メイク落とし、違いは何?メイク落としの種類について徹底解説します!

メイク落とし、違いは何?メイク落としの種類について徹底解説します!

メイク落としにはさまざまな種類があります。 オイルタイプやクリームタイプもあれば、逆にオイルを含まないジェルタイプなど、一体何が違うのかわからないという人も多いのではないでしょうか。 この記事では、それぞれのメイク落としの特徴について解説します♪
メイク落としにはさまざまな種類があります。

オイルタイプやクリームタイプもあれば、逆にオイルを含まないジェルタイプなど、一体何が違うのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

この記事では、それぞれのメイク落としの特徴について解説します♪

洗浄力の高いメイク落とし

まずは、普段からしっかりメイクをしている人や脂性肌の人におすすめの、洗浄力の高いタイプのメイク落としについてご紹介します。

オイルクレンジング

オイルクレンジングは、クレンジングのうちでも洗浄力が高く、愛用する人も多いタイプのようです。
メイクとすぐになじみ、素早く落としてくれます。

使う時の注意点としては、オイルをメイクに馴染ませたらそのまま流すのではなく、手で水分を加えて全体を乳化させてから洗い流すことです。

乳化させることで馴染んだメイクがしっかり浮き出して、きちんと落とすことができる仕組みになっているからです。

バームクレンジング

バームタイプは、一見クリームのようなのに、肌にのせるとオイルのようなやわらかいテクスチャになってメイクと馴染んでくれます。

オイルのようにするりとメイクが落ちるのに、うるおいも残してくれるものが多いのが人気の理由のようです。

リキッドクレンジング

リキッドタイプもオイルタイプのようにサラサラのテクスチャで洗浄力も高めのクレンジングです。

ただし、オイルクレンジングと違ってオイルフリー処方になっているものも多く、まつげや眉毛のエクステをしている人でも使えるものもあります。

しっとりタイプのメイク落とし

洗い上がりがやさしく、しっとりとするタイプのメイク落としについて解説していきます。

ジェルクレンジング

オイルよりもやさしく、クリームよりもべたつかないということで人気なのが、ジェルクレンジングです。

ジェルクレンジングといってもオイルが含まれているものと含まれていないものがあり、幅広い肌タイプの人に使えるといえます。

テクスチャがしっかりしているため、肌への摩擦が少ないものが多いようです。
オイルフリーのものであればまつげや眉毛のエクステに使用できるのもポイントです。

クリームクレンジング

メイク落としの中でも、最もしっとり洗い上がるのがクリームクレンジングといわれています。

高い洗浄力を保ちつつ、うるおいを残しながら洗い上げるため、乾燥肌の人向きといえます。

ミルククレンジング

クリームクレンジングよりもさらに水分が多く、テクスチャが柔らかいのが特徴です。

肌へのやさしさも抜群で、乾燥肌や敏感肌の人も安心して使えるものが多いようです。

ただし、濃いメイクを落とすには洗浄力が比較的弱めになっているので、ナチュラルメイクを落とすのにおすすめです。

時短・お手軽メイク落とし

最後に、時短でパパッとメイクを落とせるアイテムについてご紹介します。

毎日使うのには向かないかもしれませんが、忙しい時期や疲れた日のために常備しておいてもいいかもしれません。

水クレンジング

一見リキッドクレンジングと似ているようですが、水クレンジングの最大のポイントは洗い流す必要がないことです。
なかには化粧水の役目まで兼ねてくれるものもあるようです。

使い方は、コットンにたっぷりとってふき取るだけです。
夜のメイク落としだけでなく、メイク失敗時のやり直しにも手軽に使えて便利ですよ♪

シートクレンジング

水クレンジングと似たアイテムで、こちらはあらかじめシートがクレンジング液に浸されているものです。
すべてのクレンジングの中で最も手軽なタイプといえるでしょう。

ただ、自分でコットンにクレンジングを含ませる水クレンジングよりも液が少なめで、摩擦がおきやすいというデメリットもあるようです。

どうしても動きたくないほど疲れているときなどには重宝します。
また、持ち運びが簡単な小分けタイプも出ているので、旅行に持っていくのにも向いているといえます。

メイク落としの違いを知って、自分に合ったクレンジングを選ぼう

メイク落としの種類ごとの違いについて解説してきました。

どれが優れているということではなく、日々のメイクの濃さや肌質などによって相性が違ってきます。
自分にちょうどいいメイク落としで、毎日の肌ストレスを減らしていきましょう☆
TOP
無題ドキュメント