正しい洗顔は美肌への近道

正しい洗顔は美肌への近道

ちゃんとスキンケアしているつもりなのに「毛穴が開いている」「ニキビや吹き出物ができやすい」「肌がカサつく」そんなお悩みはありませんか?もしかしたら原因は洗顔方法かもしれません。間違った洗顔をしていると、肌のキメやハリが失われ、お肌の老化が加速します。正しく洗顔して透明感のある素肌を育てましょう。

ちゃんとスキンケアしているつもりなのに「毛穴が開いている」「ニキビや吹き出物ができやすい」「肌がカサつく」そんなお悩みはありませんか?もしかしたら原因は洗顔方法かもしれません。間違った洗顔をしていると、肌のキメやハリが失われ、お肌の老化が加速します。正しく洗顔して透明感のある素肌を育てましょう。

洗顔の前に


洗顔の目的は汗腺から出る汗や皮脂などの汚れや細菌を落とすことです。空気中にはたくさんの細菌が存在しているので、顔は常に菌にさらされた状態です。朝晩にしっかり洗顔して、きちんと汚れを落とすことは美肌つくりに欠かせません。

洗顔の前に手をハンドソープや石鹸で洗って雑菌を落とします。まずは何もつけずに30~35℃くらいのぬるま湯で予洗いしてください。このとき水を使うと毛穴が閉じてしまって汚れが十分に落とせませんし、水の温度が高すぎると皮脂が落ちすぎてしまってバリア機能が失われます。予洗いで適度に皮脂を落としましょう。

洗顔料の使い方


予洗いがすんだら洗顔料を手に取りよく泡立ててください。泡立てネットやブラシを使うのもおすすめです。丁寧に泡を立て、手のひらを逆さにしても泡が垂れないくらいのもっちり泡を作るのがポイントです。泡タイプの洗顔料を使うのもいいでしょう。泡立てが十分でないと摩擦が起きて肌細胞を傷めてしまうので、時間をかけてきめ細かい泡を作りましょう。

美肌のための正しい洗顔方法


洗顔料を十分に泡立てたら、皮脂の多いTゾーンに泡をのせます。指のはらをつかって優しくクルクルと円を描くように洗います。小鼻のわきは皮脂が溜まりやすいので、小指や人差し指でしっかり洗います。汗や皮脂がたまりやすいフェイスラインも丁寧に洗ってください。

頬は皮脂の分泌が少ないのでさっと洗います。皮膚が薄い目もとや口もとは泡を乗せるだけでOK。洗いすぎると皮膚が傷つきますし、皮脂を落としすぎてしまうので注意してください。

洗顔のあとはぬるま湯で丁寧にすすいでください。特にあごやこめかみ、髪の生え際のあたりは丁寧にすすぎます。すすぎが不十分だと、吹き出物やニキビができやすくなるので要注意です。ゴシゴシこすらずに、手のひらで優しく包み込むようにしてすすいでください。

丁寧にすすいだら、清潔なタオルで上から包むようにして水分を拭き取りましょう。強くこすると摩擦が生じるので優しく拭き取ってください。洗顔後は水分が蒸発してどんどん失われていきますから、すぐにスキンケアを行いましょう。

洗顔は1日2回


皮脂の多いオイリー肌や混合肌だと、頻繁に洗顔したくなりますが、実は洗い過ぎはNGです。適度な皮脂はお肌を乾燥や紫外線などの刺激から守るバリアになります。ですから完全に皮脂を落としてしまうと、肌は無防備な状態に。皮脂が失われて乾燥した肌は、再びバリアをはらなければ!と皮脂をますます分泌し、結果として皮脂の過剰分泌をまねき肌荒れの原因になります。

また、表面の皮脂が落ちても、肌の内側が乾くインナードライ肌になることもあります。ですから、美肌のためには朝と夜の2回洗顔するだけで十分なのです。

洗顔料の選び方

via pixta.jp

自分の肌質にあった洗顔料を選ぶことは美肌への近道です。乾燥肌の人は、洗浄力の強い洗顔料を避ける方がよいでしょう。合成界面活性剤が含まれている洗顔料は、お肌に必要な皮脂まで奪います。低刺激の弱酸性、アミノ酸系洗顔料をおすすめします。

また、肌に刺激を与える鉱物油やエタノール、シリコンなどが入っている洗顔料も避けた方が良さそうです。スクラブ入りの洗顔料は乾燥肌の人には刺激が強いのでおすすめできません。クリームタイプやパウダータイプは乾燥肌や敏感肌の人に向いています。

皮脂の多いオイリー肌の人は、洗浄力が強めの弱アルカリ性洗顔料を選ぶのがおすすめです。皮脂が多すぎると毛穴がつまるので、きちんと余分な皮脂を落としましょう。ですが、皮脂の落とし過ぎはかえって肌荒れのもとになりますから、ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分も含まれている洗顔料を選ぶのがベターです。固形せっけんタイプや、ジェルタイプ、リキッドタイプもオイリー肌の人に向いています。

日本人にもっとも多いのは混合肌だといわれています。混合肌の人は、テカリを抑えようとしてついつい洗浄力の高い洗顔料を選びがちですが、混合肌の人に必要なのは保湿成分の多い洗顔料です。乾燥部分に合わせて洗顔料を選びましょう。


添加物の少ない無添加洗顔料がおすすめです。また、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分が入っている洗顔料もおすすめします。


洗顔は毎日するものなので、洗顔料選びや、洗顔方法は大切です。間違った方法で洗顔していると、肌トラブルを招き老化を促進します。ニキビや乾燥肌などの肌トラブルを防いだり、たるみやシワなどの年齢肌トラブルを防ぐには洗顔方法から見直してみるのがおすすめです。

洗顔方法を変えると肌トラブルが改善し、じょうぶで美しい美肌を取り戻せるでしょう。
TOP
無題ドキュメント