乳液の使い方とは?コットンを使う方法で美肌女子増加中!

乳液の使い方とは?コットンを使う方法で美肌女子増加中!

みなさんは乳液をどのように付けていますか?最近増えているのは、乳液をコットンで付けるという方法。コットンって化粧水に使うものでは?という疑問を持つ人もいるとは思いますが、肌への効果を考えると乳液もコットンを使って付けた方がいいようです( ゚Д゚)これは初知り!ということで探ってみました。

コットンを使うことのメリット

乳液は手でつけるもの、なんとなくそのような使い方をしている人が多いですよね。

最近増えいてる、乳液を使うときにコットンを使うことのメリットについて見てみましょう。

乳液がしっかり浸透する

乳液を付けることで大事なのは、どれだけ乳液が浸透するのか?ということですよね。
せっかくよいものを使っていても、それが浸透しないとなればもったいなく、意味がありません。

乳液をつけるときにコットンを使うことによって、肌にしっかり浸透することが分かっています。
乳液をしっかり浸透させることによって、これまでより美肌になれるため、コットン使いをしないのはもったいないですよ!

細かい部分もしっかり塗ることができる!

乳液をコットンにつけることによって、肌への浸透率を高めることもできますが、同時に顔の細かい部分にもしっかり乳液をつけることができます。

手を使って乳液をつけるという場合、細かい部分はしっかりとつけることができていないことが多いとか。
鼻のきわや目元などは特にそうなりがちです。

重ね付けをすることでさらに効果UP!

乳液を手でつけているという人も、乾燥しやすい箇所は重ね付けをすることが多いでしょう。
特に目元や口元、フェイスラインは乾燥しやすいので、重ね付けをしても心配ですよね。

この場合の心配を解決してくれるのは、乳液をコットンでつけるという方法でしょう。
肌が乾燥しやすい人はこれまでより乾燥が気にならなくなります!

乳液をコットンでつける方法

乳液をコットンでつける方法について紹介しましょう。
乳液の効果を高めるために、どのようにつけていくのかを確認し、実践することが大切です。

コットンをどう使う?

コットンは2枚にさいてください。
コットンのタイプによっては、さきにくいものもあるので、カットタイプを使うことをおすすめします。

コットンを使った乳液の付け方

化粧水をつけ、肌にしっかり浸透してから乳液をつけるようにしましょう。
肌に浸透する前に乳液をつけると、化粧水の効果も乳液の効果も充分には得られません。

2枚にさいたコットンは毛羽立っていない部分を使用します。
毛羽立っていない部分に乳液をたらし、コットンに馴染ませるように乳液を全体的に広げましょう。
適量はそれぞれの肌状態によっても変わってくるものですが、10円玉硬貨大が一般的。

多めに付けたいといって、たっぷりつける人もいますが、肌トラブルの元になることもあるので、適量を守りましょう♪

顔の中心から外側に向かって乳液を広げていきます。
このとき、ゆっくりと広げていくことがポイント。
ゆっくり広げることで、乳液が浸透しやすく、リラックス効果も得られます。

週1回は乳液を使ったパックを!

週1回程度、できれば2回程度は乳液を使ったパックを行うとさらに肌の状態がよくなります。

2枚にさいたコットンに乳液をしみ込ませます。
それを特に乾燥している部分に、5分間貼るだけという方法。

コットンをはがしたら、肌表面に残っている乳液をしっかりなじませます。

乳液の効果をさらに高めるコットンを使った方法で乾燥知らず

乳液を塗るだけでは乾燥が気になっていたという人もいることでしょう。
それは、もしかすると乳液が肌にしっかり浸透していなかったのかもしれませんよね。

乳液も化粧水と同じように、コットンにしみ込ませることにより、浸透力が違います。

さらに効果を高めるために、週に1回は乳液をコットンにしみ込ませてパックをしてみましょう。
確実に肌の状態が変わってきますよ♡
TOP
無題ドキュメント