洗顔でお肌のうるおいを守る!とっておきのコツをお教えします

洗顔でお肌のうるおいを守る!とっておきのコツをお教えします

乾燥しがちだからといって洗顔料を使わないでいると、かえって乾燥をひどくしてしまったり肌荒れの原因になったりしてしまうことをご存じですか? 洗顔は美肌を作る基本中の基本です。 正しい洗顔のコツを知って、うるおい美肌を目指しましょう。

洗顔の役割を再確認しよう

洗顔の一番の目的はもちろん「汚れを落とすこと」です。
しかし、それだけではありません。

汚れを落として古い角質や皮脂の酸化による黒ずみを防ぎ、くすみや肌の老化に関係する肌のターンオーバーをスムーズにするといった役割があります。

洗顔をしないとうるおいが失われてしまう!?

乾燥肌だからお湯だけで洗顔を…と考える人もいるかもしれません。
しかし、汚れをしっかりと落とさないと肌のターンオーバーを妨げ、新陳代謝が悪くなって乾燥肌が悪化してしまうこともありえます。

洗いすぎはもちろんよくありませんが、適切に洗顔をすることはお肌のうるおいを守ることにつながるといわれています。

クレンジング後の洗顔は必須?

使用しているクレンジングに「ダブル洗顔不要」といった表記がない場合は、クレンジング後に洗顔をする必要があります。
クレンジング剤が肌に残ったままになっていると、それが刺激になってニキビや吹き出物、肌荒れの原因になってしまうことも💦
クレンジングでしっかりとメイクを浮かせて、洗顔料ですみずみまで落とす、ここまでがセットだと考えるようにしましょう。

朝は洗顔料をつかわなくても良い?

眠っている間は思っている以上に汗をかくものです。
メイクをして外に出ているよりも汚れが少ないと思いがちですが、睡眠中に分泌された汗や皮脂、それにホコリなど、寝起きの肌にも汚れはあります。
その日の肌コンディションを整え、化粧ノリをよくするために、朝にも洗顔をすることをおすすめします。
肌が乾燥しがちな人は、夜使っているものよりも少しマイルドな洗顔料を選ぶとよいかもしれません。

うるおいを守りながら汚れを落とすための洗顔のコツ

洗顔は、そのやり方によって洗い上がりがかなり変わってきます。
しっかりと汚れを落としながらもうるおいを守る、とっておきのコツをお教えします☆

洗顔の前に手洗いをする

洗顔の時に案外忘れがちなのが「手の汚れ」です。
しかし、石けんをはじめとする洗顔料は汚れと触れ合うことで汚れ中和し、浮かして落とすものです。
ということは、手が汚れているとせっかくの洗浄力が手の汚れに発揮されてしまうことになるんです…!
これでは、洗顔料の効果は半減してしまいます。

洗顔の前にはまず手をきれいにすることを忘れないようにしましょう。

ぬるま湯で肌をぬらしておく

ぬるま湯で肌をぬらすのは、肌や毛穴を柔らかくし、表面の汚れを落とすためです。
また、ぬらしておくことで肌のすべりをよくし、洗顔料や手との摩擦を軽減することが期待できます。
(ぬれた肌に使えないクレンジング剤の場合は、このステップは飛ばしてください)

洗顔料をよく泡立てる

洗顔料をよく泡立てることで、肌に触れる洗顔料が多くなりすぎず、細かい泡ですみずみまで洗うことができます。
クッションのように泡立てることで肌への負担が軽くなるようです。

手でゴシゴシこすらず、泡で包み込むように洗う

よく泡立てた洗顔料で肌を包み、泡で洗うという気持ちで洗顔します。
手で肌をゴシゴシこするのは肌への刺激になります。
泡がきちんと汚れに届けば、こすらずとも汚れは落ちますので安心してください。

すすぎをしっかりとおこなう

どんなにやさしい成分の洗顔料でも、長時間肌の上に乗っていると刺激になり、肌荒れの原因になることもあります。
洗顔はあまり時間をかけすぎず、手早くすることが望ましいのですが、同じ理由で、すすぎ残しは肌の大敵といえます。

ヌルヌルした手触りがなくなってから、さらに5回ほどはすすぐのがおすすめです。
このとき、熱湯は使わずぬるま湯で根気よく洗い流すようにしましょう。

正しい洗顔はうるおい肌への第一歩!お肌をいたわる洗顔で美肌をつくろう

洗顔のコツについてひとつひとつご説明してきました。
きちんとした洗顔の仕方ができていなかった人なら、このやり方で丁寧に洗うだけで、洗顔料を変えたみたいにお肌が変化するかもしれません☆
ぜひ、日ごろの洗顔方法を見直すきっかけにしてみてください!
TOP
無題ドキュメント