ニキビ治療解決のカギは治療と日々の毛穴スキンケアと生活習慣にあり

ニキビ治療解決のカギは治療と日々の毛穴スキンケアと生活習慣にあり

中学生あるいは高校生の頃、鏡を見ては顔が気になった経験があるでしょう。 ある日突然現れたニキビは、やがてどんどん広がります。 思春期でも大人でも、その悩みは大きいですね。 今回はニキビの原因や、発生源となる毛穴のスキンケアなど、対策法と予防法もまじえてお話ししましょう。
中学生あるいは高校生の頃、鏡を見ては顔が気になった経験があるでしょう。ある日突然現れたニキビは、やがてどんどん広がります。思春期でも大人でも、その悩みは大きいですね。

今回はニキビの原因や、発生源となる毛穴のスキンケアなど、対策法と予防法もまじえてお話ししましょう。

ニキビの内容は実にさまざま


ニキビは全人口の9割が経験する、皮膚の炎症です。10代に現れるので「青春のシンボル」と表現されるでしょう。しかし放置しておけば悪化し、皮膚に痕が残ってしまいます。

そしてニキビは若い人だけでなく、年を重ねた大人も罹患します。症状や原因も複数あるので、簡単に紹介してみましょう。

思春期ニキビは若いからこそおきる

ニキビには皮膚の脂肪分過多が原因で10代頃に出現する「思春期ニキビ」と、ホルモンバランスの乱れやストレスが原因の「大人ニキビ」があります。

多くの人が経験しているのは思春期ニキビでしょう。小学生高学年の頃に突如現れ、中学生から高校生頃にかけ顔じゅうに広がります。やがては背中や脚・お尻にまで拡大し、その勢いは留まる事を知りません。

10代の頃は皮膚の脂肪分が多く分泌され、これが全身の毛穴を詰まらせます。そこに「アクネ菌」が増殖して炎症を発生させ、ニキビという皮膚炎になるのです。

大人ニキビは健康状態を示すサイン

ニキビに罹患するのは若い人だけではありません。脂肪の分泌が少なくなった大人も、顔をはじめ全身の至る所に現れます。50代を迎えた人でも、ニキビの発生は珍しくないのです。

主な原因は生活習慣の乱れやストレスにより、ホルモンのバランスが崩れる事でしょう。ちなみに口元や顎に現れたニキビは、胃腸が弱っているサインとされます。


また加齢によって皮膚が水分を失い、乾燥してしまうのも大きな要因です。大人ニキビは健康バロメーターなのですね。

気になっても触る事はNG

最近は会社でのデスクワークにより、座っている時間が長くなりました。そのためお尻にニキビが出来る人も増えてきたようです。日常生活で大きなニキビが現れたら、気になって仕方がないですね。

故意に指でつねって潰してしまい、膿が飛び散ったという人も多いでしょう。でもこの行為がさらに症状を悪化させ、「クレーター」が残ってしまうのです。ニキビが現れたらむやみに触らず潰さず、適切な治療とスキンケアを心掛けましょう。

進化した医療方法でニキビを治療する


顔などに出来てしまったニキビ。従来は市販の薬品や化粧品を塗布し、症状が進行したら医院へというのが普通でした。

しかし現在は治療法が進んでおり、初期段階からの通院が望ましいでしょう。次はニキビの適切な治療と、毛穴を中心としたスキンケアを紹介します。

ニキビが出来たらとにかく皮膚科へ

ニキビに罹患したならば、皮膚科を受診しましょう。皮膚科では独自ガイドラインに基づき、毛穴の詰まりを専用薬「ディフェリンゲル」によって解消します。そしてニキビ発生を促進させるアクネ菌に対し、抗生物質服用と塗り薬塗布を行うのです。

初期段階のニキビには、この治療が優れた効果を発揮するでしょう。もちろん化膿するなど進行してしまったニキビも、適切な治療が出来ます。快方に向かっても再発予防療法が必要なため、しばらくは通院を続ける事になります。

