乳液とクリームにはどんな違いがあるのか? 両方使うべき?

乳液とクリームにはどんな違いがあるのか? 両方使うべき?

乳液とクリームって同じじゃないの? ……と思っている人もいるのではないでしょうか。 実際に似ている部分はありますが違うものなのです。 今回は乳液とクリームの違いや両方つけるべきなのかについて見ていきましょう!

乳液とクリームの違いとは?

こちらでは、乳液とクリームの違いについて見ていきましょう。
同じようなものに見えますが、一体どんな違いがあるのでしょうか。

化粧水の役割

化粧水は肌に水分を与える役割を持っています。
乳液やクリームをつけたとしても、肌に水分がなければ意味がありません。
乳液やクリームの効果を最大限に発揮するためにも、化粧水は欠かせないものなのです。

乳液の役割

乳液の役割は「柔軟作用」です。
つまり、肌を柔らかくすることですね。
水分と油分のバランスが良いので、保湿と同時に肌を柔らかくしてくれるのです。
さらりとしていることもあり、べたつきが苦手な人も不快感を覚えずに使用できるでしょう。

ただ、保湿成分を重視している乳液の場合はべたつきがあるものもあります。
すべての乳液がさらっとしているわけではないことを覚えておきましょう。

クリームの役割

クリームは肌に入れた水分に蓋をする役割を持っています。
化粧水で水分を肌に入れても、そのままだと蒸発して意味がなくなってしまうのです。
だからこそ、クリームでしっかりと蓋をする必要があります。

ちなみにクリームは乳液よりも油分が多く配合されているのでうるおいの長持ち度を見るなら、乳液よりもクリームの方が長いと言えるでしょう。

乳液とクリームは両方使うべきなのか?

乳液とクリームは保湿効果が高いです。
つまり、両方使った方がいいのかと考える人も多いでしょう。
実際に両方使うべきなのかについて見ていきましょう。

暑い季節

汗をかきやすい夏場などは、過剰に保湿をしてしまうとテカリの原因になります。
テカリだけではなく汗や皮脂を分泌させてしまい、メイク崩れの原因にもなるのです。

そのため、過剰な乾燥肌ではない限り乳液だけで問題ないでしょう。
クリームではなく乳液を選ぶのは、乳液の方が水分が多いため、メイク崩れを起こしにくいからです。

夏場はどちらかと言えば、さっぱりしたスキンケアを心掛けるようにしましょう!

寒い季節

夏場と比較して冬場は乾燥しやすくなります。
しかし、乳液とクリームを両方つけてしまうとべたつきなどの原因になってしまいます。

そのため、乾燥が気になる部分にだけクリームを使うようにしましょう。
乳液とクリームを両方使えば、確かに保湿はしっかりできますがこってりとした感覚を残してしまいます。

肌質に合わせる

先述した「両方使うべきなのか」と言うことに関しては、自分の肌質にも合わせるようにしましょう。
肌の状態は人によって変わってきます。

脂性肌の人が乾燥肌の人と同じケアをすれば、べたつきが気になりますよね。
逆に乾燥肌の人と同じケアを脂性肌の人がしても同じ結果になってしまいます。

自分の肌の状態や肌質に合わせて乳液やクリームを上手く活用するようにしましょう。

乳液とクリームの違いはしっかり把握しておこう!

乳液とクリームは似て非なるものです。
水分が多いのが乳液、油分が多いのがクリームと覚えておいてもいいかもしれませんね。

基本的に乳液はしっかりつけた方がいいでしょう。
クリームはその上で足りない保湿があれば、上手く重ねてあげてください。

決して行ってはいけないこと、それは両方をべたべたと重ね塗りをすることです。
保湿というよりべたつきの方が勝ってしまうので耐えがたい不快感に見舞われる可能性があります。

自分の肌質を見極めて、必要な分だけクリームで重ねてあげるようにしましょう!
TOP