30代からのシワ対策!今からでも間に合う予防法やスキンケアを解説

30代からのシワ対策!今からでも間に合う予防法やスキンケアを解説

シワがあると、実年齢より上に見えてしまいますよね。 20代の頃は気にならなかったのに、いつの間にか小さなシワが増えている! いつまでも若々しくいたいのが女性の本音。 30代からはじめたいシワ対策の方法や、スキンケアの注意点などを知ってシワとお別れしましょう。

シワが増える悪い習慣を断つ

日常の習慣の中にシワが増える悪習慣があるって知っていました?
何気ない行動で、自らシワを増やしているとしたら損していますよ!
悪い習慣をやめるだけでも、シワ対策になります。

シワを増やさないためにやめるべき悪習慣を、みていきましょう。

こわばった表情をやめる

表情が豊かな人は、表情筋がよく動いているので血行がよく、シワやたるみが起こりにくくなります。
こわばった顔や、眉間にシワを寄せていると変なシワができやすくなるんです。
そして表情筋だけでなく、どんよりした表情は老けて見えます。

シワ予防のためにこわばった顔や暗い顔をやめて、笑顔を増やして明るい顔を心掛けましょう。

紫外線対策をしっかりする

紫外線対策を怠っていると、シワができやすくなるんです。
なぜなら、紫外線で発生する活性酸素によって肌のハリを保つ成分がダメージを受けてしまうから。
そのため、紫外線を浴び続けていると老化を早める原因になってしまいます。

私も若いときは、何もケアをせずにビーチによく行っていました。
そのときは、何も気にならなかったのですが30代半ばを過ぎた頃から、シワやシミが!
早めの対策がカギなので、放置せずに今すぐ紫外線対策をしましょう。

ストレス解消をする

ストレスが多いと、全体の雰囲気に若さがなくなり老けた印象になってしまいます。
そして、睡眠不足もストレスにつながり、肌のコンディションにも影響するんです。
睡眠不足や不規則な生活は、肌のターンオーバーがうまくいかなくなる原因に。

そのため、質の良い睡眠を取ることがシワ予防にもつながります。
仕事や家事が忙しいとついつい夜ふかしが増えて、睡眠を削ってしまいませんか。
私も以前はそうでしたが、朝型に変えたことで肌も体も健康になり、シワやたるみが減ったんですよ。

ストレス解消して、シワを作らないようにしましょう。

正しいスキンケア習慣

女性が気になるシワは、目元やおでこなどが多いですね。
特に目元は、シワがあるだけで老けて見えてしまいます。
ちょっとくらいシワがあってもなんて、のんびり構えている場合ではありません。

シワの原因に合わせた、正しいスキンケアでシワ対策をしていきましょう。

保湿成分と油分

お肌の水分不足が原因となって、シワができるのが小じわです。
これは、乾燥が原因となるのでスキンケアをしっかり朝晩やることで、肌への潤いを与えることができます。
肌に水分を与えた後は、保湿成分と油分が含まれたアイクリームを塗ること!

乾燥が原因で起こっている小じわは、これらのスキンケアをきちんとやることで予防ができるんです。

抗酸化成分配合の化粧品

加齢によってできる加齢ジワは、コラーゲンが少なくなっていることで皮膚を支えられなくなりシワやたるみが起きるんです。

肌のターンオーバーを戻したあと、抗酸化成分が含まれた化粧品に変えることでアンチエイジングケアができます。
抗酸化成分には、ビタミンCやレチノールがありコラーゲンを増やす役割がある優れた成分です。

保湿力が高まるので、気になる加齢ジワの対策になります。
30代から早めのエイジングケアをすることは、歳を重ねても若々しい肌でいられるカギなんですよ。

クレンジングでしっかり汚れを落とす

シワ対策には、クレンジングで顔の汚れをしっかり落とすことも大事!
洗顔するときに、ゴシゴシと力強く洗っている人いませんか?
摩擦を起こすと、肌にダメージを与えてしまいシワの原因にも。

やさしくぬるま湯でクレンジング剤が残らないように洗いましょう。
40度を超えるような熱いお湯で洗うと、乾燥してしまう原因になってしまいます。
最後に顔を拭くときは、清潔なタオルで拭くように!

洗顔を正しくするだけで、肌のコンディションが違いますからね。

シワ対策となる食べ物を摂取する

スキンケアだけでなく、シワ対策は体内から変えていくことも大事です。
日頃の食生活を見直して、アンチエイジング効果や美肌キープ効果がある食べ物を積極的に摂取しましょう。
美容効果が高くなる成分を多く含んだ食べ物を紹介していきます。

大豆食品

植物性タンパク質の大豆食品は、細胞を若くしてくれるレシチンや血液がキレイになるアポニンなどのアンチエイジング成分が含まれています。
その他、ビタミン類が豊富で若さをキープするための栄養素がてんこ盛り。

大豆食品の中でも特に納豆がおすすめ。
血行を促すビタミンEが豊富なので、若々しい肌でいるために必要な成分がたくさん。
毎日食べても飽きない納豆は、日頃から積極的に食べていきましょう。

調理済みのトマト

トマトにある抗酸化物質のリコピンは、嫌な紫外線から肌を守ってくれる役割りがあります。
サラダなどで食べるイメージですが、実は生で食べるよりも火を通した方が効果的。
調理したトマトを食べたほうが、栄養の吸収が高いんです。


効率よくリコピンを摂取すれば、アンチエイジングケアにつながります。
紫外線によるダメージを最小限に留めてくれたら、シワの対策にもなりますよね。
トマトを食べるときは、なるべく火を通して食べるようにしましょう。

ブルーベリー

抗酸化作用がフルーツの中で最も高いと言われているのが、ブルーベリーです。
そのため、アンチエイジングケアにおすすめのフルーツとして世界中に知られています。
医薬品に匹敵するほど、肌へのパワーがあるとも言われているくらい。

そして、何より頑固なシワなどエイジングが進んでしまった人でも、改善する効果が期待できるんです。
ベリー系のいちごも、ポリフェノールが含まれていて細胞修復の力があります。
進んでしまったシワに悩む人は、ベリー系のフルーツを食べて若返りましょう。

スキンケアと食生活に気をつけてシワ対策しよう

30代ともなると、気になるシワも出てきますよね。
20代の若いときは、そんなに気にならずケアも怠りがち。
気づいたときにはもう遅いと諦めず、今からでもアンチエイジングケアをはじめてみませんか?

いつまでも素敵な若々しい肌でいるために、シワ対策を取り入れて美肌を目指しましょう。
TOP
無題ドキュメント