毛穴はどうして開くの?オイルクレンジングは使うべき?

毛穴はどうして開くの?オイルクレンジングは使うべき?

陶器のようなすべすべのお肌はすべての女性の憧れです。といっても、多くの女性はメイクでしっかりカバーしているのが現状で、毛穴が目立つのが悩みの種なのではないでしょうか。

毛穴の役割


陶器のようなすべすべのお肌はすべての女性の憧れです。といっても、多くの女性はメイクでしっかりカバーしているのが現状で、毛穴が目立つのが悩みの種なのではないでしょうか。

しかし、高温多湿の時期になると、朝しっかりメイクしても午前中にはファンデーションが崩れ、毛穴が一つ一つはっきり見えてしまうことはよくあります。また、しっかりメイクはクレンジングで落としきれないことも多く、それが毛穴を詰まらせて、さらに開く原因になることもあります。

まるで女性の敵のような毛穴ですが、とても重要な役割を持っています。毛穴から皮脂を出すことで、保湿や抗菌をしてお肌を保護したり、デトックスをしてくれたり、と実にさまざまな働きをしてくれています。また、皮脂と一緒に老廃物も排出してくれるので、健康上もなくてはならない存在といって良いでしょう。

毛穴が開く原因は?

そんな毛穴は、鼻の上や小鼻から頬にかけて一番目立つのが一般的です。その理由は、鼻の周りは皮脂がたくさん分泌される部分なので、皮脂が毛穴を押し開く原因になってしまうからです。毛穴は皮脂分泌量が多ければ多いほど大きくなってしまいますが、残念ながら皮脂分泌量は遺伝によることが多いともいわれています。また、男性ホルモンの分泌量によっても毛穴の大きさが変わってくるともいわれています。

とはいえ、皮脂の分泌量は日々のスキンケアによっても大きく変わります。もしも間違ったスキンケアをし続ければ、毛穴にトラブルが起きて、より開くようになってしまうこともあるでしょう。そのため、毎日の正しいスキンケアは毛穴を目立たなくさせる基本となります。

毛穴が開くのは、皮脂や汚れ、古く角質が混ざり合ってできる角栓が原因のこともよくあります。健康なお肌であれば、角栓は毛穴から出る皮脂と一緒に押し出されるのですが、例えばターンオーバーが乱れたり、メイク汚れが残ったままだと角栓はどんどん大きくなって、毛穴はどんどん開いてしまうのです。さらに、加齢などで肌がたるむことでも毛穴は大きくなって、角栓が溜まりやすくなります。このように、さまざまな原因で角栓が残ったままになってしまいます。

毛穴を目立たなくするための対策は?

鼻などは特に皮脂分泌が多いので、毛穴の開きに対処するには丁寧なクレンジングが必須となります。そう聞くと、洗浄力がもっとも強いオイルクレンジングが良いかと思いがちですが、決してそうではありません。強い洗浄力は肌に負担となり、逆効果になってしまうこともあるからです。

ただし、最近のオイルクレンジングは肌への負担を最小限に抑えているものも多く、保湿成分や美容成分が配合されているものも出回っています。オイルクレンジングを選ぶ際には、どのような効果が期待できるかをしっかりチェックしておくようにしましょう。

また、濃いメイクをした日だけオイルクレンジングを使用し、普段は刺激の少ないクリームタイプやジェルタイプを使うというのも良い方法です。クレンジングは丁寧にやさしく行うことが大切です。しっかり落とそうとついゴシゴシ擦ってしまいがちですが、擦れば汚れが落ちるというわけではありません。メイクと馴染んだなと感じたら、すぐに洗い流すようにしましょう。シャワーは弱流にし、温度も高くなり過ぎないようにすることがポイントです。

毛穴対策の基本は保湿ケア


クレンジングで毛穴詰まりの原因となる角栓を落としたら、クレンジングとは別に洗顔が必要であれば、洗顔もしっかり行います。これは、クレンジングがメイクなどの汚れや角栓を落とすのに対し、洗顔は古くなった角質やホコリなどの汚れを取るという重要な役割分担があるからです。

ただし、「クレンジング後に洗顔の必要はありません」と謳っている商品であれば、この限りではありません。その後は、速やかに保湿ケアをすることがとても大切です。スッキリした毛穴には何もつけたくなくなるかもしれませんが、放っておくと肌が乾燥して、皮脂の過剰分泌を促してしまうからです。

健康なお肌とは、水分とともに油分も適度に保っている状態をいいます。化粧水で水分を補給したら、美容液やクリームを塗って水分の蒸発を防ぎましょう。

また、普段から肌の乾燥が気になっている方には、ブースターオイルもオススメです。ブースターは、他の化粧品の効果をアップさせてくれる、とても優秀なアイテムです。例えば、化粧水の前にブースターを付けておくと、水分をより効果的に補給させることができます。

洗顔後、1~3滴のブースターオイルを手の平に伸ばし、パックをするように顔全体に馴染ませましょう。化粧水の浸透具合がまったく違うことに気づくはずです。これは、ブースターオイルが肌を柔らかくして土台を作ってくれるからです。最後につける美容液などは値段が高めのことが多いので、より高い効果を得られるのはうれしいのではないでしょうか。
TOP
無題ドキュメント