乳液の使い方で肌に差が出る?忙しい朝のスキンケアについて

乳液の使い方で肌に差が出る?忙しい朝のスキンケアについて

乳液の使い方次第で肌に差が出るのはもちろんのこと、実は忙しい朝のスキンケアも時短できることをご存じでしょうか?朝と夜のスキンケアの違いを知ると、朝の乳液の選び方も変わりますよ♡
乳液の使い方次第で肌に差が出るのはもちろんのこと、実は忙しい朝のスキンケアも時短できることをご存じでしょうか?

朝と夜のスキンケアの違いを知ると、朝の乳液の選び方も変わりますよ♡

朝と夜はスキンケアが違う!

朝と夜、みなさんはどのようなスキンケアをしていますか?

もしかすると、朝も夜も一緒もしくは、朝は時間がないから適当に!ということはありませんか?
朝と夜のスキンケアって実は違うもの、それぞれのスキンケアも目的を確認していきましょう。

朝のスキンケアの目的

朝のスキンケアは、睡眠中の肌の汚れを落とすことからはじまります。
汗や皮脂といった汚れを落とし、きれいな状態にしましょう。

洗顔が終わったら、しっかり保湿、そして外出のために紫外線防止という流れになります。

夜のスキンケアの目的

夜のスキンケアは、クレンジングでメイクを落とし、その日の肌の汚れを洗顔で落とします。
ダブル洗顔できる場合は、段階を踏まなくてOK!洗いすぎには注意しましょう。  

一日中外気にされされた肌は紫外線や花粉といったアレルギー物質の影響を受けています。それらのダメージを回復させるためのスキンケアをしていきましょう。

朝のスキンケアでどう乳液を使う?

朝のスキンケアは身支度もあることから、無駄なくしっかりがポイント。
乳液の使い方のコツと、使う乳液の適量を知ることが大切です。

化粧水が浸透してから乳液を使う

化粧水を付けてから乳液を使うという順番は多くの人が知っていることと思いますが、化粧水を付けてすぐに乳液を付けるのか、しばらくしてから付けるのかというタイミングは難しいですよね。

乳液を付けるタイミングは、化粧水が肌に浸透したなと感じてからにしましょう。
肌に浸透しないうちに乳液を付けると、化粧水と乳液が混ざってしまい、肌に浸透していきません。

朝の乳液の使い方

乳液は10円玉硬貨の大きさくらいがベストです。
まずは、両手に乳液を広げ、顔の中心である鼻のあたりから外側に向かって、大きく円を描くように伸ばしましょう。

顔のなかで一番乾燥しやすい部分から付けていき、おでこやあごに付けていきましょう。
顔のなかで一番乾燥しやすい部分は、頬かフェイスラインという人がほとんどかと思われます。

乾燥小じわができやすい、目元や口元は少し重ね付けをすると、日中の乾燥が気にならないでしょう。

肌の状態には個人差が大きいのですが、鼻のテカリが気になる人が多いですよね。
テカリの気になる場所は最後に付けると、テカリを少し抑えることができるんです!ぜひ、実践してみましょう。

乳液の適量って?

乳液をどのくらい付けたらいいのか……と、悩んでしまう人もいますよね。
乳液は肌に付けて、適度にうるおいを感じるかどうかがポイントです。

べたつくな~と思ってしまうのであれば、つけすぎということ。
あくまで主観的なことになるので、判断は自分でしなければなりません(-_-;)

朝の乳液の選び方

朝にピッタリの乳液とはどのような乳液なのでしょうか。
朝と夜の乳液を使い分けると、朝の時短になるだけではなく、メイクのりが良くなったり、肌の状態がよくなったりします。

サッパリタイプの紫外線防止効果のあるものを

朝の乳液にピッタリなのは、使用感がサッパリしたもので、紫外線防止効果が含まれているものです。
SPFなどが数値化されて表示されているので分かりやすいでしょう。

このタイプの乳液は、逆に夜に使うのはあまり意味のない商品です。
いわゆる朝用の乳液です♪

化粧下地になるものもおすすめ

乳液のなかには、化粧下地になるものもあります。
乳液と化粧下地を1回で済ませることができるので、朝の時短になりますよね。

化粧下地を兼ねた乳液は、肌にほんのり色が付く商品も多く、まるでBBクリームのような印象もあります。

乳液は使いわけが大事!朝用の乳液を使うことで時短に

乳液はどうしても化粧水と比べると陰に隠れた存在のような気がします。
しかし、化粧水を引き立てる役目がありますし、朝用の乳液を使えば、忙しい朝の救世主になることは間違いありません。

化粧水と比べるとさまざまなタイプがある乳液。
自分に合った乳液を選んで、肌の状態をあげていきましょう♪
TOP