乾燥シワができる原因は?乾燥シワ対策やメイクのポイントをご紹介

乾燥シワができる原因は?乾燥シワ対策やメイクのポイントをご紹介

シワができる原因は、いくつか種類があります。 その中でも、乾燥シワはちょっとした油断でできやすいので要注意! 乾燥シワができる原因を知り、シワ対策をしましょう。 乾燥シワのケア方法やメイクのポイントもまとめています。
シワができる原因は、いくつか種類があります。
その中でも、乾燥シワはちょっとした油断でできやすいので要注意!

乾燥シワができる原因を知り、シワ対策をしましょう。
乾燥シワのケア方法やメイクのポイントもまとめています。

乾燥シワができやすい場所と、できる原因

まずは、乾燥シワができやすい場所を知りましょう。
できやすい場所を知ることが、乾燥シワ対策の第一歩です。

乾燥によるシワができる原因を把握し、乾燥シワができやすくなる環境を作らないようにすることも重要!

肌が薄い場所にできやすい

乾燥シワは、皮膚が薄い場所にできやすい傾向です。
顔の中でも特に気を付けたい場所は、目元と口元!
油断してしまうと、すぐに細かなしわができてしまうので、毎日チェックしましょう。

乾燥シワは年齢によってできるものだと思っている人もいますが、生活環境などの影響を受けてできやすいシワなので、20代でもできてしまいます。

皮膚表面の乾燥が原因

乾燥シワは、皮膚表面の角層が乾燥することによってできます。
角層とは肌の一番外側にあり、刺激から肌を守るバリア効果と、肌表面に水分を保つ保湿効果を持つ部分です。

角層が乾燥すると角層細胞が未熟な状態で作られてしまい、バリアと保湿の効果が十分に得られず肌が乾燥してシワができてしまいます。

年齢やライフスタイルでシワが増えることも

肌のシワは、乾燥だけが原因ではありません。
年齢を重ねることで肌の弾力が失われてしまうと、自然としわができやすくなります。

また、紫外線を素肌に浴びすぎや、偏った食事内容の継続、たばこもシワを作る原因です。
シワ対策は、スキンケアだけを行っておけばよいものではありません。
ライフスタイルの見直しを行うことも重要なのです。

乾燥シワのケア方法

乾燥シワのケア方法は、いくつかあります。
まずは、自分の生活の中に取り入れやすいものからチャレンジしてみましょう。
乾燥対策に優れたスキンケアグッズの種類も、併せて紹介しています。

洗顔方法を見直す

乾燥シワが気になるときは、洗顔方法を見直しましょう。
洗浄力の強い洗顔フォームで、ごしごし顔を洗うと、肌に負担がかかってしまいます。
それだけではなく、必要な皮脂も洗い流してしまうので、乾燥しやすい環境が出来上がってしまうので要注意!

乾燥対策をする場合は、ふわふわで弾力のある泡を作って泡の摩擦で汚れを落とすよう心がけましょう。

お湯の温度に気を付ける

洗顔でお湯を使うときは、32℃前後のぬるいお湯がおすすめです。
温かすぎるお湯は、顔に必要な皮脂を落としてしまう可能性があります。

入浴するときは、38~40℃の湯船に浸かりましょう。
40℃以上の温度は、うるおい成分のセラミドや皮脂を流してしまいます。
少しぬるめのお湯に15分ほど浸かって、ゆっくりと体を温めましょう。

しっかりと保湿する

入浴や洗顔の後は、しっかりと肌を保湿しましょう。
乳液のべたつきが気になるからといって、乳液を使わないと、肌が保湿不十分の状態になって乾燥しやすくなりますよ。

化粧水は500円玉サイズ、乳液は10円玉サイズの量が適量です。
美容成分を吸収させるために、保湿クリームも使いましょう。
特に乾燥が気になるときは、化粧水を使う前に美容オイルを1~2滴取り出して肌になじませるのもおすすめです。

乾燥シワ対策メイクのポイント

乾燥シワ対策を行う際、メイクにも注意しましょう。
乾燥シワを作らないためのメイク方法を取り入れ、うるおいのある肌をキープ!

紫外線対策を取り入れる

紫外線は、お肌の天敵!
小ジワの原因にもなるので、お化粧をしない日のちょっとしたお出かけでも、紫外線カットクリームを塗りましょう。

お化粧するときは、紫外線をカットする化粧下地やファンデーションの使用がおすすめです。

今手元に紫外線カット効果がある化粧品がないという場合は、普段使っているファンデーションを少ししっかり目に塗りましょう。

ファンデーションの塗り方のポイント

目元の小ジワが気になるときは、目じりから目頭に向けてファンデーションを塗ってみましょう。

ファンデーションで小ジワを隠したいからと、ファンデーションを厚塗りするのはよくありません。
目元や口元はよく動くので、メイクがヨレる原因になります。
ファンデーションが薄めに塗り、塗り方を工夫してシワ対策をしてみてくださいね。

アイライナーを引くときの注意点

アイライナーを上手に引きたいとき、つい目の周りの皮膚をグッと引っ張ってしまいがち。
しかし、皮膚と引っ張るとその分負担がかかってしまうので、シワがっできやすくなってしまいます。

アイライナーなど目元のお化粧をするときは、手を添える程度に皮膚を伸ばすようにしましょう。

乾燥シワを撃退して若見え美人肌を目指そう

乾燥シワは、季節や年齢などによってどうしてもできやすくなってしまいます。
お肌を乾燥させないためにも、化粧品や空気の乾燥などには十分注意しましょう。
肌を保湿し、年齢に負けない若美恵美人肌を目指して、お手入れに取り組んでくださいね。
TOP