ディフェリンゲルの効果と条件

ディフェリンゲルという薬は前述したように、皮脂による毛穴の詰まりを解消させます。アダパレンなどの主成分が毛穴を広げ、皮脂が溜まらないようにするのです。

初期のニキビには効果を示しますが、進行したニキビには期待出来ません。だからこそ早期からの通院が大切です。

ただし皮膚の乾燥やかゆみなどの副作用がある上、妊娠の使用は不可となります。副作用は約2週間で治まりますが、あらかじめ医師と相談しておく事が大切でしょう。

ニキビの治療は時間をかけて根気よく

ディフェリンゲルは1日1回の使用です。毎日寝る前に必ず洗顔し、その後全体的に塗布しましょう。

ニキビを中心に、その周囲にも塗ってゆく事が大切です。こうすれば患部以外にも成分が行き届き、新たなニキビを防止出来るのです。効果が現れるまで少なくとも1ヶ月は要するので、粘り強く毛穴ケアをしてゆきましょう。

尚ディフェリンゲルを塗布するのは顔のみです。背中やお尻のニキビや進行したニキビも、内服薬と外用薬による治療があります。ぜひ医師に相談してください。

ニキビを防ぐ3つの方法


全身に無数の毛穴がある限り、ニキビは全身に現れるでしょう。ニキビが現れてしまったら、まずは皮膚科での治療が大切です。

でもニキビが現れないよう、日頃から心掛ける事は出来ます。適切なスキンケアやバランスのとれた食事、そして規則正しい日常生活を実行すれば、防げるかもしれませんよ。

まずは正しい顔の洗い方を

ニキビを防ぐには、まず肌を大切にしましょう。それには正しいスキンケアと、毛穴の清潔を実践する事です。

すぐに思いつくのは洗顔ですが、脂っぽさを取り除こうと何度も洗顔するのは禁物。必要な水分が失われる上、それを守ろうと皮膚がさらに脂肪を出すため、かえってニキビを発生させます。

理想は朝と夕の2回。ぬるま湯で顔を濡らし、洗顔料を泡立て顔全体になじませましょう。そして顎~鼻~額~頬の順で、優しくなでるように洗います。毛穴に余分な刺激がかからず、適度な皮脂と水分が保てるでしょう。

規則正しくバランスよい食生活を

次に大切なのは食事です。高カロリーな食事やインスタント食品、連日の飲酒は肌に悪影響を及ぼすでしょう。多量の脂肪分や糖分は当然、皮脂の分泌を促進させてしまいます。

ニキビの予防となる食物は、主にビタミンBやビタミンCの類です。野菜や果物に大豆類、玄米やレバーに青魚を積極的に摂りましょう。朝・昼・晩3度の食事習慣は、最大限守りたいですね。

ストレスに支配されない生活習慣を

食生活の乱れはもちろん、生活習慣の乱れもニキビを招きます。日頃から抱えるストレスは、自律神経と血流を乱すでしょう。

人間には古い皮膚が落ち、新しい皮膚が現れる「ターンオーバー」がおきます。しかし神経や血流が悪くなれば、このターンオーバーもうまくいきません。その結果皮脂の分泌が促進され、毛穴も汚れてニキビになってしまうのです。これに寝不足が加われば、さらに状況は悪化します。

まずは3度の食事をしっかり摂り、適度な運動をこなし、充分な睡眠をしましょう。メリハリのある生活こそニキビを防ぎます。

ニキビこそ自分を見直すチャンスにしよう


中学・高校生の頃、鏡を見ては顔が気になったみなさん。ニキビの原因や治療法、対策はお分かり頂けましたか。

規則正しい食事と生活習慣、そして肌と毛穴のスキンケア。これを続ければニキビも近寄れないでしょう。

ニキビは青春のシンボルであると同時に、「健康のシグナル」なのかもしれませんね。青春の想い出を、今の自分と向き合う機会に出来れば、喜ばしい限りです。心身の状態を示してくれるニキビに、せめて最後は感謝してあげましょう。

【参照サイト一覧】
TOP