メイク落としが面倒!そんなときは時短で解決しよう

メイク落としが面倒!そんなときは時短で解決しよう

仕事やお酒で疲れた後にメイクを落とすのは、時間と手間がかかるので面倒と感じる方も多いです。メイク落としは肌にとってとても重要なのはわかっているのですが、もっと簡単に時短でメイクが落とせる方法があれば、メイク落とし忘れの肌トラブルに悩むことはありません。メイク落としをしないまま寝てしまうと、肌のターンオーバーを妨げてしまい、肌トラブルになる可能性があります。

メイク落としを忘れるリスクとは?


仕事やお酒で疲れた後にメイクを落とすのは、時間と手間がかかるので面倒と感じる方も多いです。

メイク落としは肌にとってとても重要なのはわかっているのですが、もっと簡単に時短でメイクが落とせる方法があれば、メイク落とし忘れの肌トラブルに悩むことはありません。メイク落としをしないまま寝てしまうと、肌のターンオーバーを妨げてしまい、肌トラブルになる可能性があります。

ターンオーバーとは、肌細胞が生成や排出を繰り返すことで新しい細胞へ変化し、約6週間のサイクルでターンオーバーを繰り返すことで肌を再生する仕組みです。このターンオーバーのサイクルが乱れてしまうとバリア機能が低下し、毛穴詰まりやシミ、くすみを引き起こし肌トラブルの原因になってしまいます。

また、メイク落とし忘れで肌に残ったメイクの油分は、汚れや皮脂と混ざり酸化するので、肌に刺激を与え雑菌が繁殖し、吹き出物や肌トラブルの原因になりかねません。メイクを落とさないことが、肌に良くない影響を与えてしまう原因になるでしょう。

時短メイク落としの工夫とは?

時短でメイク落としをするためには、帰宅後すぐ行うちょっとした手間がポイントです。アイメイクなどポイントメイクのみ、先に落としましょう。リムーバーをコットンにしっかり浸し、まぶたに10秒程度軽く押し付けメイクにリムーバーをなじませるようにそのまま拭き取ります。マスカラは落ちにくいメイクなので、回数をわけて拭き取ることで綺麗に落とすことが可能です。少し手間のように感じられますが、慣れると30秒程度で済むので作業的にも簡単でしょう。

メイクを落とすのが面倒な場合、さまざまな理由があげられます。しかし、どんなに疲れていてもその日のメイクはその日に落とすことが重要です。

まず、帰宅後バスルームへ行くのが面倒な場合、リビングや水回りへ行かずにふきとり式のメイク落としを使用しましょう。ふきとり式のメイク落としは、顔を拭き取るだけでメイクを落とすことができるため、使用後に顔を洗い流さずに使えるメイク落としアイテムです。
ダブルメイク落としが面倒な方は、ダブル洗顔が不要なメイク落としのアイテムがおすすめです。

ダブルクレンジングとは、メイク落とし後さらに洗顔すること。余分な皮脂や角質を落としたいと思う方は、メイク落とし後に洗顔することがおすすめです。しかし、肌質によってはダブルクレンジングを行うと肌荒れを引き起こしてしまう場合があるので、注意が必要です。

ダブル洗顔が不要なクレンジングであれば2回行う工程を省くことができ、肌が荒れやすい方にも安心してクレンジングが行えるでしょう。ダブル洗顔不要なメイク落としにもさまざまなタイプがあるため、自分の肌質に合わせたタイプを使用することが大切です。

クリームタイプやミルクタイプは、油分が多いクリーム状なので肌に負担をかけずに洗顔できます。洗い上がりはしっとりしているため、乾燥肌の方にもおすすめです。

オイルタイプは洗浄力が高く、濃いメイクにも対応しています。しかし、オイルタイプは洗浄力が高いため、乾燥肌の方が使用すると必要な油分まで取られてしまう可能性があるので注意しましょう。

リキッドタイプはさらりとしたテクスチャーで、洗い上がりはさっぱりしています。メイク落としのタイプは、その日の肌の状況やメイクの濃さによって変化させることで、効率よくメイクを落とすことができるでしょう。

時短メイク落としの注意点

ふきとり式メイク落としは時短で便利なアイテムですが、使い方を間違えると肌トラブルを起こす原因になることが考えられます。

ふきとり式メイク落としは、クレンジング液でふきとるメイクアイテムです。そのためシートやコットンと肌の間に摩擦が起こる可能性があるため、ふきとる際は優しく肌を滑らせるようにしましょう。肌に摩擦が起こることで角質層がダメージを受け、バリア機能が低下してしまう可能性があります。摩擦を最小限に抑えれば、肌トラブルを防ぐことができるでしょう。
さらに、メイク落としのクレンジングをシートにたっぷり染み込ませることで肌の摩擦を減らすことができます。ウォータークレンジングを使用する際には、500円玉程度の大きさでコットンが十分しみる量が適量です。

また、クレンジングシートはメイクの濃さに合わせて枚数を使い、常に綺麗な面でメイクを落とすようにしましょう。特にアイメイクやリップは、メイクが濃いので摩擦が強くなりがちです。シートを濃い部分に乗せて、メイクと馴染ませてから拭き取るのがおすすめです。

時短でメイク落としができるアイテムは洗浄力が強いものが多いので、肌に負担になることも考えられます。ダブル洗顔タイプは洗顔しすぎを防止できるため、肌に優しい面もありますがふきとり式の時短でメイクが落とせるタイプを使用する場合は、肌への負担が大きいため限定的に行い、普段のメイク落としは通常通りに行いましょう。
TOP
無題ドキュメント