メイクしないのに肌が荒れるのはマスクのせい?

メイクしないのに肌が荒れるのはマスクのせい?

コロナウイルスの影響で生活に欠かせなくなったマスクですが、それとともに深刻になったのが肌荒れです。どうせマスクで擦れて落ちるからメイクはしない、という女性の方は多いことでしょう。メイクをしないのだからお肌の状態が良くなってもいいはずなのに、なぜか肌が荒れるというトラブルを抱えている女性が増えています。これは、マスク内が蒸れるなどのさまざまな原因が考えられます。

ノーメイクなのに肌が荒れる?


コロナウイルスの影響で生活に欠かせなくなったマスクですが、それとともに深刻になったのが肌荒れです。どうせマスクで擦れて落ちるからメイクはしない、という女性の方は多いことでしょう。メイクをしないのだからお肌の状態が良くなってもいいはずなのに、なぜか肌が荒れるというトラブルを抱えている女性が増えています。これは、マスク内が蒸れるなどのさまざまな原因が考えられます。

マスクは保湿にはならないの?

冬にマスクをすれば喉が潤って風邪の予防になります。でも、どうやら潤うのは喉だけで、肌には保湿にならないようです。

確かに、マスクの中は吐いた息によって湿度が上がりますが、肌にとっては良いことばかりではありません。吐いた息は水蒸気となって肌に付着し、それが蒸発する時にお肌の大事な水分も一緒に持って行ってしまうからです。

また、マスクを外した後も、肌には大きなダメージとなります。マスクで湿度たっぷりな状態からマスクを外すと、水分の蒸発はより一層急激に進んでしまいます。マスクを着けたり外したりするのは、まるで砂漠と湿地を行ったり来たりしているようなもので、肌には過酷な環境になってしまいます。そんなことを毎日続けていれば、肌の保湿機能はすっかり乱れてしまうでしょう。特に、夏など湿気の多い時期はマスク内が蒸れやすいので、注意が必要です。マスク内が蒸れれば蒸れるほど雑菌が繁殖しやすくなり、ニキビの原因にもなってしまいます。

マスクが原因の肌荒れ対策


肌荒れはマスクの中が蒸れてしまうことが原因なので、これを防ぐにはいかにして蒸れないようにするかがポイントとなります。

例えば、マスクの素材は不織布よりも通気性に優れた綿100%の布タイプがオススメです。もしも不織布マスクしかない場合には、マスクの中にガーゼを挟んでおきましょう。すると、ガーゼが湿気を吸い取ってくれるので、マスク内の蒸れを抑えてくれます。できれば替えのガーゼも用意しておいて、気になる時にさっと交換するのが効果的です。

また、ガーゼはマスクとの摩擦を軽減してくれるという効果もあります。特に、不織布マスクは表面がけば立っているので、しゃべったり顔の表情を動かしたりするたびに摩擦が起きてしまいます。その結果、肌表面に少しずつダメージが蓄積して、バリアー機能はどんどん低下していってしまいます。摩擦は不織布マスクのワイヤー部分で大きくなるので、できればマスクよりも少しだけ大きめのガーゼがオススメです。ワイヤー部分が肌に当たらないように調節して使いましょう。

また、布タイプも何度か洗濯していると、次第にけば立ってきて摩擦が起こるようになります。そんな時も、間にガーゼを挟むことで解決できます。それから、素材に関係なく、マスクの大きさは顔のサイズに合ったものを選ぶことも大切です。大きければすぐにずれて摩擦が起きますし、逆に小さければ密着し過ぎて擦れやすく、ゴムの部分もきつくて刺激になってしまいます。

肌が荒れたからといって、ファンデーションを塗るのをやめてしまうのは逆効果です。それは、ファンデーションがマスクとの摩擦を和らげてくれるからです。肌とマスクが擦れあうことで起こる摩擦は、ファンデーションがクッション役になってくれます。ファンデーションは薬用タイプのものを選べば、スキンケア効果も得られるのでオススメです。ファンデーションをするとどうしてもマスクへ付着して汚くなってしまいますが、メイク後にティッシュなどで軽く押さえておくと、ファンデーションのフィット感が高まって落ちづらくなります。化粧下地に白粉をプラスして使うというのも良い方法で、夏に使えばマスクの中がサラッして心地よい感触になります。

マスク対策のためのスキンケア


そして、毎日のスキンケアを決して侮ってはいけません。前述したように、蒸れると細菌が繁殖しやすくなるので、丁寧なスキンケアで肌をいつも清潔にしておきましょう。洗顔料は角が立つくらいしっかり泡立て、肌と指が直接触れ合わないようにしてやさしく洗います。すすぎは十二分に行い、タオルで水気を拭き取ったら、素早く化粧水をつけましょう。そして、水分が蒸発しないようにクリームで蓋をし、肌のバリアー機能が低下しないように心掛けます。また、日中には、汗をかいたらこまめに拭き取るようにします。

肌へのダメージは、紫外線も大きな影響があります。マスクをしているから日焼けしないというのは誤りです。薄いマスクに日焼け防止効果は期待できないので、普段通り、日焼け止めクリームを塗って紫外線対策をするようにしましょう。帽子や日傘を使えば、顔の周りの気温上昇も抑えられ、マスク内の蒸れ対策にもなります。

すべてのベースとなるのは健康です。バランスの取れた食事を摂り、質の良い睡眠を十分に取るようにしましょう。ストレスの溜め過ぎに注意し、適度に発散することが必要です。
TOP