肌に負担をかけない!時短でメイク落としをするコツ

肌に負担をかけない!時短でメイク落としをするコツ

メイクはしっかり落とすのが、美肌のための基本です。 しかし夜は疲れてクレンジングが面倒になることもあるでしょう。 クレンジングで睡眠不足になるのも避けたいもの。 時短でメイク落としをするコツを紹介します。
メイクはしっかり落とすのが、美肌のための基本です。しかし夜は疲れてクレンジングが面倒になることもあるでしょう。

クレンジングで睡眠不足になるのも避けたいもの。時短でメイク落としをするコツを紹介します。

時短でメイク落としをする方法


時短でメイク落としをする方法にはどのような方法があるでしょうか?時間をかけずに、キレイにメイクや皮脂汚れを落とす方法を紹介します。

メイクを拭き取る

簡単にメイクを落とせるのが、拭き取りタイプのメイク落としを使うことです。クレンジング剤を含ませてあるシートで、眉やアイシャドウ、マスカラ、口紅、ファンデーションなどを拭き取ります。

ポイントメイクにはシートをしばらくなじませてから落とすと、負担をかけずに落とせます。洗顔の必要がないので拭き取った後はすぐにスキンケアができます。

また、コットンなどにクレンジング剤を染み込ませて使うタイプもあります。

ダブル洗顔が不要のクレンジングアイテムを使う

通常は、クレンジング剤でメイクを落とし、洗顔においてクレンジングで落としきれなかったメイクや皮脂、ホコリなどの汚れを落とす洗顔をするダブル洗顔が基本です。

時短でメイクを落としたいときには、洗顔が不要なクレンジング剤、もしくはクレンジングが不要な洗顔料を使う方法もあります。

ダブル洗顔が不要なクレンジング剤には、クリームタイプのほか、ジェルやミルク、オイルタイプなどがあります。基本的には、肌へのダメージが少ないのがミルクタイプ、洗浄力を重視したいならオイルタイプがおすすめです。

ただし、肌質にもよるので、自分の肌に合ったものを選ぶことが必要です。

肌に負担の少ないメイク用品を使う

ミネラルファンデーションなど、クレンジングが不要で洗顔だけで落とすことができるメイク用品を使うのも一つの方法です。

ミネラルファンデーションは主に鉱物が主成分で、保存料や着色料など肌に負担のかかる成分が入っていません。そういったメイク用品を使えば、クレンジングの手間を省くことも可能です。

時短でクレンジングをする際の注意点


時短でメイク落としをすると、力を入れてゴシゴシこすったり、メイク汚れがよく落としきれなかったりすることがあり、肌に負担をかけてしまいます。時短でメイクを落とす際の注意点を知っておきましょう。

こすらない・力を入れ過ぎない

早くクレンジングや洗顔を済ませないと思うと、ついつい手に力が入ってしまい、ゴシゴシとこすってしまうものです。汚れはこすっても落ちるわけではありません。

こすれば摩擦ができ、肌荒れの原因になるので、こすらないように注意しましょう。面倒でも、忙しくても、やさしく、ていねいにクレンジングや洗顔をすることを心がけましょう。

こすらないためにも、クレンジング剤はたっぷり使うことです。特にポイントメイクを落とす際には、コットンにたっぷりと液を染み込ませて使うようにしましょう。量が少ないと落としきれずにこすってしまうことになるので、注意が必要です。

保湿ケアをしっかりする

肌へのダメージをできるだけ防ぐには、保湿ケアをしっかりすることです。特に拭き取りタイプのクレンジングは、肌をこすってしまうもの。また、クレンジング剤に入っている成分が、肌に直接触れるため肌に刺激となることもあります。

肌の乾燥を防ぐためにも、保湿をしっかりすることが大切です。化粧水をしっかり染み込ませ、美容液や美容クリームをきちんと使いましょう。

時間のあるときは角質ケアをする

時間のある休日などは、角質ケアをして古い角質を取り除きましょう。普段、十分なクレンジングや洗顔ができないと、肌の新陳代謝が悪くなります。古い角質が溜まり、シミやくすみ、シワなどの肌荒れを引き起こす原因となることも。

ピーリングで古い角質を取り除くことで、新陳代謝が促され、透明感のある肌につながります。

肌に負担をかけない方法で時短でメイクを落とそう


時短でメイクを落とす方法には、拭き取りタイプのクレンジング剤を使う、ダブル洗顔が不要のアイテムを使うなどといった方法があります。急いでメイクや汚れを落とす際には、できるだけ肌に負担をかけないように意識しながら落とすようにしましょう。

TOP
無題ドキュメント