洗顔で美肌になろう

洗顔で美肌になろう

美しい肌を手に入れるためには毎日の地道なお手入れが大切になってきますが、そこで一度きちんと見つめなおしていきたいのが洗顔です。スキンケアというと化粧水や乳液などのお手入れを重要視する人も多いですが、洗顔をどれだけ正しくしっかり行えるかで最終的な肌のコンディションは大きく異なってきますから、たかが洗顔と侮ってしまうことの無いよう気を付けなければなりません。

間違った洗顔は肌にダメージを与える


美しい肌を手に入れるためには毎日の地道なお手入れが大切になってきますが、そこで一度きちんと見つめなおしていきたいのが洗顔です。

スキンケアというと化粧水や乳液などのお手入れを重要視する人も多いですが、洗顔をどれだけ正しくしっかり行えるかで最終的な肌のコンディションは大きく異なってきますから、たかが洗顔と侮ってしまうことの無いよう気を付けなければなりません。間違った洗顔は肌にダメージを与えてしまい、それを毎日行ったとすれば肌はどんどんボロボロになってしまいます。洗顔の仕方ひとつで肌の状態は劇的に変わってきますから、正しい方法でより肌に良いお手入れを行っていけるようにしていきましょう。

洗顔は毎日行うものなので、間違ったやり方で行っていればそのぶん日々肌にダメージを、正しいやり方で行えば美しい肌を育むための基礎を整えていくことができます。やり方次第で肌の状態は劇的に違いが出てきますので、少しでも健やかで美しい肌を手に入れられるよう正しい洗顔に努めていってください。

洗顔の前に毛穴を温め開かせる

洗顔はいきなり顔を濡らして洗うのではなく、まずは肌を温めて毛穴を開かせることからスタートしましょう。皮脂やメイクなど毛穴には様々な汚れが詰まっていますが、毛穴が閉じた状態で洗顔をしてもこれらは満足に落とすことができません。形だけの洗顔で終わってしまい、毛穴に残った汚れが原因で炎症を起こしてしまったり、開き毛穴の原因になってしまうことも珍しくありませんから、トラブルを防ぐためにも毛穴を開かせた上で洗顔を行うことを忘れないでください。

毛穴を開かせるためには、美顔スチーマーを使うのが一番です。蒸気を顔に当てることで毛穴を開かせると共に毛穴の奥の汚れや皮膚表面の汚れが浮いてより落としやすくなります。スチーマーの代わりにタオルを絞ってレンジでチンした蒸しタオルを使用するのも良いでしょう。

湯船から立ち上がる蒸気を利用して毛穴を開かせるのも良い方法ですから、顔を洗う前にまずはお風呂に浸かるといった順番を踏むのもおすすめです。

もこもこの泡で押し洗い

洗顔をする際、ぺしゃぺしゃの泡で顔を洗っているという人がいれば、それはすぐにやめてください。肌にとって摩擦は大敵で、掌や指でごしごし洗いをすればそのたびにダメージを受けてしまいます。ごしごし洗いによる肌へのダメージは乾燥やシワの原因となるので、絶対に行ってはいけません。

洗顔は摩擦ゼロで行うのが一番ですから、顔を洗う際にはたっぷりの泡をたてていきましょう。泡立てクッションなどを利用してメレンゲのようなもこもこ泡をつくり、顔全体を包むようにして泡で押し洗いをするのが美肌になるための正しい洗顔の仕方です。きめ細かい濃密な泡を肌に乗せて弾ませるように押し洗いすれば、泡が毛穴に潜り込み汚れをかき出してくれます。

ごしごしと擦った方が汚れが落ちる印象があるかもしれませんが、擦ったところで毛穴の奥の汚れには何の影響も無く、ただ肌に傷がつくだけですので絶対にやってはいけません。洗顔は毎日行うものなので、誤った洗い方で肌にダメージを与え続けてしまうことの無いよう気を付けてください。

ぬるま湯でしっかりすすぎ仕上げは冷水で

もこもこ泡で優しく押し洗いをしたら、すすぎはぬるま湯で行いましょう。洗顔料をしっかり落とそうと熱いお湯を使うと皮脂を落としすぎてしまうため、お湯は適度なぬるま湯にすることが大切です。顔をすすぐ時も洗う時と同様、掌や指で摩擦を与えてはいけません。

たっぷりのお湯を使ってすすぐことが大切ですから、水の勢いだけで洗顔料を落とせるようにしましょう。シャワーの水圧を弱めにして流すなどすると、肌に洗顔料を残すことなくきれいにすすぐことができます。

また洗顔料をしっかり落としたら、最後の仕上げに冷水で顔をすすぎ肌を引き締めてください。冷水で肌を冷やすことで毛穴が引き締まり、雑菌や汚れなどの侵入も防ぐことができます。仕上げの冷水すすぎを行うだけでキュッと締まった綺麗な肌になれますから、最後のひと手間にしっかり時間をかけてみてください。

顔を拭くときもタオルは優しく押し当てるだけ

洗顔後の肌の水分を拭くときも、タオルでごしごし拭くのではなく優しく押して水分を拭きとるよう心掛けてください。ごしごしと擦るようにして肌を拭くと、肌にとっては大ダメージになってしまいます。

タオル全体で顔を包むようにし優しく水分を吸い込ませ、鼻や目の周りなどは指先でくぼみにタオルを押し当てます。口や目の周りは皮膚が薄く摩擦によるダメージも受けやすいですから、特に気を遣って拭き取るようにしましょう。

洗顔でいかに肌に負担をかけないよう心掛けられるかは美肌にとってとても重要なことなので、日々のケアを丁寧に行っていけるようにしてください。毎日のこつこつとした心がけによって健やかで美しい肌を育んでいきましょう。
TOP
無題ドキュメント