しっかりメイクや毛穴の汚れを落とす、クレンジングバームの効果や選び方

しっかりメイクや毛穴の汚れを落とす、クレンジングバームの効果や選び方

クレンジングバームとはオイルを固めた形状のもので、体温でとろけるためメイクや皮脂汚れとなじみやすいのが特徴です。 オイルなので洗い上がりもしっとり、乾燥肌や敏感肌の人にもおすすめなんです! そんなクレンジングバームの効果や正しい使い方、おすすめのアイテムなどを調べました。

クレンジングバームの効果や選び方とは

メイクや1日の汚れをきちんと落すクレンジングは、キレイな肌への第一歩です。

クレンジングバームはクレンジングだけでなく洗顔料としても使えるアイテムが多いため、強い洗浄力と肌馴染みの良い使い心地で人気です.。
そんなクレンジングバームの詳しい効果や特徴をピックアップします。

化粧の馴染みがいい

バームとは軟膏の事を指し、クレンジングバームも見た目は若干固形に近い軟膏のようです。
しかし、オイルを固めたものでできているので、肌の上に乗せると体温で溶ける仕組みになっています。

メイクになじみやすく、しっかり塗ったファンデーションやアイメイクなどもするすると落とすことができます。
なじみがいいので強くこすることもなく、肌にかかる負担を減らしてメイクオフできるのが魅力ですね♪
このような性質なので、皮膚が薄い目元や口元のオフにも最適です。

使いやすく洗い上がりもしっとり

クレンジングバームは高い洗浄力のため、ダブル洗顔不要なアイテムが多いのも特徴です。
また、固形オイルなので使う量が調節しやすく、使っているうちに程よくとろけるので液だれなどの心配がないなど使い勝手の良さも人気の理由になっています。

さらに、オイルなのでクレンジング後の肌がもちっと潤うというメリットも。
クレンジングと保湿、両方のケアで高い効果を発揮するクレンジングバームで、くすみ知らずの肌を目指すことができます。

こんな人におすすめ!

保湿成分多く含まれているため、洗浄力が高くても肌に必要な油分やうるおいは残しているのがクレンジングバームを使うメリットでもあります。
そのため、メイク落としや洗顔をする度に肌がつっぱってしまうという乾燥肌の人にもぴったり。

また、オイル状になって力を入れずにメイク落としや洗顔ができるので、敏感肌にも負担をかけすぎずにケアできます。
毛穴の黒ずみや詰まりで悩んでいる人も、クレンジングバームを使ってケアするとよいでしょう。

プチプラからデパコスまで、おすすめクレンジングバーム3選

ここ数年人気のクレンジングバームは、ドラッグストアで購入できるプチプラ品からデパコスブランドまで幅広く出回っています。

自分の肌に合わせた効果や効能のほか、継続しやすい値段かどうかなどコスパにも注目したいですよね。
おすすめのクレンジングバームを探してみました。

DHC:クレンジングバーム

高いクレンジング力がありながら、肌がつっぱることなく、しっとりと洗い上げることができます。
とろみのあるテクスチャのバームがメイクや汚れに密着し、さらに余分な皮脂まで洗い落とせるのです。

植物由来のクレンジング成分や美肌成分は入っているので、うるおいのある素肌を保ちます。
継続しやすい価格設定やフレッシュフローラルの香りも高い支持を集めているようです。

クリニーク:テイク ザ デイ オフ クレンジングバーム

肌の汚れをはじめ、落ちにくい濃いメイクや日焼け止めなどもしっかり優しく落とすクリニークのクレンジングバーム。
ハイブリッドサフラワー油などの肌に優しい成分が含まれているため、保湿をしつつ汚れを落とせます。

オールスキンタイプなので、乾燥肌、混合肌などさまざまな肌タイプの人が使えるのも魅力ですね♪
価格は少しお高めですが、デパコスならではの使用感で洗い上がりもしっとりしていると評判です。

BODY SHOP:サンプチュアス クレンジングバター CA

おしゃれな薄型の缶タイプのデザインとほんのりと香るカモミールが特徴。
その名の通りバターのようになめらかなテクスチャーで、体温で溶けて肌になじみます。

特に注目したいのが、カモマイルエキス配合で敏感肌にも使えるやさしい使い心地。
肌のコンディションを整える効果があるので、クレンジングしながらスキンケアできます。
使用後のしっとり感はもちろん、べたつかずに使える使用感でリピーターも多いようです。

メイクも毛穴の汚れも、クレンジングバームでやさしく落とそう

オイルの力でメイクや汚れをすっきり落としながら、保湿効果も抜群のクレンジングバーム。
乾燥肌や敏感肌の人でも使えるアイテムが多いのもうれしいですよね。

やさしい香りに包まれてマッサージしながら、クレンジングタイムを楽しみましょう。
TOP