冬こそ大切な紫外線対策とスキンケア

冬こそ大切な紫外線対策とスキンケア

夏には紫外線対策を怠らないという人も、冬にはつい手を抜いてしまうということはないでしょうか。確かに紫外線は夏の方が強いのに間違いありませんが、冬にも間違いなく紫外線は降り注いでいます。5年後、10年後も健康で美しい肌をキープするために、日ごろのスキンケアだけでなく冬の紫外線対策についても徹底させましょう!

冬も降り注ぎ続ける紫外線

夏には紫外線対策を怠らないという人も、冬にはつい手を抜いてしまうということはないでしょうか。

確かに紫外線は夏の方が強いのに間違いありませんが、冬にも間違いなく紫外線は降り注いでいます。5年後、10年後も健康で美しい肌をキープするために、日ごろのスキンケアだけでなく冬の紫外線対策についても徹底させましょう!

紫外線 UV-A波(UVA)が怖い!

冬の日差しは何とも柔らかく、屋外にずっといたところで真っ黒に日焼けするなんてことにはなりませんよね。

そう考えると紫外線対策は無用にも思えてしまいますが、そんなことはありません。紫外線が肌に与えるダメージは本当に深刻で、1日の量がわずかでも長年積み重なることで忘れた頃にシミやシワとなって現れてきます。

すぐには表面化しないというだけで、肌にとってダメージとなっていることは間違いないのです。

日射しも弱まってくる冬にはお日さまの光に出来るだけ当たりたいと思いがちですが油断は禁物!

大切なお肌の防御だけはしっかりとしておかなくてはいけませんね。

紫外線の種類

紫外線といってもいろんな種類があります。

その中でも特に肌にダメージを与えてしまうのが波長の長い「UV-A波(UVA)」。

しかも、紫外線の中に占める割合は95%にもなるのだとか!5月~8月の強い日差しには「UV-B波(UVB)」が激しく降り注いでいるのですが、UV-A波は1年を通して降り注ぎ続けているんです!

これは放っておけませんね!冬でも、UV-B波は夏の4分の1以上、UV-A波は夏の半分くらいも降り注いでいます。

通年での紫外線対策が必要

そして、UV-A波は肌の奥にある真皮層まで到達し、コラーゲンやエラスチンなどを攻撃します。

コラーゲンやエラスチンは、肌をしっとりさせてピンとしたハリを保つのに欠かせないものなので、UV-A波に傷つけられると老化が一気に進んでしまいます。

しぼんだようにハリがなくなり、まるでブルドックのようなフェイスラインになってしまうかもしれませんよ!

さらに、有害な紫外線を浴びると肌のメラノサイト(色素形成細胞)が細胞を傷つかせないようにとメラニン色素を出して対抗します。

その結果、肌表面には女性の大敵、シミができてしまいます。

UV-A波は夏も冬も変わらず降り注いでいるので、冬にも紫外線対策を万全にして油断しないようにしましょう。シミやシワ、たるみといった老化現象を出来るだけ遅くするには、通年での紫外線対策が必要となりますよ。
紫外線には「UV-A」「UV-B」「UV-C」の3種類があります。
地上に到達するのが「UV-A」と「UV-B」で、「UV-C」はオゾン層で吸収されてしまうため、地上には到達しません。
「UV-A」は真皮まで届いて肌の老化を進めるといわれています。急激な炎症を起こすことはありませんが、対策をせずに長期的に浴びるとシワやたるみの原因になるものです。
「UV-B」は赤くなってヒリヒリする炎症を引き起こすもの。日焼け後にメラニンを増加させて、シミやそばかすの原因になるだけでなく角層の保湿力を低下させ、肌のカサつきやキメの乱れなどの悪影響をもたらします。

冬にオススメのスキンケア

冬にも欠かせない紫外線対策というわけですが、冬のお肌は他にも気を付けたいことがたくさんあります。

冬に取り入れたいマッサージ!

よく、秋になると肌の調子が落ちてくる、という人がいますが、これは冬に向けて湿度と気温が下がっていくからです。

湿度が下がるとともにお肌も乾燥していき、ストーブを付けるようになる冬にはカサカサになったりしますよね。

肌周りの湿度が下がると肌から水分がどんどん蒸発していくので、しっとりとは程遠い状態になってしまうのです。残暑も終わった10月くらいから肌は乾燥し始めるといって良いでしょうね。

そして、寒くなると肌の奥には防御のためにできたメラニンが居座りやすくなります。

というのは、気温が下がれば血の巡りも悪くなり、老廃物の排出が滞りがちになってしまうから。しかも、メラニン色素を生み出すメラノサイトは、肌が乾燥したことが刺激となって活性化してしまうのだそうですよ。

その結果、日差しが強くもない冬にシミが濃くなるのも珍しくありません。夏の間に頑張って美白対策をしてせっかく薄くなったシミも、冬にさぼると一気に目立ってしまうなんてこともありますよ。

また、シミだけではなく、カサつきやゴワつきといった状態の良くない肌になってしまいます。特に冬は、引き続き紫外線対策を行うとともに丁寧なスキンケアが必要となるというわけですね。血行を良くするマッサージなどを取り入れてみましょう。

冬にもサングラス!

via pixta.jp
冬の簡単な紫外線対策にオススメなのはサングラスです。

紫外線は目からも当然入るのですが、すると、脳が反応してメラニン色素を作るように命令を出すからです。さすがに冬に色の濃いサングラスをするのは注目を浴びてしまいそうなので、UVカット加工されている色の薄いタイプを選ぶと良いですよ。

フレームは大き目の方が、デリケートな目の周りの皮ふを紫外線から守ってくれるでしょう。

冬にもツバ付き帽子!

冬は寒さ対策として帽子をかぶることが多いと思いますが、紫外線を考えるとツバ付きのものがオススメ。というのも、夏は真上から降り注ぐ太陽の光も、冬には斜め横どころか真横から降り注いでくることがあるからです。

そのため、鼻の下や顎の下、首など、手を抜きがちな部分も紫外線対策が必要になりますよ。ツバ付き帽子をしっかりかぶり、日焼け止めクリームも欠かさないようにしましょう!
TOP
無題ドキュメント