冬の紫外線対策!日焼け止めは必要

冬の紫外線対策!日焼け止めは必要

暑い夏が過ぎると、秋、そして冬へと季節は進みます。冬になると夏ほど外に遊びに行くこともないですし、たくさん服も着込むので紫外線対策は疎かになりがちです。夏の間は毎日日焼け止めを使っていたけれど、冬は必要無いだろうと使っていない人も多いです。

冬でも日焼け止めは必要か


暑い夏が過ぎると、秋、そして冬へと季節は進みます。冬になると夏ほど外に遊びに行くこともないですし、たくさん服も着込むので紫外線対策は疎かになりがちです。夏の間は毎日日焼け止めを使っていたけれど、冬は必要無いだろうと使っていない人も多いです。

確かに、腕や足を夏のように露出することはありませんので日焼けしないだろうと思いがちですが、顔や首筋は出ています。ですから、出ているところは冬でも日焼けすると考えた方が良いのです。冬でも日焼け止めが必要かどうかの答えは、「必要です」なのです。

紫外線は1年中降り注いでおり、冬でも紫外線をじわじわと浴びています。冬は紫外線の量が真夏と比べると少ないのですが、ゼロではありませんので何らかの紫外線対策はしないといけないのです。

冬の紫外線は弱いが要注意

紫外線は冬の曇りの日でも降り注いでいます。特にしわの原因になるとされるUV-Aは冬でもしっかりあります。夏は、日差しが強すぎるので日陰に入って避けようとしますが、冬は日差しの温もりが気持ちよく感じ、つい長い間日光を浴びてしまいがちです。

また、冬と夏とは太陽の位置が違い、冬は低い位置から日差しが入るため、防止や日傘では防ぎにくくなります。こういったことから、顔に何も塗っていないと無防備な状態となり、気づかないうちに冬でもしっかり日焼けしていたということになるのです。

特に顎の下や首、うなじ、耳の後ろ、鼻柱、手の甲などにも日焼け止めは塗るようにしましょう。しっかり塗っているつもりでも塗り残しているところが結構あり、後でそこだけ日焼けしていたと気づくことがよくあるのです。

また、紫外線は窓からも入ってきます。冬はほとんど外に出ないから大丈夫という人もいますが、室内にも紫外線は入ります。冬は暖かい窓際にいることが多いとか、オフィスで日当たりの良い窓側に席があるという人は、知らないうちに日焼けしている可能性が高いです。室内にいることが多い人でも、紫外線対策は必要なのです。

スキー場はまるでレフ板

冬はスキーやスノボへ出かけるという人は、スキー場だとひどく日焼けするのはご存じでしょう。真っ白に積もった雪は紫外線を見事に反射し、まるでレフ板のような働きをします。そのため、普段よりもひどく日焼けしてしまうのです。天気の良いスキー場は最高ですが、上から、下から、横からとあちこちから広範囲に紫外線を浴びることになります。

冬は肌が乾燥しやすいので、そんな肌に紫外線を浴びると大変なダメージを受けてしまいます。日焼けによる乾燥だけでなく、シミやしわの原因にもなりますし、ひどい場合だとやけどのような状態になることがあります。雪の多いところに出かける時は、必ず日焼け止めを持参して肌を守るようにしましょう。

また、雪の反射で目も日焼けします。目の日焼けはかなりのダメージを受けますので、サングラスも必ず持参するようにしてください。普段サングラスなんて使わないからいらないという人もいますが、雪山では必須ですから、日焼け止めと共に忘れないように準備しておきましょう。

冬の日焼け止めの選び方と使い方


冬に使う日焼け止めは、夏に使っていたものでも大丈夫なのでしょうか。夏に使っていたものは、汗や水に強いウォータープルーフのものやSPF値が50といった数値の高いものが多いですが、冬におすすめの日焼け止めは、保湿力があるものを重点に選びましょう。

冬の肌の大敵は「乾燥」です。保湿力があり、肌に優しい日焼け止めを使うと良いでしょう。SPF値は30~32くらいのもので十分です。SPF50のものもたくさん販売されていますが、肌に負担がかかるので日常使いではそこまで強力なものは必要ありません。雪山に行く時のみSPF50のものを使うようにすると良いでしょう。

また、日焼け止めはこまめに塗り直さないと効果がありません。2~3時間に一度が目安(雪山ならもっとこまめに)ですから、面倒がらずに塗り直すことが大切です。
以前は日焼け止めというと夏場しか売り場に出されていませんでしたが、今では1年中お店で見かけるようになりました。寒い時は保湿効果があるものを選び、肌の潤いを守りながら紫外線対策を行うようにしましょう。

夏の日焼け止めは、ジェルタイプやローションタイプといったさらっとした塗り心地のものが人気となっていました。冬の日焼け止めは、クリームタイプのものを選ぶとしっとり感があるのでおすすめです。べたつきが気になる人は、塗ってしばらく置いてからメイクをすると良いです。

最近ではスキンケア、UVケア、メイクが一度にできるクリームも販売されていますので、簡単に紫外線対策ができます。昔は黒く日に焼けた肌が良いと言われたことがありますが、今では紫外線の浴び過ぎは良くないとされ、白く美しい肌が良いと言われています。美肌を手に入れるためにも、紫外線対策は夏だけでなく冬も怠らないようにしていきましょう。
TOP