スキンケアで大切と言われている保湿とは?潤いたっぷりの肌を手に入れよう

スキンケアで大切と言われている保湿とは?潤いたっぷりの肌を手に入れよう

スキンケアの記事などで「保湿を心がけましょう」などと書かれていることが多いですが、この「保湿」とはどのような状態を言うのでしょうか。 ここでは保湿の意味と、保湿を意識したお手入れの方法をご説明します。
スキンケアの記事などで「保湿を心がけましょう」などと書かれていることが多いですが、この「保湿」とはどのような状態を言うのでしょうか。ここでは保湿の意味と、保湿を意識したお手入れの方法をご説明します。

保湿とは


保湿とは言葉のとおり、湿った状態を保っていることです。つまり肌がたっぷりと水分で潤っている状態をいいます。その潤いを守っているのが油分です。水分と油分のバランスが取れている時、肌はとてもいい状態にあるといえます。

肌が乾燥するのはなぜ?

肌のバリア機能が失われると、水分と油分のバランスが崩れて水分が蒸発しやすくなります。放っておくとどんどん水分が失われて行き、やがて乾燥してしまうのです。化粧のノリが悪くなったり、粉を吹いたような状態になったらバランスが崩れている証拠ですから、すぐにお手入れを見直しましょう。

乾燥すると肌は敏感になる

もしそのまま放置すると、やがて肌は乾燥によって非常に敏感な状態になります。かゆみが出てかいてしまった結果、皮膚科に通わなければならなくなることもあります。もともと目や口のまわり、頬、首は乾燥しやすいため、早めに手を打っておくことが必要です。

保湿に必要なアイテム


保湿を行うものを保湿剤と呼びます。化粧水、美容液、乳液、クリームなどの種類があり、それぞれに成分や役割が異なります。

化粧水

化粧水には洗顔によって流されてしまった角質層の水分を補う役目があります。しかしそれだけではありません。化粧水を角質層にしっかりと入れることで肌を整え、美容成分を肌の奥まで届けやすくする効果があります。

美容液

美容液は普段のケアにプラスするアイテムです。例えば「保湿美容液」は通常のケアでは乾燥が治まらない・・・といった場合に使うと効果的です。このように美容液には保湿以外にも「シワ」や「シミ」といった目的別に様々な種類があります。

乳液

肌の表面には汗と皮脂から作られる薄い膜があります。この膜が肌の内側の水分が逃げないようにバリアの機能を果たしているのですが、洗顔するとこの膜は簡単に流されてしまいます。乳液には水分の他に油分も含まれています。乳液はこの膜の代わりに肌の表面を保護し、化粧水の水分や成分を閉じ込める役割があるのです。

クリーム

クリームの役割は基本的に乳液と同じです。クリームと乳液の違いはずばり「油分の量」になります。乳液に比べ、クリームは含まれる油分の量が多くなっています。

ですから普段は乳液を使い、乾燥が気になる時期にはクリームを使用するといった使い分けもできます。また乾燥が特に気になる時には乳液の上にクリームを使用するのもおすすめです。

正しい保湿スキンケアとは


保湿スキンケアにはそれぞれの保湿剤の効果を最大限に引き出すため、使う順番があります。特別な使い方をする化粧品以外は油分が少ない順に使用すると効果的です。

まずは化粧水から

きちんと洗顔をした後はすぐに化粧水を使用しましょう。手を使う場合は、手に取った化粧水をおでこと両頬に化粧水を乗せて広げるようになじませていきます。最後に手のひらで軽く押し込むようにします。

コットンを使用する場合は中指と薬指にコットンを乗せて人差し指と小指で挟み、コットンにたっぷりと化粧水を浸します。擦らないように全体になじませ、最後はコットンで軽く押し込むようにしましょう。

大切なことは化粧水をケチらないことです。高い化粧水をチビチビ使うより、お手頃価格の化粧水をたっぷり使った方が効果があるとも言われているのです。

美容液はこのタイミングで

美容液を使用する場合はは化粧水の後にしましょう。保湿美容液は保湿成分のかたまりです。油分でフタをする前に使用するのが正解です。使用しない場合は次のステップに進んでください。

最後は乳液・クリームで締める

最後に乳液やクリームでしっかりと肌に潤いを閉じ込めます。このあとで化粧をする場合は軽めにしてください。乾燥が気になる時は乳液の代わりにクリームを使ったり、乳液の上からクリームを使うと効果的です。オイリー肌の人は油分が少なめのものを使用するとテカリを抑えることができます。

まとめ:しっかり保湿できれいな肌を育てよう


肌も体の一部です。きちんとしたお手入れは、きれいな肌を育てます。若いからといって甘く見てはいけません。また年だからと諦めることもないのです。大切なのは大事にしてあげること。肌はきっと日々のお手入れに応えてくれるはずです。

TOP