スクラブ洗顔料の魅力とは?特徴や使い方、おすすめの洗顔料も紹介!

スクラブ洗顔料の魅力とは?特徴や使い方、おすすめの洗顔料も紹介!

スクラブ洗顔料とは、一般的にざらざらとした粒子が含まれる洗顔料のことをいいます。 テクスチャーはざらざらした質感。 つぶつぶの粒子によって、肌の表面にある角質や皮脂、毛穴の汚れなどを取り除くことができる洗顔料といえます。
スクラブ洗顔料とは、一般的にざらざらとした粒子が含まれる洗顔料のことをいいます。
テクスチャーはざらざらした質感。

つぶつぶの粒子によって、肌の表面にある角質や皮脂、毛穴の汚れなどを取り除くことができる洗顔料といえます。

スクラブ洗顔の特徴

スクラブ洗顔料をスペシャルケアとして取り入れている女性も多いはず。
そんなスクラブ洗顔料には、どんな特徴があるのでしょうか。

スクラブ洗顔料を使ったときの効果や、スクラブ洗顔料を使うときの注意点を紹介します。

スクラブ洗顔の効果

スクラブ洗顔料を使うと、肌の余分な皮脂や角質を取り除くことができます。
それによって毛穴の汚れが除去でき、きめ細やかな肌に整える効果が期待できます。

スクラブ洗顔料は毛穴汚れや古い角質を除去することができ、肌のターンオーバーを促すため、ニキビ肌に悩む人にもおすすめです。
ただし、炎症性のニキビの場合は肌に刺激を与えることで悪化する可能性があるので、注意が必要です。

また、ピーリング効果があるため、洗顔後につける化粧水や美容液の浸透力を上げることができます。

スクラブ洗顔の注意点

スクラブ洗顔はこすりすぎは禁物。
強くこすりすぎると肌への刺激となり、負担がかかってしまいます。
炎症性のニキビが起きている場所は、刺激があると炎症が悪化してしまうので使用しないようにしましょう。

また、もともと肌が敏感な人や、化粧水にも反応しやすくかゆみやひりつきを感じやすい人には、スクラブ洗顔は不向きです。
普通肌の人でも、日焼け後などで肌が敏感な状態になっていたり、かさついているなど乾燥を感じるときには使用を控えましょう。
スクラブ洗顔は一般的な洗顔料よりも肌を乾燥させてしまいやすくなります。

スクラブ洗顔料の素材

スクラブ洗顔料は古い角質を落として、肌のくすみをとるピーリング効果が期待できます。
これによって肌のざらつきがなくなり、肌の表面をなめらかにすることができます。
粒子で肌表面を研磨するようにできているため、薬剤によるピーリングに比べ効果は穏やかといえます。

スクラブの素材にはさまざまなものがあります。
天然素材も合成素材もあるため、肌質や目的に合わせて選びましょう。

天然素材は、塩、米ぬか、砂糖、海藻、あずき、こんにゃくなどが一般的。
合成素材は、ナイロンパウダー、マイクロビーズ、合成ワックスなどがあります。

スクラブ洗顔の使い方

肌の古い角質を落とすには画期的なアイテムであるスクラブ洗顔。
スクラブ洗顔を効果的に使うには、正しい使い方を知ることが大切です。

また誤った使い方をしてしまうと、効果があるどころかかえって肌を痛めてしまう原因にもなってしまいます。

メイクを落としてから使う

スクラブ入りのクレンジングも展開されていますが、基本的にはクレンジングとスクラブ洗顔料は役割が違うもの。
落とせる汚れも違うため、クレンジングとスクラブ洗顔料は別々に使うのがスタンダードです。

まずはクレンジングでメイクを落とし、肌を清潔な状態に保ってからスクラブ洗顔を行います。
スクラブ洗顔は乾いた肌でなく、ぬるま湯で肌をしっかり湿らせた状態で使います。

やさしくなじませ十分すすぐ

スクラブ洗顔料を使うときに注意すべきことは、絶対に強くこすらないことです。
肌をスクラブでゴシゴシこすってしまうと、肌を傷つけてしまう原因となります。

スクラブを使うときには、やさしく円を描きなでるようにしてなじませます。
少し肌の上で放っておくタイプのスクラブ洗顔料もあります。

十分に汚れをなじませたら、よくすすぎましょう。
すすぎ方は通常の洗顔以上にやさしくすることを心がけて。
スクラブの粒子が残らないよう、入念に洗い流してください。
肌トラブルの原因となります。

また、すすぎ終わったあとタオルで顔を拭く際も、肌をこするのではなくタオルを乗せて抑えるようにして水分を吸い取ります。

肌のコンディションで使い分ける

スクラブ洗顔料は顔全体に使う必要はありません。
乾燥しやすいところを避けて、べたつきが気になるところにだけ使うのも良いでしょう。
Tゾーンや小鼻など、ざらつきやべたつき、毛穴の黒ずみが気になるところにだけ使うイメージです。

また季節の変わり目になると肌の調子が悪くなる敏感な人や、生理前や体調不良によって肌トラブルを引き起こしやすい人は、自分の肌をよく観察して良好なコンディションの時に使うようにしましょう。

日焼け後など肌が炎症を起こしている状態のときも使うのは控えましょう。
炎症性のニキビがあるときにも使わない方がいいといえます。

保湿ケアをする

スクラブ洗顔料は肌の汚れや皮脂を落とす分、洗った直後の肌は乾燥しやすくダメージを受けやすい状態になっています。
洗顔後は化粧水を使って水分をたっぷりと取り込みましょう。

