クレンジングと洗顔はどう違う?ダブル洗顔不要について

クレンジングと洗顔はどう違う?ダブル洗顔不要について

クレンジングと洗顔、両者の違いを知っていますか?メイクをしたときには、クレンジング、朝起きたときは、洗顔をする……というような違いが思い浮かびますよね。本当の意味のクレンジングと洗顔について知ると、自分の肌をもっと大事にしようと思うはずです!
クレンジングと洗顔、両者の違いを知っていますか?
メイクをしたときには、クレンジング、朝起きたときは、洗顔をする……というような違いが思い浮かびますよね。

本当の意味のクレンジングと洗顔について知ると、自分の肌をもっと大事にしようと思うはずです!

クレンジングとは

クレンジングとは、メイクや毛穴に詰まった汚れを落とすときに使いますが、さらに詳しくみていきましょう。

油性の汚れを落とす

油性の汚れというと、ファンデーションや口紅などのメイク汚れのこと。
これらの汚れを落とすのがクレンジングであり、毛穴に詰まったファンデーションなどの汚れも落としてくれます。

クレンジングというと、オイルタイプ、ミルクタイプ、ジェルタイプが主であり、最近注目されている「クレンジングバーム」というタイプもあります。

クレンジングバームとは?

最近人気があるのが、クレンジングバームです。
固形のクレンジングバームは、手に乗せるとオイル状になり、洗浄力はオイルクレンジング同様に高め。

さらに、洗顔やマッサージなどいくつもの機能を兼ねています。

しっかり洗い流さないとニキビの元となりますし、洗浄力が高めなのでしっかり保湿をしましょう。

洗顔とは

洗顔とは、朝起きて顔を洗うイメージが強いのではないでしょうか。

クレンジングと洗顔とは同じ顔を洗うという行為でも、内容はかなり違います。
さらに詳しく見ていくことにしましょう。

水性の汚れを落とす

水性の汚れというと、ホコリやチリ、皮脂や古い角質のこと。
これらの汚れを落とすのが洗顔であり、メイクをしていない状態のときに顔を洗うことを指すことが多いでしょう。

洗顔料は、ジェルタイプ、ミルクタイプ、フォームタイプ、石けんタイプなどがあります。
肌質に合わせてどのタイプがいいのか考えて使った方がいいでしょう。

洗顔で大事なこと

洗顔をするときに大事なことがいくつかあります。
これらのことを守って洗顔することによって、トラブルを防ぎ、きれいな肌に近づきます♪

・きれいな手で顔を洗う
手をきれいに洗ってから洗顔をするようにしましょう。

・よく泡立てる
泡立たせるタイプの洗顔料の場合、たっぷり泡立てて洗顔しましょう。

・ぬるま湯で洗い流す
33℃~36℃のぬるま湯で洗顔料を洗い流しましょう。
20回くらいすすいだ方がよさそうです。

・洗顔後は……?
清潔なタオルでそっと水分を吸い取らせるように拭き取り、できるだけ早めに保湿をしましょう。

ダブル洗顔不要ってどういうこと?

メイクを落とすときに、クレンジングだけではなく、洗顔料も兼ねているタイプがあります。

このような場合、「ダブル洗顔不要」と書いており、これひとつでクレンジングと洗顔が可能です。
ダブル洗顔不要について、詳しくみていきましょう。

結局肌にはいいの?

顔を洗うということは、どうしても潤いを奪いますし、顔に摩擦をかけてしまいます。
それが、ダブル洗顔不要であれば1回で済むので、肌には確実に優しいですよね。

特に乾燥肌の人にとっては、クレンジングと洗顔が1回で済むので、ダブル洗顔不要タイプがおすすめです。

汚れが落ちているかが心配

ダブル洗顔不要だと汚れがしっかり落ちているか心配に思ってしまう人もいるようです。

それは心配なく、ダブル洗顔不要のクレンジングは、油性の汚れと水性の汚れをバランスよく落とせるような成分内容になっています。

肌質を知るとピッタリの洗顔方法が見えてくる!

クレンジングと洗顔、メイクをしたときとそうでないときに使い分けるようにしましょう。

クレンジング剤にはオイルタイプをはじめ、あらゆるタイプがあるので、自分の肌質に合ったものを選ぶようにしましょう。
ダブル洗顔不要というタイプは、乾燥肌の人にはおすすめの洗顔です。

いずれにしても、クレンジングも洗顔も正しい方法で行うことが大切であり、きれいな肌になるための近道となるでしょう。
TOP
無題ドキュメント