ブースターオイルとは?ブースターオイルのメリットや、選び方・使い方

ブースターオイルとは?ブースターオイルのメリットや、選び方・使い方

ブースターオイルは洗顔後すぐに使うオイルのこと。 その後に使う化粧水や美容液の美容成分を浸透させやすくする、美肌づくりの強い味方です。 しかしそんなブースターオイルも種類がありすぎて、何をどう選べば良いか分からないという人も多いはず。 ブースターオイルの選び方や使い方を紹介します。
ブースターオイルは洗顔後すぐに使うオイルのこと。
その後に使う化粧水や美容液の美容成分を浸透させやすくする、美肌づくりの強い味方です。

しかしそんなブースターオイルも種類がありすぎて、何をどう選べば良いか分からないという人も多いはず。
ブースターオイルの選び方や使い方を紹介します。

ブースターオイルのメリット

そもそもブースターオイルを選ぶメリットとはなんなのでしょうか。
化粧水や美容液の成分を効果的に肌に取り入れることはもちろん、ほかにもさまざまなメリットがあります。

ブースターオイルを使うことで期待できる美容効果についてまとめました。

肌を柔らかくする

肌がゴワつく人は、乾燥や紫外線の影響を受けている可能性があります。
これは肌のターンオーバーが乱れ、古い角質が残ってしまうから起こること。

こうした肌のゴワつきには、オイルを使って油分を浸透させることが効果的です。
オイルが角質層に浸透すると、肌が柔らかくなる効果が期待できるのです。

また、人の皮脂に似た成分で出来ているため、肌馴染みがよくさらさらの仕上がりになることでしょう。

化粧水や美容液の浸透率を上げる

ブースターオイルの最大の役割は、その後に使う化粧水や美容液の浸透率を上げること。
肌をあらかじめ柔らかくし、ゴワつかずにすることで、化粧水や美容液が浸透しやすい肌になるのです。

ブースターオイルは油なので、水を弾きそうなイメージがあるかもしれません。
しかし実際は保湿力があるため、肌の土台を整えてくれ、その後の化粧水を吸収するのに役立ちます。

保湿力がある

ブースターオイルには保湿力があります。
もともと人の肌は皮脂によって覆われており、この皮脂が肌表面の水分の蒸発を防いでくれます。

ブースターオイルにも同じ役割があり、肌に浸透することで、肌の水分が蒸発するのを防いでくれます。
特にセラミドをはじめとする保湿成分が入ったブースターオイルを使うと、より効果的です。

油分を補う

肌の油分は加齢によって失われやすいもの。
10代をピークに、徐々に減少してしまいます。

しかし、美肌には油分は欠かせません。
肌トラブルのないうるおいあふれる美肌には、バランスの取れた水分と油分が必要です。

一見油分が多いから起こると考えられるニキビ肌も、油分が少なすぎることによって引き起こされていることもあるのです。
ブースターオイルを使えば、加齢によって不足しがちな油分を補うことができます。

外的要因から肌を守る

ブースターオイルには肌のバリア機能を高める効果が期待できます。
乾燥や加齢、紫外線などの影響で肌のバリア機能が低下すると、外的ストレスによって肌を痛めやすくなります。
紫外線やホコリ・花粉、乾燥などの肌ストレスによって、肌荒れや赤みが起こってしまうことも。

ブースターオイルを使うことによって、バリア機能が高まり、健やかな肌を目指すことができるでしょう。

ブースターオイルのデメリット

メリットが多く魅力的なブースターオイル。
しかしそんなブースターオイルに、デメリットはあるのでしょうか?

上手に使えばデメリットが気になることはありませんが、肌質や使い方によっては合わないことがあります。

肌質で合う合わないが分かれる

オイルに限らず全ての化粧品は、肌質によって合うかどうかが違うので、使用の際には注意が必要です。
特にニキビができやすい人は、ブースターオイルを使用することによってニキビが悪化してしまう可能性があります。

これは過剰な油分が原因。
さらに、ニキビの原因となるアクネ菌のえさになるオレイン酸を含むオイルもあります。
オリーブオイル、アルガンオイル、ツバキオイルなどがこれにあたります。

化粧崩れの可能性がある

ブースターオイルは、多く塗りすぎると化粧崩れを招いてしまいます。
特に皮脂の多くなりがちなTゾーンに塗布する際には注意が必要。
Tゾーンは薄めに塗り、乾燥しやすい口周りや頬周りに多めに塗るようにしましょう。

適量は3〜5滴なので、もしそれより多く手にとってしまったら、首やデコルテなど身体にも塗ると良いでしょう。

酸化したオイルは肌トラブルの原因に

ブースターオイルは時間が経つと酸化してしまいます。
酸化したオイルは、肌への刺激が強くなったり、くすみや色素沈着を引き起こしたりします。

半年をめどに開封後はなるべく早く使い切るようにしましょう。
また、オイルの種類によっては酸化しにくいものもあるので、なるべく長持ちするオイルを選ぶのもポイント。

また、保管方法にも気をつけ、高温多湿の場所や直射日光があたる場所を避けるようにしましょう。

オイルの種類と選び方

オイルは大きく分けて、水によく馴染むものと水を弾くものに分かれます。
ブースターオイルとして使うなら、水に馴染む親水性の高いオイルを選ぶのがおすすめです。
逆に水を弾くオイルは、スキンケアの最後に使うようにします。

