30代におすすめ!種類別クマ対策のできる目元美容液7選

30代におすすめ!種類別クマ対策のできる目元美容液7選

疲れて見えたり、老けて見えたりしてしまう印象を与えるクマ。30代になってからクマを取り除くことができず、悩む女性も多いかもしれません。 実はクマには、茶クマ・青クマ・黒クマの3種類があります。自分がどのタイプのクマなのかを知り、正しくケアすることがクマ撃退のポイントです!

茶クマにおすすめの美容液

茶クマは目の下にシミができ、色素沈着が起こることによってできるクマのことです。
茶クマかどうか判別する方法としては、目の下を引っ張っても色が変わらないこと。
メラニンが原因なので、美白ケアをしましょう。

また週に1、2回ピーリングをすることや、日常的に目の下をこすらないように気を付けることも有効です。

ロクシタンジャポン イモーテル オーバーナイトリセットセラム

30代のクマにおすすめの美容液のひとつがこちら。
夜用の目元美容液で、寝ている間にあらゆる目元の肌トラブルを修復することを目的としています。

生命力の高い植物・イモーテルから抽出したエッセンシャルオイルと植物由来の美容成分が配合されており、浸透力もあります。
あらゆるタイプのクマをケアすることができます。

ホワイトニングアイクリーム

30代でクマに悩む女性におすすめのアイクリームがこちら。
加齢によるあらゆる目元の肌トラブルに悩む女性にぴったりのアイクリームです。

メラニンの生成を抑えてくれる成分が配合されているため、クマの改善にも効果が期待できます。
ほかにも、うるおいを与えてふっくらとした若々しい目元をつくるための成分も配合されています。

ジュメル

ジュメルはあらゆる目元の悩みを1本でトータルケアするための全方位型アイクリーム。
ヒト幹細胞培養液という、自らの細胞を活性化させることで肌トラブルを改善するための成分が配合されています。

またアルガンツリー幹細胞、リンゴ幹細胞といった7種の植物由来の幹細胞エキスを配合しており、細胞に栄養を与える仕様に。
色素沈着が原因の茶クマを改善するにはぴったりです♬

青クマにおすすめの美容液

寝不足の時などにできやすいのが青クマです。
青クマは目の下が青く見えるクマのことで、目の下を軽く下に引っ張ると目立たなくなるのが特徴です。

青クマは、流れの滞った血液が透けて見えている状態なので、コラーゲンを増やして血行を良くするケアがおすすめです。

ビーグレン レチノA

ビーグレン レチノAには、2種類のビタミンAが配合されており、エイジングケア全般に効果が期待できます。
コラーゲンの働きをサポートするという意味でも、レチノイン酸トコフェリルや、新型ペプチドなどが配合されており、青クマの改善に効果が期待できます。

ビーグレン独自の浸透テクノロジーである「QuSome」を使っているため、即効性へのこだわりも魅力です。

shimaboshi コレクティブアイセラム

コレクティブアイセラムは口コミサイトで常に高い評価を集めている薬用目元美容液です。
クマはもちろん、くすみ、シワ、たるみといった肌トラブルをマルチに解決するためのアイテムなんです 。

コラーゲンやエラスチンが配合されているため、ハリやツヤが生まれるのはもちろん、血行を促進することで青クマの解消にも効果が期待できます。

黒クマにおすすめの美容液

加齢によるクマの典型的なものが、黒クマです。
黒クマは皮膚のたるみによって、目の下が黒く見える状態の事を指します。上を向いたときにクマが目立たなくなる場合は、黒クマだといえるでしょう。

黒クマを解消するには、コラーゲンを増やしてハリを取り戻したり、むくみケアをすることが有効です。

アテニア アイエクストラ セラム

まぶた、目の下、目じりのあらゆる悩みに対応してくれる美容液がこちら。
アイエクストラ セラムには独自開発成分エネリブートGYが配合されており、年齢とともに目元の毛細血管が減少する「ゴースト地帯化」にアプローチしてくれます。

また、コメ胚芽油や酵母ペプチドなども配合されており、目元にハリを与える処方となっているんです!

資生堂ベネフィーク レチノリフトジーニアス

レチノリフトジーニアスは、主にシワや美白に効果が期待できるアイクリームです。
黒クマは目元のシワやたるみが原因となるので、シワ対策ができるこのアイテムはぴったり!

また、美白効果のある成分が配合されていることで色素沈着が原因の茶クマにもおすすめです。
滑らかに浸透していくテクスチャーで口元にも使うことができますよ!

30代からのクマは種類によって美容液を使い分けよう

クマのケアは、まずクマの種類を正しく把握することが大切です。
間違ったケアをしていても、クマは改善されません。

年齢を重ねるごとにクマはできやすくなってしまうので、しっかりと自分に合ったケアをして疲れ知らず・老け知らずの美肌を目指しましょう♬
TOP
無題ドキュメント