スクラブを使って余分な皮脂や角質をしっかり落としているので、化粧水や美容液の浸透力も上がっているはず。
美容成分も吸収しやすい肌の状態になっていますよ。

化粧水でうるおいを補給した後は、乳液やクリームなどの油分で肌にふたをし、水分が逃げないようにします。

最適な頻度

スクラブ洗顔料はツルツルになるのがやみつきになり、つい毎日使いたくなるもの。
しかし、肌の角質を削っているようなものなので、連続して使うと肌のバリア機能が低下してしまうことにもなりかねません。

そうなると肌のコンディションとしては逆効果に。
肌荒れを引き起こすリスクも高まってしまい、自ら肌を再生する力が弱まってしまいます。
スクラブ洗顔料は毎日の使用を避け、週1~2回のスペシャルケアとして使うのがおすすめです。

おすすめの素材

こんにゃくは、弱酸性の肌汚れや角質とまじりあって中和反応を起こしながら、それらを除去してくれます。
強くこすらなくても肌のうるおいも保つことができるのです。

米ぬかは高い美容効果も期待でき、肌への負担も少ないのでスクラブ洗顔初心者におすすめ。

乾燥しがちな人は、保湿効果のある砂糖を使ったシュガースクラブを選ぶと良いでしょう。
汚れをしっかり落としたい人は、タンパク質である角栓を浮かすことができる塩を配合したスクラブを。

毛穴の黒ずみや角栓にはアルカリ性で汚れを中和しやすい重曹が効果的ですが、粒が大きいので肌への刺激は強めです。

おすすめスクラブ洗顔料5選

スクラブ洗顔料には豊富な種類が展開されているため、選ぶのも目移りしてしまうかもしれません。
素材も違うので、自分の肌や目的によって使い分けるのが良いでしょう。
ここではおすすめのスクラブ洗顔料をいくつかピックアップします。

RMK ジェルスクラブ

RMKのスクラブ洗顔料はジェルタイプ。
角質を取り去るピーリング効果はもちろんのこと、うるおいをアップさせる効果もねらった洗顔料です。
ジェルならではのみずみずしいテクスチャが特徴。

肌ざわりの異なる4つのスクラブを配合しており、アロエクラッシュ、ピーチシード、カモミールフラワー、ソフトスクラブを採用しています。
古い角質や毛穴の汚れ、ざらつきを取り除き、くすみのない輝くような素肌を目指します。

また、保湿力の高いキウイエキスとパン酵母エキスが配合されており、角質層にアプローチします。

キールズ DS クリアリーホワイト エクスフォリエーティング クレンザー

肌にやさしいブランド・キールズのスクラブ洗顔料は毎日使える処方。
天然由来のスクラブ成分であるパールストーンを配合し、古い角質をやさしく除去してくれます。
肌表面の皮脂や汗、汚れや余分な角質を取り除くことができるので、そのあとにつける化粧水や美容液の美容成分をスムーズに浸透させることができるように。

肌表面に蓄積した古い角質をオフするため、くすみがなく透き通るように明るい肌へと導く手助けをします
洗いあがりはつややかな透明肌を目指すことができますよ。

ミツイ ハーバル ゴマージュ クリアジェルHF

洗顔後に使える、スペシャルケアにぴったりなジェルタイプのゴマージュがこちら。
使用頻度としては週に1回程度がおすすめです。

洗顔後のタオルドライした後の肌になじませ、なでるようにマッサージし、ジェルがポロポロになったタイミングで洗い流すようにして使います。
原料のハーブにこだわった作られた製品であることも魅力。
ナチュラルな色や香りも特徴的で、洗いあがりはしっとり潤うツヤ肌に導いてくれます。

ヤマサキ ラサーナ 海藻 海泥 スクラブ

フランス・ブルターニュ産の海泥、モモ核、3種類のクッションスクラブといった計5種類のスクラブを配合したぜいたくな洗顔料がこちら。
大きさの異なるスクラブが組み合わさって、肌表面の古い角質を取り除きます。
保湿効果の高い海藻エキスやコラーゲンも配合されており、洗顔後の乾燥対策もばっちり。

使い方を変えることによって、毎日のケアと週に1回のスペシャルケアのどちらにも使えます。
毎日の洗顔時には弾力のある泡に泡立てることで、肌をマッサージしながら使います。
また週に1回のスペシャルケアのときには、泡立てずにそのまま使うことで、より一層のスクラブ効果を発揮させます。

石澤研究所 毛穴撫子 重曹スクラブ洗顔

こちらのスクラブ洗顔料は重曹によるもの。
角栓がつまってイチゴのようにブツブツした黒ずみが気になる人や、古い角質がたまってしまいオレンジ表皮のようにボコボコした肌になってしまっている人にぴったり。
重曹の力で古い角質や毛穴の汚れを浮かせて洗い流すパウダータイプの洗顔料です。

パウダーをになじませるとマイルドスクラブに早変わり。
角質を柔らげてくれ、しっとりとした質感を保ちつつツルツルの肌に洗い上げてくれます。
肌にやさしいアミノ酸系洗浄料も配合されています。

スクラブ洗顔料を使ってツルツルの美肌を目指そう

くすみがちな肌に悩む人や、毛穴の汚れが気になる人にはスクラブ洗顔料を使うのがおすすめ。
古い角質や皮脂、汗などの汚れを洗い流し、さっぱりとしたツルツル肌に仕上げてくれますよ。

スクラブ洗顔料にもたくさんの種類があるため、自分の肌質に合ったものを選んで適切に使うことが大切です。
TOP