液・クリームを使ってその水分を閉じ込めます。

洗顔後はのんびり放置せず、すぐに水分を取り込むことが重要です!

間違った洗顔で起こるデメリット


間違った洗顔をしてしまうと、思わぬ肌トラブルをまねいてしまいます。毎日行う洗顔ですから、正しい洗顔方法で美肌をつくりたいですよね。誤った洗顔方法によって起こるデメリットを知っておきましょう。

水で顔を洗う

熱いお湯と同様に、水やぬるすぎるお湯も洗顔には適していません。皮脂汚れを落とせず毛穴がつまったり、ニキビができてしまうなど肌トラブルの原因となってしまいます。この皮脂汚れを落とすには30度以上のお湯である必要があります。必ず温度を設定してから洗顔を行いましょう。

時間をかけて洗顔をする

時間をかけて丁寧に洗うのは良いことだと思われがちですが、実は肌トラブルの元となってしまいます。

洗顔料との接触時間が長いのでうるおいが奪われたり、摩擦の回数が多くなってしまうことで肌がダメージを受けてしまいます。手際よく、すみずみまできちんと洗うことが非常に大切です。

タオルでゴシゴシと拭く

洗顔後の肌はとてもデリケートなので、タオルでゴシゴシと拭いてしまうと摩擦が起きて肌が傷ついてしまいます。清潔なタオルで肌に当てるようにやさしく拭きとることが大切です。

また、何度も使用したタオルで拭くと毛穴から雑菌が入り込み、肌トラブルの原因となってしまうので避けましょう。

美肌を目指すには洗顔がとても大切!


いかかでしたか?洗顔方法を見直すことはとても大切です。習慣づいてしまったものを直すのは大変かもしれませんが、正しい洗顔方法を身につけることで素肌に自信がもてるようになります。

また、美肌をつくるためには、自分に合う肌質のものを選ぶことが重要です。洗顔料は固形やクリームタイプなど様々なものがあるので、それぞれの特徴を知って洗顔料を選びをしましょう。

毎日の習慣だからこそ、しっかりとした洗顔を行って美肌になりましょう!

TOP