今年もやってきた乾燥シーズン…冬スキンケアは肌をいたわる保湿を。

今年もやってきた乾燥シーズン…冬スキンケアは肌をいたわる保湿を。

徐々に寒くなってくる季節、気になるのは「乾燥」。そんな乾燥しやすい季節には、スキンケアもいつもとちょっと変えてみるのがおすすめなんです。様々な肌トラブルを引き起こす前に、冬用スキンケアを押さえて冬でも潤うモチモチ肌をキープしましょう!
徐々に寒くなってくる季節、気になるのは「乾燥」。そんな乾燥しやすい季節には、スキンケアもいつもとちょっと変えてみるのがおすすめなんです。様々な肌トラブルを引き起こす前に、冬用スキンケアを押さえて冬でも潤うモチモチ肌をキープしましょう!

冬場の肌は、外でも屋内でも乾燥ピンチ

気温と湿度が大きく下がる冬。もちろん外の空気はカラカラなので、通勤や通学で外を歩いている間にも肌は乾燥してしまいます。また、寒くて肌の表面温度が下がると血行が悪くなってしまいますよね。これが原因で肌荒れを起こしてしまうことも。

また、油断できないのは冬場の室内。暖房が効いて温かいから大丈夫じゃない?と思いがちですが、暖房も空気を乾燥させてしまいます。室内でも油断せず、卓上加湿器などを利用して空気を潤しておくのがおすすめ。肌の乾燥を防ぐのと同時に、風邪予防にもなりますよ。

さらに冬は、イベントの多い季節でもありますよね。クリスマスパーティーや忘年会・新年会などが続くと、食生活や生活リズムが乱れてしまうことも。栄養の偏りや睡眠不足は肌にとって大敵!なるべくストレスを溜めないよう意識することも冬場は大切です。

朝の保湿は”ちょっと丁寧”に

まずは、冬の朝のスキンケアを解説していきます。
朝は、冷え・乾燥ともにMAXレベル…!当然、起きたばかりの肌も乾燥しています。いつもよりも少しだけ丁寧な、とはいえ忙しい&お布団からなかなか出られない冬の朝でもめんどくさくならないような、冬の朝用スキンケアを覚えておきましょう!

洗顔は優しい温度でサッと

寒い冬の朝、熱いお湯で顔を洗うと気持ちいいですよね。でも、それはむしろ乾燥を加速させちゃうってご存知でしたか?
熱すぎる温度で顔を洗うと、肌にとって必要な皮脂まで落としてしまいます。すると、肌表面がかさかさになったり逆に皮脂が出すぎてベタつくようになったりと良いことナシ…。冬でも、洗顔はぬるま湯(32~34℃程度)でこすらず優しく洗いましょう。
また、冬場は洗顔料なしで水洗顔のみでもOK。洗い過ぎによる乾燥を防ぐことができますよ。

化粧水はじっくり浸透させて

洗顔後は、濡れた肌が乾燥しないようすぐに化粧水を。使う量は「バシャバシャ」ではなく「10円玉の大きさくらいの量」でOK。あまり多くの量を使っても、肌の過剰保湿につながり逆効果になります。

ササッと塗るのではなく、手のひらやコットンに取った化粧水を丁寧に塗り、最後に手のひら全体でお顔を多いキュッとハンドプレスしてあげましょう。このワンステップで、潤いが日中も逃げていきません!

「色々…」ではなくシンプルに

乾燥を防ぐためについクリームやオイルなど色々なスキンケアアイテムを重ね塗りしたい!そんな気持ち、とってもよくわかります。でも、色々重ね過ぎは肌にとって良くないことが…。
冬のスキンケアのポイントは、「シンプル丁寧」にすること。色々なアイテムを使っている方は、化粧水後のステップを少し減らしてみるといいかもしれません。

化粧水後は、乳液またはクリームを丁寧に塗ってあげるだけで十分しっかり保湿ができます。または、化粧水→乳液→保湿効果のある化粧下地、というステップでメイクに入っていくのも時短になっておすすめですよ。

ちなみに、冬も紫外線は降り注いでいます。夏よりもSPFは低めで良いものの、毎日日焼け止めは塗っておきましょう。

夜も”優しく丁寧に”がポイント

一日中、外気や暖房にさらされて頑張ったお肌。夜のスキンケアタイムにはしっかりいたわってあげたいですね。
一日の乾燥を夜のうちに解消して、翌朝もトラブルのないうるおい肌をキープする冬の夜用スキンケアについて解説していきます!

飲み会後でもクレンジングは絶対!!

忘年会で帰りが遅くなってもう眠い~…ってメイクを落とさず寝てしまうのはお肌にとって一番ダメ!クレンジングは絶対丁寧にしてあげましょう。

乾燥が気になる季節、おすすめなのはミルクタイプのクレンジング。ふきとりタイプやオイルタイプに比べて保湿力が高いんです。優しくこすらずにしっかりメイクを落としてあげてくださいね。

お風呂から出たら速攻保湿

お風呂から出たら、すぐに保湿ができるように化粧水をスタンバイしておくことがポイント。濡れた肌はとっても乾燥しやすいので、少しでも早く化粧水をつけてあげましょう。

また、高保湿タイプのシートマスク・コットンパックもおすすめ。ゆっくり潤いを浸透させて、お肌のいたわりタイムを。最後に、朝と同じように乳液かクリームで蓋をしてあげれば、翌朝ももちもちのお肌をキープできるはずです!

気になる部分はプラスでケア

目元や口元など、肌が薄い部分は特に乾燥に弱いです。こういった部分には、ポイントケアクリームやstickバームを重ね塗りしてあげるひと手間をかけてあげるとカサつきが気にならなくなりますよ。

また、冬は唇もあれやすい季節。日中にリップクリームをこまめに塗ってあげることに加え、夜には唇ケア用のスクラブなどを使用するのもおすすめ。皮剥けやくすみも防ぐことができます。
冬は、常に乾燥リスクに晒されている季節。いつものスキンケアにちょっとひと手間を加えたり、冬用のスキンケアを意識しておこなったりすることで、冬でももちもち潤う肌をキープすることができるはずです!冬用スキンケアで、冬のイベントももっと楽しくなるかも…?
TOP