毛穴の角栓、黒ずみに!オイルクレンジングと綿棒を使ったケアを紹介します

毛穴の角栓、黒ずみに!オイルクレンジングと綿棒を使ったケアを紹介します

日々生活しているだけでもなぜか溜まっていく毛穴の汚れ…毎日きちんと洗顔しているのに、と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 毛穴に汚れが溜まってしまったときにおすすめの、オイルクレンジングと綿棒を使ったスペシャルケアについてご紹介します☆

毛穴ケアにオイルクレンジングと綿棒を使うのがおすすめな理由

毛穴の悩みにはオイルタイプのクレンジングと綿棒を組み合わせて使うのがおすすめです。
その理由は、毛穴汚れの原因にあります。

毛穴の汚れ、黒ずみ、なぜ起こる!?

毛穴の悩みといっても白い角栓や黒いポツポツなどさまざまです。
しかし、それらはすべて皮脂汚れが毛穴に溜まることから始まります。
角栓は皮脂が毛穴に詰まってしまい、周辺の角質と混ざることで起こります。
黒いポツポツは、皮脂が空気に触れて酸化した状態です。
ひどくなるとニキビになったり、赤く腫れたりしてしまうことも💦

毛穴の皮脂はオイルで撃退しよう

これらは皮脂を上手に取り除くことで解消することができます。
そこでオイルクレンジングの出番というわけです♪
脂を溶かして除去するにはオイルが最も適しているといえるでしょう。

オイルクレンジングと綿棒を使って毛穴汚れを落とす方法

それでは、具体的なケア方法についてご説明していきます。
やり方はとってもカンタン♪
特別な道具も必要ないので、気になったらすぐに試せる方法なんです。

オイルクレンジングと綿棒を使った毛穴ケア1.綿棒にオイルクレンジングを染み込ませる

まずは、普通の綿棒にクレンジングオイルを染み込ませます。
オリーブオイル等でもよいといわれますが、私のおすすめはやはり皮脂汚れに合わせて作られたクレンジングオイルです。

オイルが少なすぎると次のステップで摩擦が強くなってしまい、肌を傷める原因になってしまいますので、たっぷりと含ませましょう。

オイルクレンジングと綿棒を使った毛穴ケア2.くるくると円を描くようにマッサージ

オイルを含ませた綿棒で、小鼻を中心に気になるところをやさしくマッサージします。
くるくると円を描くように動かすことで、綿棒の繊維が毛穴の汚れをからめとってくれます。

オイルクレンジングと綿棒を使った毛穴ケア3.泡洗顔でしっかりオフ

最後に、泡洗顔をしてオイルクレンジングをしっかりオフします。
開いた毛穴にはまた汚れが入り込みやすくなっているので、いつもより念入りに保湿ケアをするのがおすすめ。
これで完了です。

オイルクレンジングと綿棒を使った毛穴ケアをするときの注意点

黒ずみや角栓をオフしてくれるケア方法ですが、いくつか注意点があります。
お手入れするはずがかえって肌を傷つけてしまった…ということにならないよう、気をつけてほしいポイントをお伝えします♪

注意点1.強くこすらない

小鼻を綿棒でくるくるするとき、強くこすったりするのはNGです。
汚れも溜まりやすいですが、同時に皮がむけたり赤くなったりしやすいのも小鼻です。
あくまでやさしく、自然にすべらせるようにしましょう。
ケアしたら即ごっそり汚れが取れる…といった目に見えた効果があるものではないので、汚れが取れる感じがしないからといって焦る必要はありません。

注意点2.頻繁にやりすぎない

毛穴の汚れが気になるからといって毎日のように繰り返すのもよくありません。
オイルクレンジングは洗浄力が強いため、かえって肌荒れや乾燥の原因になります。
また、意外かもしれませんが乾燥も毛穴汚れの原因になってしまうんです😨
肌が乾燥すると肌が頑張ってしまい、かえって皮脂が多く分泌されたり、肌のバリア機能が低下して肌荒れを招いてしまったりすることもあります。
なにごとも、やりすぎは禁物ですね!

オイルクレンジングと綿棒で毛穴美人をめざそう

オイルクレンジングと綿棒を使った、とっておきのケア方法についてご紹介しました!
小鼻がきれいだと、清潔感がいっそう増すものです。
上手にケアして毛穴美人をめざしましょう☆
TOP