アルガンオイル

ブースターオイルとして使える、万能なオイルといえばアルガンオイル。
アルガンツリーの実が原料のオイルで、美容成分がたっぷり。

肌のハリや弾力を高めるリノール酸、肌を柔らかくするオレイン酸、抗酸化作用のあるビタミンEなど、アンチエイジングにも期待が持てる美容成分が豊富に含まれています。

美白ケアしたい人にもアルガンオイルはおすすめ。
メラニンの生成を抑制する効果が期待できます。

スクワランオイル

スクワランは、スクワレンという保湿成分を安定化させたもの。
このスクワレンは皮脂に含まれているものです。
スクワランを肌につけると、水分や皮脂と混ざって表面に皮脂膜を形成してくれるため、水分の蒸発を防ぐのに役立ちます。

同じく保湿力のある成分にオレイン酸がありますが、ニキビ肌の人にはオレイン酸の入ったオイルは不向き。
その点、スクワランオイルはオレイン酸の量が少ないのでニキビ肌の人にもおすすめです。

スクワランには肌のターンオーバーを整えてくれる効果もあるため、アンチエイジングを行いたい人にもおすすめです。

オリーブオイル

保湿力を重視したい人には、オレイン酸が豊富に含まれているオリーブオイルがおすすめ。
オレイン酸はもともと皮脂に含まれている成分なので、肌馴染みが良いのが特徴です。

アンチエイジングをしたい人にぴったりの美容成分として、ビタミンAやビタミンEも含まれています。
加齢による乾燥に悩む人には特におすすめといえるでしょう。

逆に、オレイン酸はアクネ菌のえさになるので、ニキビ肌の人はオリーブオイルの使用を避けた方が良いでしょう。

ローズヒップオイル

ローズヒップオイルは、野バラの実から抽出されるオイルのこと。
ブースターオイルとしてもぴったりで、ビタミンCや、抗酸化作用のある脂肪酸、ビタミンAなども含まれており、あらゆる肌トラブルを抱えている人におすすめ。

美白ケアをしたい人、シワなどのエイジングトラブルを予防したい人、肌ダメージを修復したい人には特に向いています。
ローズヒップオイルにはオレイン酸の含有量が少ないので、ニキビ肌の人でも安心して使用できるでしょう。

マルラオイル

マルラオイルは、近年注目を集める希少なオイル。
マルラの木の実から抽出されたオイルで、ビタミンCやビタミンE、リノレン酸やオメガ脂肪酸といった豊富な美容成分を含んでいます。

特にアンチエイジングをしたい人におすすめで、高い抗酸化作用があるのも特徴。
オレイン酸が豊富なため、浸透力にも優れています。
オレイン酸が豊富な分、ニキビ肌には不向きといえます。

ブースターオイルの使い方

ブースターオイルの使い方は簡単。
しかしポイントを抑えなければ、せっかくの魅力も半減してしまいます。

また、正しく保管することにより、ブースターオイルを効果的に使うことができます。
誤った保管方法のまま使ってしまうと、効果的に使うどころか逆効果にもなりかねません。

洗顔後すぐにつける

ブースターオイルは洗顔後、水分を拭き取った後の乾いた肌に、手で馴染ませるようにしてつけていきます。
化粧水や美容液を塗布する前に使いましょう。

ブースターオイルを塗ったあとに油分で水が弾かれてしまうと感じる場合は、混ぜて使うのもアリ。
オイルを化粧水があらかじめ馴染ませておくことによって、肌への馴染みが良くなります。

数滴でOK

ブースターオイルを使うときは、量に注意しましょう。
あまりに多くつけすぎてしまうと、油分が多すぎて水を弾いてしまう可能性もあります。

ボトル記載の適量に基づいて使いますが、目安としては3〜5滴と考えておきましょう。
顔全体に薄く伸ばして塗ることができる量が適量です。
手のひらに馴染ませ、少しずつつけていきましょう。

毎日使う

ブースターオイルの効果を感じたいなら、継続して使用していくことがポイントです。
毎日のスキンケアに取り入れ、肌が生まれ変わるターンオーバーのタイミングまで地道に使い続けましょう。
基本的には化粧水の前に使うだけなので、継続はしやすいはずです。

ターンオーバーは約6週間前後で起こるので、少なくともその期間までは根気よく使い続け、肌の変化を感じてみましょう。

直射日光を避けて保管

ブースターオイルは遮光性のあるボトルに入っている場合も多くあります。
それでも保管の際には、念のため直射日光が当たらない場所に置くようにしましょう。

空気に触れるほど酸化が進んでしまうため、フタをきちんと閉めることも忘れずに。
気温はなるべく涼しいところを選びます。

酸化したオイルを塗ると、肌に刺激を与えてしまい、肌荒れの原因となってしまうことも。
また、くすみの原因にもなります。
使用期限を守り、開封後は1〜3ヶ月を目安になるべく早く使い切りましょう。

ブースターオイルを活用して美肌を手に入れよう

正しく使えば、美肌の強い味方になるブースターオイル。
自分の肌に合ったオイルを選び、上手に毎日のサイクルに取り入れていきましょう。

加齢に伴う肌トラブルの改善をしたい人や、乾燥による肌トラブルを改善したい人も活用できるはずです。
TOP